《革命龍程式 シリンダ》


革命龍程式 シリンダ VR 水文明 (5)
進化クリーチャー:クリスタル・コマンド・ドラゴン/革命軍 6000
進化-自分の水のクリーチャー1体の上に置く。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある自分の水のクリーチャー1体につき、カードを1枚引いてもよい。
革命2-このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のシールドが2つ以下なら、次の自分のターンのはじめまで、相手のクリーチャーはすべて、攻撃もブロックもできない。
W・ブレイカー

DMR-17で登場した進化クリスタル・コマンド・ドラゴン/革命軍
cipクリーチャーの数だけドローできる。また革命2で、次の自ターン開始時まで相手クリーチャー攻撃ブロックを阻止できる。

文明進化を活かした手軽な打点の強化、条件付きの大量ドロー相手クリーチャーの足止め、ブロッカーを無力化しての反撃など、1体で非常に多くの役目をこなせるユーティリティの高い1枚。しかし、色々できるからこそ全ての能力を無理に活かそうとはせず、状況に応じてどの能力を目的にして使うのかが重要である。

1つ目のドロー効果は大量展開の可能なデッキでなら非常に強力なドローソースとなりうる。自身も頭数に入るため最低でも1枚はドローできるが、なるべく数を揃えて大量ドローを狙いたいところ。この能力を目的に使うなら、現時点では中心のバニラビート辺りが適任か。

革命能力《ガンリキ・インディゴ・カイザー》と似た足止め能力であり、持続期間の伸びた《ワーニング・スパイク》にも近い。相手アタッカーを無力化してからの建て直しや、相手ブロッカーを無力化してからの逆転にも使える、非常に強力な能力である。
S・トリガーには強力な《終末の時計 ザ・クロック》が存在するため、《エメラル》などで仕込んでおけば革命2を発動させやすいだろう。

革命2の注意点としては、 このクリーチャーより後に出た相手クリーチャーには効果が無い 点が挙がる。普通のクリーチャー相手なら気にならないが、スピードアタッカーや、革命発動時にバトルゾーンに存在しなかった進化元から進化した進化クリーチャーには強引に突破される危険性もある。この点が類似能力《ガンリキ・インディゴ・カイザー》とは決定的に異なる。

それ以外にもS・トリガークリーチャーに対しても弱い。革命が発動している以上、基本的にこちらは敗北寸前の筈なので、トリガーしたクリーチャーから押し切られる可能性は非常に高い。シールド0の状態から《閃光の守護者ホーリー》辺りが出てくると目も当てられないので、あくまで一時しのぎと割り切る事も大切である。

また、適当なクリーチャーを手軽にコマンド・ドラゴンに変えられるという性質から革命チェンジと、そして皮肉にも侵略とも相性が良い。ドロー効果もそれらの能力の補助として非常に役に立つ。

自身がそこそこのサイズを持つため少々もったいないが、《超奇天烈 マスターG》などは勿論、5コストのため《超奇天烈 ガチダイオー》にも侵略できる。特に足止め効果が役に立つアダムスキーライブラリアウトでは、ドロー侵略元の確保も兼ねた中盤の繋ぎとして高い採用率を誇る。

一方の革命チェンジでは《時の法皇 ミラダンテXII》との相性の良さで注目される。
《超奇天烈 ガチダイオー》と同じく5コストの為にそちらにチェンジする事ができ、革命2とそちらのファイナル革命が合わさることで、《ジャッジメント・タイム》を唱えた時に近い強力なロックを仕掛けることが出来る。

この用途で使えば、自身の弱点であったスピードアタッカー進化クリーチャーS・トリガー獣もある程度封殺でき、手札に戻る事で強力なcipを再利用できる上、侵略に使う際の難点であった「自身の打点が無駄になる」点も解消できる。

総じて、用途の合うデッキにおいて非常に高いカードパワーを発揮する1体といえる。






  • 公式の対戦動画ではカミカミ王子が気に入っているのか、絡みのデッキで度々使用している。その際に革命2の足止め効果が逆転への布石となった場面も多い。


関連カード


収録セット


参考