《超神類 イズモ》

《超神類 イズモ》


超神類 イズモ P 光/闇文明 (12)
クリーチャー:ゴッド・ノヴァ OMG/オラクル 12000+
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
リンクしている自分のゴッド1体につき、このクリーチャーの召喚コストを2少なくする。ただし、コストは2より少なくならない。
このクリーチャーを召喚してバトルゾーンに出した時、カードを3枚まで自分の手札または墓地から選び、新しいシールドとして裏向きにし、自身のシールドゾーンに加えてもよい。
T・ブレイカー
中央G・リンク

DMD-14で登場した/ゴッド・ノヴァ OMG/オラクル

12マナと非常に重いが、コスト軽減能力を持つ。
コスト軽い《霊騎左神ロラパルーザ》《真滅右神ラウドパーク》等をリンクさせておけば、6~8マナ辺りでの召喚も容易い。
また、コスト軽減の条件は「リンクしているゴッド」でありゴッド・ノヴァである必要は無いので、《起源神ニュートロン》等の軽量ゴッドをリンクして置いておけば大幅にコストを軽減する事が出来る。特に起源神の下パーツとはシナジーを形成しており、このカードで仕込んだS・トリガー起源神側の能力で使用し、さらにドローも出来る。《霊騎右神ワイアード》を使えばこのカードを出す前からS・トリガーを仕込み、起源神で回収して連打したり、トリガーを利用してアドバンテージを稼ぎつつ相手の妨害が出来る。

召喚時にシールドを3枚追加できる。
このカードを出す頃にはそれなりにS・トリガーカードが手札墓地にあることだろう。《光器左神サマソニア》ドロー《真滅右神ラウドパーク》墓地肥やしもあるので、追加対象に困ることは少ない。
単純にS・トリガー付きカードの追加は勿論、《精霊聖邪ライジング・サン》がいればゴッド・ノヴァ OMGを仕込むのも有効。《邪妃左神 バンバーシュート》を使ってゴッド・ノヴァOMGが何度もシールドを介して蘇るようにするのも面白い。
その時に《魔天聖邪ビッグディアウト》cipで相手を妨害するクリーチャーを仕込んでおくとかなり嫌らしい。

  • 墓地から選んだカードについては墓地が公開ゾーンであるため相手は確認することができる。ただしそれらをどのシールドにするかは教えなくともよい。敢えて教えてプレッシャーをかけることも可(ただし手札から置いたカードは何かを教えることはできない。)。


  • まだこのカード名前はおろか存在すら公開されていなかった時期に、コロコロコミックにおいて 別カード能力欄にこのカードのテキストが丸ごと誤植した状態で公開される という前代未聞の珍事が起き、その能力の全容が判明してしまった。漫画やアニメ、あるいは各種広告において新規カードの名前や効果の一部が判明することはしばしばあるが、こういった形でのネタバレは非常に珍しい。


リンク対象


関連カード


収録セット


参考