ゼン&アク

ゼン&アク


《究極神アク》《超絶神ゼン》G・リンク形態、およびそれらを切札に据えたデッキ

究極神アク SR 水/闇文明 (7)
クリーチャー:ゴッド 9000+
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
W・ブレイカー
自分のゴッドが破壊される時、そのゴッドを墓地に置くかわりに自分の手札に戻してもよい。
G・リンク《超絶神ゼン》の左横
このクリーチャーがリンクしていて攻撃する時、相手のクリーチャーを1体破壊してもよい。

超絶神ゼン VR 光/自然文明 (7)
クリーチャー:ゴッド 8000+
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
ブロッカー
W・ブレイカー
G・リンク《究極神アク》の右横
このクリーチャーは、リンクしている時「Q・ブレイカー」を得、自分のターンの終わりにアンタップされる。

この2体がG・リンクすると、以下のようになる。

超絶神ゼン/究極神アク 水/闇/光/自然文明 (7+7)
クリーチャー:ゴッド 17000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
ブロッカー
W・ブレイカー
Q・ブレイカー
自分のゴッドが破壊される時、そのゴッドを墓地に置くかわりに自分の手札に戻してもよい。
このクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体破壊してもよい。
自分のターンの終わりに、このクリーチャーをアンタップする。








  • リンク後の略称に関しては普通に左から読むと「アクゼン」だが、語呂の関係で「ゼンアク」と呼ぶ事が多い。コロコロや公式などではリンク後の呼称は「ゼンアク」で統一されている。




ゼン&アク(デッキ)


コストが同じゴッドゲキ&メツと比較すると、こちらはドラゴンへのサポートを受けることができない上に、ほぼ確実に4以上の構成となる点が大きく異なる。
そのため、普通にG・リンクさせようとするとかなり展開が遅く、速攻に対して脆い一面がある。

よって、何らかのサポートによって早い段階でのリンクを目指すデッキになることが多い。
一般的なのは《フェアリー・ライフ》《腐敗無頼トリプルマウス》等を使ったターボ型か。現在は《神来のイザナイ 日蓮》リクルートしたり、《大地と永遠の神門》リアニメイトでき、大分並べやすくなっている。
《ヘブンズ・ゲート》でゼンを一度に2体並べたり、大量マナブーストから《ゴッド・サーガ》でまとめて出す亜種も存在する。

4である事と種族に縛られていない事から、枚数さえ気を付ければ強力なカードを惜しみなく使えるのが長所である。
リンクさえすれば《超神星プルート・デスブリンガー》をも上回る凄まじい強さとなる。モヤシに加えターンの終わりにアンタップされるため除去スレイヤーに強く、粘り強い。

いかに早くリンクさせることができるかがカギとなるだろう。プレイヤーのデッキ構築力がそのまま強さに出るデッキタイプと言える。






参考