《頂天聖 レオザワルド》

《頂天聖 レオザワルド》


頂天聖 レオザワルド P 光文明 (10)
ドラグハート・クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン 13500
ブロッカー
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、自分のシールドがひとつもなければ、離れるかわりにとどまる。
自分がゲームに負ける時または相手がゲームに勝つ時、かわりに自分の、ドラグハートではないクリーチャーを1体破壊してもよい。
龍解前⇒《百獣聖堂 レオサイユ》

DMX-18で登場したドラグハートエンジェル・コマンド・ドラゴン
自身がバトルゾーンを離れる時、自分のシールドが0枚であれば代わりに留まる除去耐性と、自分がゲームに負ける時、代わりに自分のドラグハートではないクリーチャーを破壊することによって敗北を回避するという2つの置換効果を持つ。
いずれもシールド0枚という窮地から高い防御力を発揮する能力である。

龍解した時点でシールドは1枚以下なので、1つ目の条件を達成するのは容易いだろう。1枚残っている場合は《音感の精霊龍 エメラルーダ》などで減らしておきたい。
なお置換効果は連鎖しないルールのため、《恐気の覚醒者ランブル・レクター》などの攻撃を受けると留まることができず破壊されてしまう。

2つ目の敗北回避能力《不敗のダイハード・リュウセイ》と似ているが、こちらは1体の破壊ごとに1度の敗北回避であるため、ダイレクトアタックを複数回受ける場合はその数破壊しなければならない。エクストラウィンに対しては《不敗のダイハード・リュウセイ》と同様で、発動が一瞬のトリガー能力ならば1体の破壊で回避できるが、恒常的に条件を満たし続ける常在型能力だと何体破壊しても回避できない。
こちらも置換効果なので、《光器パーフェクト・マドンナ》などの他の置換効果を持つクリーチャーを身代わりにした場合はそのまま墓地に送られてしまう。ただし《不死身のブーストグレンオー》や3体G・リンクした《無法神類 G・イズモ》の場合は置換効果ではなく破壊そのものを回避するため、そちらを除去されない限り無限に敗北回避を行うことができるコンボが成立する。特に《無法神類 G・イズモ》でかつシールドが0枚であればまず負けることはないと断言して問題ないだろう。


  • 「《頂天聖 レオザワルド》」「ドラグハートではない破壊されない離れない)クリーチャー」これら2体がいる状況下で、そのコントロールプレイヤーがライブラリアウトを起こしたり、相手が常在型能力エクストラウィンを満たしたりすると、コントロールプレイヤーが《レオザワルド》の敗北回避の置換効果の適用を諦めない限り、無限ループが発生してゲーム続行不能となってしまう。この場合は《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》の特殊裁定同様に、そのままゲームを続行させるという公式見解が示されている。(2015/08/05公式回答)
    • ただし、あくまでその場のジャッジの判断が最優先される案件であることには変わりない。ジャッジによってはゲーム自体を仕切り直しとする裁定を出すケースもありうる。このような事態になる場合はジャッジへの確認が推奨される。


  • DMX-18では、ルシファーが使用するカードとして収録されている。なお、アニメでは彼ではなく、妹のるるが切り札として使用している。その後、最終回の勝太戦ではルシファー本人も使用。


関連カード


フレーバーテキスト

  • DMX-18
    あなたがたなどエバーラスト様の手をわずらわせる価値もございません。わたしの正義で裁かせていただきます。 ---頂天聖 レオザワルド

収録セット


参考