《歴戦の精霊龍 カイザルバーラ》

《歴戦の精霊龍 カイザルバーラ》


歴戦の精霊龍 カイザルバーラ VR 光文明 (8)
クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン/革命軍 8000
ブロッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引く。その後、光のコスト7以下の進化ではないクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。

DMR-19で登場したエンジェル・コマンド・ドラゴン/革命軍
キャントリップの後にコスト7以下の非進化クリーチャーを出せる、《赤薔薇の精霊龍 ジェネラローズ》より一回り大きいの連鎖ドラゴン

《歴戦の精霊龍 カイザルバーラ》→《赤薔薇の精霊龍 ジェネラローズ》《指令の精霊龍 コマンデュオ》《真紅の精霊龍 レッドローズ》《超過の翼 デネブモンゴ》or《友愛の精霊龍 ニコラス》《超過の守護者イカ・イカガ》or《華麗の玉 レゾスタ》→・・・を決めることによって1枚のカードから8体のクリーチャーを展開することができるようになった。

というのは流石にオーバーキルではあるが、コスト7になると出せるクリーチャーもかなり広く《ジェネラローズ》に縛られず様々な戦略を取ることができる。
ただしその分コストも8と重く、《ドラゴンズ・サイン》の対象外となってしまった。その代わりにブロッカーが付いた為、《ヘブンズ・ゲート》で踏み倒すことが可能。

《ヘブンズ・ゲート》だと《龍覇 セイントローズ》との相性が良くこのクリーチャーで踏み倒すことができる。
《セイントローズ》で《天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》を出してもう1体ブロッカーを出してしまえばそれだけで《ヘブンズ・ヘブン》の龍解条件が成立させることができる為非常に便利。
光のドラグハートは強力であるが故にドラグナー《ヘブンズ・ゲート》で出せないという弱点を見事改善した革新的なカードと言える。



関連カード


フレーバーテキスト

  • DMR-19
    伝説の海底都市へと向かったミラダンテ軍。そこで歴戦の将軍、カイザルバーラが見たのは、さらに強力なS級侵略者たちだった。

収録セット


参考