新章デュエル・マスターズ



デュエル・マスターズ16番目のシリーズ名。
シンボルは「DM」(='D'uel 'M'asters)。

革命編革命ファイナルと売上を回復させていった「デュエル・マスターズ」だが、さらなる頂を目指し、「原点回帰」をテーマに設計されたエキスパンションである。
当wikiでは、TCG名との混同を避けるため、エキスパンションシリーズの「デュエル・マスターズ」を指す場合は「 新章 デュエル・マスターズ」と表現する。
また2017年から放送開始したアニメ新シリーズのタイトルも「デュエル・マスターズ」だが、そちらも原作第1部やアニメ第1シリーズ(無印)と区別するために「新章デュエル・マスターズ」や「デュエル・マスターズ(2017)」などと呼ばれている。

6年間続いた「勝太編」が終局を迎え、新たなる主人公「切札 ジョー」が誕生。ジョーが描いて自作したジョーカーズ軍団と、ライバルたちとの戦いを描いている。

2017年現在、このセットに当てはまるエキスパンション





  • 6月に新シリーズが始まりがちだったデュエル・マスターズのエキスパンションシリーズだったが、革命ファイナルが極端に短かったこともあり、当エキスパンションでは3月スタートに是正された。これも小学生を意識した施策と見られる。


  • 地味にベリーレアの封入率が1BOXあたり1枚分増加して7枚封入確定となっている。

  • ドラゴンの主要種族が5文明(と無色)にそれぞれ配置されるスタートは不死鳥編を彷彿とさせる。しかしメインとサポートに分離すること無く、単種族で統一されている点はエピソード3を彷彿とさせる。また、背景ストーリーではドラゴンが絶滅したことになってはいるものの、やはり新規ドラゴンを全くリリースしないのは危険と判断されたためか、ドラゴンの化石を身にまとってドラゴンの力を得るという設定のドラゴンギルド特殊種族として登場させている。

  • 「2017年度戦略発表会」を踏まえて商品展開したエキスパンションだったが、やはり絶好調すぎた前年度から反動を抑制するまでには至らず、それなりに売上を落としている。ところが、新マスタールール施行によって「遊戯王」の売上が大幅に低迷したことにより、結果的にデュエル・マスターズが国内TCG業界の中では「遊戯王」に迫るほどのシェア率を獲得することになる。今までここまでシェア率が肉薄したことはなく、国内2大TCG商品の低迷は他社TCGにとってはある意味チャンスとも言える。というか言えるはずなのだが……。

参考