《ボルシャック・ドギラゴン》


ボルシャック・ドギラゴン LC 火文明 (7)
進化クリーチャー:メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍 12000
革命0トリガー―クリーチャーが自分を攻撃する時、自分のシールドが1枚もなければ、このクリーチャーを手札から見せてもよい。そうしたら、自分の山札の上から1枚目を表向きにする。そのカードが火の進化ではないクリーチャーなら、バトルゾーンに出し、このクリーチャーをその上に置く。
進化-自分の火のクリーチャー1体の上に置く。
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。

DMR-19で登場した進化メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍
革命0トリガーを持つ初のクリーチャーである。

革命0トリガーによって登場できればcipの強制バトルで12000以下のクリーチャーを葬り、バトルゾーンにT・ブレイカーを残すこともできる為、戦況を一気に覆せる。
もう1体のドギラゴンである《燃える革命 ドギラゴン》を使用すれば勝利はほぼ確実であろう。

革命0トリガーを決める条件はこのクリーチャーを出す際に自分の山札の一番上をめくり、それが火の進化でないクリーチャーであること。
能力的にはデッキ進化に近い為、呪文進化クリーチャーの配分には要注意。

強制バトル能力はcipのみならず、アタックトリガーでも発動する為、普通に召喚しても2体のクリーチャーを破壊でき、非常に有用。
革命能力に依存しがちだった火単革命デッキには朗報。
サーチ手段も《革命龍 アサルト》がいる為、必要な時に持ってこられる。
ボルシャックである為、《ボルシャック・ルピア》でもサーチできる。

入るデッキの候補としては火単革命のみならず、モルト NEXTモルト「王」といった火文明を中心とするデッキにも検討できる。
特にモルト NEXTは能力の都合上、できるだけデッキ内をドラゴンで固める為、頼れるトリガーは《熱血龍 バトクロス・バトル》ぐらいしか存在しなかった。

当然だが、パワー12500以上のクリーチャーが攻撃してきた場合は革命0トリガーで出てもバトルに勝てず、ダイレクトアタックを阻止できない。この点は《偽りの王 ヴィルヘルム》等を進化元に採用したり、スレイヤーパンプアップを併用したりする事で補強できる。


ただし、革命0トリガーで《燃える革命 ドギラゴン》を捲ると不発なので注意。





  • 強制バトルの能力は攻撃する時にも発動するので、《無限掌》などの呪文と合わせると《燃える革命 ドギラゴン》ばりの連続攻撃ができる。以下のようにすると相手のクリーチャーを全滅させつつシールドを大量破壊できる。
  1. 《無限掌》で《ボルシャック・ドギラゴン》を選び《ボルシャック・ドギラゴン》で攻撃する。
  2. 攻撃した時の強制バトル能力で敵のクリーチャーを破壊しアンタップ。
  3. まだ攻撃は終わってないのでそのままシールドをT・ブレイク。
  4. 再び攻撃する。
  5. 2に戻る。

  • 背景ストーリーでは禁断解放によって《伝説の禁断 ドキンダムX》に封印されてしまった革命軍のピンチを救うため、修行をしてボルシャックの能力を身に付けて帰ってきたもう1体の《ドギラゴン》。主役級のクリーチャーが2体存在するケースは珍しい。

  • アニメ「VSR」では兄の切札 勝舞から、漫画「VS」は曾祖父の切札 勝Zからこのカードを譲り受けた切札 勝太が使用。
    • アニメではシリーズが「VSRF」に入ると、初期オープニングに登場していながら出番はバサラ戦のみとなったが、16話でなんとでんぢゃらすじーさんが使用、しかもカードはSD版になっている(召喚されたCGは通常)。まるで勝太が召喚したかのように派手に現れたが、召喚後に着地の際、でんぢゃらすじーさんが踏まれてしまった。なお、偽EDクレジットによると友情出演であるとのこと。


  • 歴代のトップレアと同じくシークレットカードが存在する。全てアルトアートであり、SD体型にデフォルメされたもの、全身が金色と茶色に輝いているもの、SD体型にデフォルメ且つ全身が金色と茶色に輝いているものの3種類がある。

  • コマンド・ドラゴンは4つ足が基本体型であることが多いが、このクリーチャーはアーマード・ドラゴンの進化形態をイメージしているためか、2足歩行している。もっとも、胸の部分に顔が付いているというデザインであるため、4つ足だと映えないのだが。


  • SDキャラ同士の番外編ショートコント「デュエマクリーチャーズ劇場」にも登場。此方のボルシャック・ドギラゴンの声優は本編とは違い、大久保瑠美氏が担当している。

  • ちなみにこのクリーチャーの「ボルシャック」はこのクリーチャーが修行で手に入れた力であり称号に近い。そして「ドギラゴン」はドラゴンを超えたドラゴンに対する称号であることを考慮すると、このクリーチャーは称号しか判明していないことになる。

関連カード



収録セット


参考