《月の輝き 夢幻》


月の輝き 夢幻 SR 光文明 (6)
クリーチャー:メタリカ 8000
W・ブレイカー
このクリーチャーをアンタップして、相手クリーチャーの攻撃先を自分のタップしているクリーチャーに変更してもよい。
自分のターンの終わりに、自分のクリーチャーを1体タップしてもよい。そうしたら、カードを1枚引く。

DMR-23で登場したメタリカアンタップして相手の攻撃先を変更する能力、自分のクリーチャータップして1ドローする能力を持つ。

両方の能力は噛み合っており、攻撃先変更能力を起動させるためにこのクリーチャーを、あるいは的にするために他のクリーチャーを自前でタップすることが可能。
また、タップ状態は攻撃することでも作り出せるため、うまくハマれば攻撃・防御・手札補充の3つの役割を回しながらゲームを進めることができる。

これだけの能力を持っていながらパワー8000のW・ブレイカーと、基礎の戦闘力も高い。

欠点はこのクリーチャー単体では攻撃を曲げられない点。能力を使用するには他にクリーチャーが1体必要で、しかも相手が攻撃する時にはどちらもタップされていなければならない。
このクリーチャー自身のパワーが高いにもかかわらず、このクリーチャー自身に攻撃を向けられないのはネックである。

後に本格登場したメタリカ達は自身を対象にでき、さらに6マナ圏になると強力なラビリンス能力を持っているものが多いため、このクリーチャーを優先するのは難しいところ。

  • 同弾の《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》と同じくそれまでのデュエマに無いネーミングでプレイヤーを驚かせた。ただし最終弾で次シリーズを示唆するカードが収録されるのは覚醒編からほぼ毎年行われていることなので、これも次シリーズでフィーチャーされる種族だと予想できたプレイヤーは多いだろう。
    実際、《ジョニー Joe》と違いこのカードメタリカとしての先行登場であったため、次のシリーズで登場したメタリカとも種族的に組み合わせて使用できる。

収録セット


参考