《真・龍覇 ヘブンズロージア》


真・龍覇 ヘブンズロージア R 光文明 (7)
クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン/ジャスティス・ウイング/ドラグナー 5500
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、コスト3以下のドラグハート1枚、または、光のコスト5以下のドラグハートを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(それがウエポンであれば、このクリーチャーに装備して出す)
マナ武装 5:自分のマナゾーンに光のカードが5枚以上あれば、バトルゾーンにある自分の光のクリーチャーはすべて「シールド・セイバー」を得る。

DMR-16極に先行収録され、DMR-16真で登場したエンジェル・コマンド・ドラゴン/ジャスティス・ウイング/ドラグナー
《龍覇 セイントローズ》に次ぐコスト5以下のドラグハートを呼び出すことができるドラグナーであり、マナ武装5を条件に自分ののクリーチャーにシールド・セイバーを付与する能力を併せ持つ。

《龍覇 セイントローズ》と比べるとパワーが低いが、エンジェル・コマンド・ドラゴンを得たことによって受けられるサポートはグッと広まった。
《信頼の玉 ララァ》のコスト軽減に対応し、《ドラゴンズ・サイン》で踏み倒せ、自身から呼び出すことができる《天命王 エバーラスト》の能力によって除去耐性を得られるなどメリットは多い。
またコスト3以下であれば以外のドラグハートも呼び出せる点、マナ武装による味方へのシールド・セイバー付与能力も見逃せない点である。

呼び出すことになる主なドラグハートはやはりDMR-16真で登場した《真聖教会 エンドレス・ヘブン》だろう。シールド・セイバーを発動して自分のクリーチャーが破壊されると、《エンドレス・ヘブン》の効果によって逆にシールドを増やすことができるため、そちらの龍解に大きく貢献することができる。




サイクル

DMR-16極のドラグナーサイクル。
いずれもcipで、コスト3以下のドラグハート1枚(グレンモルトのみコスト3以下のドラグハート・フォートレスを2枚まで)か、同じ文明のコスト5のドラグハート1枚を呼び出すことができる。

関連カード


収録セット


参考