《神の子 イズモ》

《神の子 イズモ》


神の子 イズモ P 光文明 (6)
クリーチャー:ゴッド・ノヴァOMG/オラクル 5000+
中央G・リンク(このクリーチャーまたは自分の他のゴッドがバトルゾーンに出る時、好きな数の自分のゴッドから、リンクしているカードをそれぞれ1枚外してもよい。その後、このクリーチャーを、「右G・リンク」または「左G・リンク」を持つゴッドにリンクしてもよい)
このクリーチャーがカード3枚でリンクしていれば、リンクしているゴッドは「Q・ブレイカー」を得、相手がクリーチャーを選ぶ時、選ばれない。

DMX-22で登場したゴッド・ノヴァOMG/オラクル。このカードが3体がリンクしていれば、リンクしているこのクリーチャー含む全てのゴッドQ・ブレイカーアンタッチャブルを与える。

3枚でリンクしている事が条件とはいえ、他の味方強化を抜きに考えてもコスト6のQ・ブレイカーは破格の性能。
軽量が売りのゴッド・ノヴァOMGとの相性は格別であり、コスト4・5の左神・右神からつなげれば、本来打点の増えにくいゴッド・ノヴァOMGが、ゴッド・ノヴァを凌駕する速度と打点で降臨することになる。

《霊騎左神ロラパルーザ》《霊騎右神ワイアード》からであれば文明のみで揃える事ができる。この場合《一撃奪取 アクロアイト》を起点にでき、5ターン目にはQ・ブレイカーを決めることも不可能ではない。

ゴッド・ノヴァOMGは軽量さに加えて展開も得意であるため、このクリーチャーのみならず後続までアンタッチャブルQ・ブレイカーに変えられるのは恐るべき強さである。

弱点はパワーが増えない点、そして強化能力相手も対象 である点。
ゴッドを主力としたデッキが相手だと、この強化能力は文面以上にデメリットとなりやすい。特にアンタッチャブルを与えるのが厄介で、ゴッド特有の除去に対する粘り強さも相まって泥沼の戦いになりやすい。
相手のデッキによってはG・リンクや登場を控えるのも手だろう。





  • 背景ストーリーにおいてイズモがゴッド・ノヴァ OMGに覚醒した頃には既にヨミは亡くなっており、その後《新聖綺神 クロスオーバー・ヨミ》として復活したものの人格が失われた上オラクリオンだったため、まさに《左神人類 ヨミ》の登場でやっと一緒に戦えるという感じである。フレーバーテキストでもその点について触れられているが、この時期がエピソード3のその後の話なのか平行世界にヨミとイズモ(とゾロスター)が転生したものなのかはわからない。いずれにせよ、イズモとヨミ、そして両者のファンにとっては歓喜であろう。

リンク対象


関連カード



フレーバーテキスト

  • DMX-22
    ヨミ様、やっと一緒に戦えますね。 ---イズモ

収録セット


参考