※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

太元API 仕様




  • POST時の引数は以下の通り。
    • source : 太元書式。文字コードはUTF-8であること。
    • revision: 省略可能。使用するL:定義のリビジョン。文字列で’17' を与えた場合、T17編成フェイズ締め切り時点のL:定義でコンパイルする。省略した場合、最新のリビジョンが使用される。
 #普通は省略で使ってください。(後から編成チェックで利用する等の用途を想定しています)
    • format: 出力形式。値は次の2種類
      • "text" : plain textで出力。太元の評価まとめ欄と同じ形式。
      • "js" :JSONで出力。出力形式は以下の通り。


{'divisions' : [ #配列。分隊毎に繰り返す。分隊がない場合は本隊分のみ

{
  'name' : 'division_name' , #部隊・分隊名。”本隊” ないし定義された分隊名
  'evaluations' : [ #2次元配列。[ ”(評価名)" , (評価)] の繰り返し
    ['筋力' , n] , ['体格' , n] , ['耐久' , n ] ...

  ]
  'members' : [ #所属するユニット名。現在はユニット名のみ。(将来は保有する特殊一覧なども出力する予定)
   {'name' : 'character name' , #ユニット名
   'specialties' : [ ... ] }
  ]
 }

] #divisions 終端
 ’not found' : [ idress1 , idress2 , ... ] #配列。太元に登録されていないL:名の列挙。なければ空配列。
 'warnings' : [ msg1 , msg2 ... ] #配列。太元が出力する警告・ヒントの文字列。なけれあば空配列。
}





#大雑把な説明ですみません。詳細は黒埼までお問い合わせください。