重要:これはまだ草案です。

概要


 「文殊システム要件定義書」は、設定上の文殊が管理する情報、機能、及び文殊の利用者と利用者が持つ権限について定めています。

 ・文殊に登録される情報:戸籍(氏名・生年月日・住所等)、税務情報(申告・納税履歴)、犯歴、商業・法人登記、資金・マイル決済
 ・吏族はその担当分野として、該当国の戸籍、ないし税務情報のどちらかにしかアクセスできません。
 ・法官・護民官は自分の担当事件の関係者についてしか、文殊の個人情報にアクセスできません。
 ・犯歴は該当国の法官が記録・管理を行います。
 ・金庫番は担当国の商業・法人登記、および資金・マイル決済を管理します。
 ・藩王・摂政は自国民の全情報の閲覧権、編集権、および特別開示承認権を持ちます。この権限は生活ゲームにおける犯罪捜査、試練ゲームでの行方不明ACEの捜索等の事態を想定し、対処するために設けています。
 ・文殊へのアクセス及びデータ閲覧、データ編集は全て逐一記録が残されます。これら履歴は藩王であっても変更を許されません。データ破壊・バグ修正を理由に文殊運用者が修正を行う事はありますが、これも全て文殊監査人の管理の下に行い、文殊の外側にて修正履歴が保持されます。

i言語定義


ICG:これより文殊開発者たる黒埼紘は、設定文殊の機能要件を定義する。
L:文殊システム要件定義書 = {

############################################

 f:文殊の目的 = 文殊システムは膨大な量に上る国民情報管理の効率化及び有効利用と、藩国の主権及び個人のプライバシー保護の両立を図る。

 f:文殊システム要件定義書の目的 = <文殊の目的>を満たすべく、文殊システムが持つべき機能要件を定める。

 f:文殊システム要件定義書の位置づけ = <文殊システム要件定義書>は文殊システムの設計書の一部であり、文殊システムはこれを満たすよう設計・実装される。

 L:アクター定義 = {
  f:概要 = アクターとは文殊システムに関わるユーザを、文殊との関わり・役割に基づいて分類し、定義したものである。

  f:文殊登録ユーザ = 文殊の利用において各種権限を持ち、それを行使するために予め文殊にユーザ登録されている者。{
+ ...
  }

  f:開示要求者 = 文殊登録ユーザ以外で、文殊に登録された個人データの開示を要求する者の総称。開示要求者は、対象となる個人データとの関係によって分類される。{
+ ...
  }

  f:閲覧授権者 = <開示要求者>のうち、データ開示を申請してこれを認められた者。

  f:文殊管理人 = 文殊運用者の長。
  f:文殊監査人 = 文殊運用者の業務を監査する者。
 }


############################################

 L:文殊の機能要件 = {

   f;文殊の業務ドメイン = <戸籍管理機能>、<税務管理機能>、<犯歴管理機能>、<商業・法人登記管理機能>、<出入国管理機能>、<資金・マイル決済機能>の総称。

+ ...
 }

############################################

 L:文殊のセキュリティ要件 = {
  f:文殊に求められるセキュリティ要件1 = 不正なデータ閲覧・編集がなされないこと。
  f:不正なデータ閲覧・編集 = ある文殊内に登録されたデータについて、<登録ユーザの権限とアクセス制限>によって定められた閲覧権保持者以外によって閲覧、ないし編集権保持者以外によって編集されること。
 }

 L:登録ユーザの権限とアクセス制限 = {

  L:文殊における権限 = {
+ ...
  }

  f:アクセス = 文殊システムとのネットワーク接続、文殊の利用、文殊内に登録されたデータの閲覧および編集の総称。

  L:文殊におけるアクセス制限の基本原則 = {
+ ...
  }
 }

 L:文殊の可用性要件 = {
  f:業務ドメイン単位での施設分割 = 文殊システムを収容する施設は<文殊の業務ドメイン>単位で分割され、一つの施設の障害は他に波及せぬよう構成される。
  f:施設単位での可用性向上対策 = 文殊システムを収容する各施設は、その構成する機器が単一障害点を持たぬよう多重化される。
 }

 L:文殊のデータ保全性要件 = {
  f:定期的なデータのバックアップ = 文殊施設を収容する各施設は定期的にバックアップを行う。
  f:バックアップの各世代別保管 = 文殊のバックアップデータは各世代別に保管し、最低でも10年間(=10ターン)はこれを保存できなければならない。
 }

IWG:これで色々便利かつ誰も嫌な思いをしないようになぁれ。