《無双竜機ボルバルザーク》


無双竜機ボルバルザーク VR 火/自然文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン 6000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、他のパワー6000のクリーチャーをすべて破壊する。その後、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。そのターンの終わりに、自分はゲームに負ける。
スピードアタッカー
W・ブレイカー
※プレミアム殿堂

DM-10で登場したアーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン
スピードアタッカーW・ブレイカーに加え、バトルゾーンに出た時、パワーが6000のクリーチャーを全て破壊した後、エクストラターンを追加し、そのエクストラターンの終わりに負ける特殊敗北条件を得るトリガー能力を持つ。
長いデュエル・マスターズの歴史の中でも、他に類を見ないほどの凶悪なフィニッシャーデュエル・マスターズ最強のクリーチャーは何かという不毛極まりない問いに対し、真っ先に挙げられるであろうカードである。

cipパワーが6000のクリーチャーをすべて破壊し、スピードアタッカーで奇襲した後、さらにエクストラターンを行う。
パワー6000のクリーチャーを破壊する効果によってS・トリガーを封印する《呪紋の化身》との併用が難しいものの、

などの恩恵をもたらすエクストラターンは強力そのもの。
これは、将棋で二手連続で自分の手を指すようなものであり、対応の出来ない相手を確実に仕留めることができた。

同じくDM-10で登場した《母なる大地》との相性も抜群で、序盤に埋めたボルバルを必要に応じて簡単にマナゾーンから呼び出せた。また、《母なる大地》は相手のボルバルを引き摺りだすことによって強烈なメタカードにもなり、ボルバルとは切り離せない存在であった。

登場当初は「ゲームに負ける」と言うデメリットが目立ちネタカード扱いであったが、全国大会でのボルバルステロイドの活躍により一気に脚光を浴びた。ドロー要素を加えたボルバルブルーも実績を上げていくにつれ、非常に強力なカードとして広まった。
悪い意味で目を引く特殊敗北条件も、実際は「ここで出せば勝てる」という状況で出せばいいだけの話であり、戦況をしっかりと読める判断力が使用者に備わってさえいれば、無いも同然のデメリットである。そしてその「出せば勝てる状況」を作り出していたのは、他ならぬエクストラターンの存在であった。

聖拳編環境転生編環境のおよそ2年間に亘ってトップメタを独走し環境を染め上げ続けたが、2006年3月15日に初のプレミアム殿堂カードとなった。

《ボルバルザーク》が環境プレイヤーに与えた影響は非常に大きい。デュエル・マスターズの歴史を語る上では外すことのできないカードであることは間違いないだろう。


性質について

強すぎるフィニッシャーは単体で環境を染めてしまい非難されることも少なくないが、《ボルバルザーク》が凶悪なカードとして伝説となり得たのはその性質にある。
無論彼がフィニッシャーとして異常に質が高いのは言うまでもないが、その代償である特殊敗北条件デュエル・マスターズのゲーム性を大きく狂わせていた。

《ボルバルザーク》が出たということは、使ったプレイヤーが「勝つ」か「特殊敗北条件で自滅する」の2択にゲームがゆだねられることを意味しており、いずれにせよエクストラターンが終わるまでには 絶対にゲームが終了してしまう 。それどころか、出された時点で使われたプレイヤーターンが回ってくることはないゲームに介入出来る要素は失われ、傍観者に等しい存在にされてしまうのである。
また、《ボルバルザーク》を出されたらその効果上、使われた側は負かされるのは無論そうでなくとも 自分で勝つ権利すらも剥奪されてしまう 。自分が《ボルバルザーク》を使おうが使わまいが、対戦プレイヤーのいずれかが《ボルバルザーク》を使う以上、負かされるのでなければ 相手の《ボルバルザーク》に勝たされてしまう のである。最早、そこには自分のデッキ戦略と言ったものはない。《ボルバルザーク》をメタっても、結局は「相手が自滅した」で終わってしまう。
無論、それで勝ってもまるで面白くないのは言うまでもない。好きなだけカードをプレイしたあと、失敗したら勝手に自滅してしまうのだから、使われた側の虚無感、理不尽感は相当なものである。

これらこそがほかのフィニッシャーと一線を介する特徴である。出されたらゲーム終了が確定し、理不尽に負けるか勝たされる。自分が《ボルバルザーク》を使わなくても逃れられない。
勝敗も内容もゲーム終了の決定権もすべて《ボルバルザーク》に帰結する。まさにボルバルマスターズという言葉が相応しい惨状と言えよう。

プレミアム殿堂に至るまでの2年間は当時プレイヤーの中には暗黒期と呼ぶ者もおり、対応が遅すぎるともいわれていた。

  • こうなってしまったのは、特殊敗北条件が確実かつ極めて能動的だからである。特殊敗北条件もちの強力なカードは数多あるが、それらはすべて除去された時や敗北の遅延であり、受動的である。ゲームが終わるという意味では、「必ず負ける」は「必ず勝つ」に等しく凶悪であり、その事を考えれば少なくとも通常クリーチャーcipで存在していい能力ではない。


環境において

2004年6月26日にDM-10の発売とともに登場。当初は評価が低かったものの、その強さが知れ渡るとともにこのカードの採用率も大きく伸び始めた。結果、その年の夏から冬にかけ、公式大会公認大会などでこのカードを使ったデッキが上位を独占することとなる。

デュエル・マスターズシールドを5枚用意した状態から開始するため、単純に言えば「先に6回分攻撃すれば勝ち」となる。ところが、ボルバルW・ブレイカースピードアタッカーであり、エクストラターン能力でさらに1回多く攻撃できるため、1枚で4打点分の働きをしてしまうのである。

さらに、相手は返しのターン殴り返し除去による対応ができず、タップされたブロッカーアンタップも封じられるため、ほとんど無抵抗の状態で2度目の攻勢にさらされることになってしまった。

そのため、ブロッカーバトルゾーンを固めたり、運よくS・トリガーを踏まない限りはほとんどボルバルを出した側の勝利となった。

聖拳編環境では殿堂入りの筆頭候補だったが、2004年12月15日に殿堂入りしたのは《アクアン》のみだった。おそらく登場からおよそ半年しか経っていなかったためであろうが、多くの予想を裏切った。これによって、以前にも増してこのカードが暴れまわることになり非難が集中。ボルバルザークの禁止カード化を求めて署名活動を行うカードショップまで現れた。

速攻アクアンホワイトブラック白青黒赤ライブラリアウトはこのカードが活躍していた時期にもアイデンティティを保っていたが、他のボルバル無しのデッキはその存在意義を奪われ、デッキの自由度が著しく狭まった。

ビートダウンならば無理やり自然タッチしてでも《母なる大地》ボルバルを入れた方が強力になることが多かったが、逆にそれができないデッキカードパワーで大差をつけられやすかった。

転生編に入ると、2005年7月15日にようやく殿堂入りすることとなった。しかし、1枚制限のデメリットを減らすため、今度はコントロールを中心に使われ続ける。ボルバルブルー文明を加えた、ボルバルブラックの発展形である除去ボルバルが開発される。

また、ボルバルブルー《バジュラズ・ソウル》を加えたバジュラズブルーなどのビートダウンでも活躍を続けていた。

長らく環境のトップを走り続けた彼だが、ついに2006年3月15日、新設されたプレミアム殿堂に指定されその役割を終えた。登場から禁止化までおよそ1年と9カ月だった。



  • このカードの殿堂入りが遅れた背景には、このカードが漫画・アニメの主人公のエースカードであり、活躍中のカードを規制すると商業的に差し支えるためとの見方がある。また、誰が使っても勝てるような強力なカードは、初心者でも上級者に勝てる手段として、新規プレイヤーの獲得に一定の効果があるとされている。ただしボルバルの場合は規制のタイミングを読み違えたと言う他なく、ボルバルマスターズに辟易としてデュエル・マスターズを離れていくプレイヤーも多かった。




作中での活躍






このカードを中心とした主なデッキタイプ


これほどのデッキタイプを持つカードは他に例がなく、当時のボルバルの異常な盛行具合がよくわかる。

その他



  • 海外ではなんと 何の調整も無く 登場している。これが海外版の展開が(一旦)終了した要因とも。海外版では強力なカードは修正される傾向が強いので意外である。


  • 余談だが、その強力さと悪質さはカードゲーム全般でも有名であり、「全カードゲームで最凶のカードはなにか」という話題には必ずと言っていいほど候補に挙がる。

  • DMX-04DMX-05のCMでは現役を退いて隠居生活を送っていたのか、のんびりと温泉につかっているボルバルザークを見る事が出来る。
    さらにDMX-12ではそのイラストで再録された。プレミアム殿堂になったカードが再録されたのは今回が初めてである。また、同時に《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》も再録され、両者ともにマナの所にリースが付き、コストのところに「PREMIUM」と書かれたリボンが巻かれるという装飾がされている。
    • 余談だが、ボルバルが温泉に浸かっていたことから、プレミアム殿堂に指定されることを「温泉行き」「温泉送り」などと言われるようになった。



関連カード


収録セット


参考