《刀の3号 カツえもん剣》


刀の3号 カツえもん剣(バスター) P 火/自然文明 (5)
クリーチャー:メガ・ドラゴン/革命軍/ハムカツ団 4000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
革命チェンジ-火または自然のクリーチャー(自分の火または自然のクリーチャーが攻撃する時、そのクリーチャーと手札にあるこのクリーチャーを入れ替えてもよい)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのターン、自分のクリーチャー1体に「スピードアタッカー」を与える。(「スピードアタッカー」を持つクリーチャーは召喚酔いしない)


《刀の3号 カツえもん》の新たな姿で、コストが5になった事で《蒼き団長 ドギラゴン剣》革命チェンジできるようになった。

他の5コスト革命チェンジクリーチャーのように、序盤の低コストクリーチャーから革命チェンジして繋げられるのはもちろんだが、このクリーチャーの場合は自身にスピードアタッカー付与できるため、正規のコストを支払っても《漢の2号 ボスカツ剣》のように即《蒼き団長 ドギラゴン剣》革命チェンジできる。

コストを支払えば相手の侵略ZERO等によって返しに除去されるような事はないので、それらを警戒するか否かで戦略を変えられる臨機応変さがある。

だが真に強力なのは味方のクリーチャースピードアタッカー付与できる点。
ノーコストでスピードアタッカー付与できるカード《時空の戦猫ヤヌスグレンオー》《キリモミ・ヤマアラシ》などがあるが、このクリーチャーの場合は革命チェンジ元となるまたは自然クリーチャーさえいればいつでも味方にスピードアタッカーを与えられる。革命チェンジのタイミング上、アタックステップに入った後に出たクリーチャーにもスピードアタッカーを与えやすいのは大きな利点。
2枚以上使って交互に革命チェンジすれば、《突撃奪取 ファルコン・ボンバー》よろしく毎ターン味方にスピードアタッカーを付与する荒技も可能。

反面、攻撃できるクリーチャーがいないと革命チェンジできず、出すのに5コストもかかるので、スタートダッシュには不向きである。
また5コスト革命チェンジ持ちの中でもパワーは低い方であり、殴り返しや火力には気をつけなければならない。

単純なビートダウンならば殴り手1体を手札損失なしでスピードアタッカーに化けさせるだけでも十分強力である。弱点も上記のように存在するが多くはなく、革命チェンジクリーチャーの中でも完成度の高い一枚と言える。




関連カード


収録セット


参考