転職について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 見習い冒険者
この期間中は装備制限が一切ない。
また、1回目の正規職への転職にかぎりステータスリセットをしてもらえるので、
基本職見習いをすべてをやってみることと可能。
正し、各職の見習い期間で修得できるスキルはJobLv10までのスキル。


  • どれを1回目にしたらいい?
本作はソードマン・ローグ・武士(接近物理)/アーチャー(遠距離物理)/プリースト・ウィザード(支援および魔法)の戦闘職と
生産職(鍛冶/料理/製薬)で成り立っている。
一番大切なのは最終予定職とその時のプレイスタイル。
その予定するプレイスタイルにあったスキルを効率よく修得できるようにするとよい。
レベル上げは基本的に攻撃スキル1撃で倒せる範囲で行うと早いため、必然的にSP不足に悩まされることが多い。
SP回復アイテムは稀少なため、全ての職である程度のINTを上げなければSPも増えずスキルも多用できないためにすぐに詰む。
なお、INTは7の倍数でMATKにボーナスが発生するしSTRは10の倍数でATKにボーナスが発生する。
ただし、INTをあげすぎると魔法職以外での運用が厳しくなる。

  • 転職のタイミングはいつにすればいい?
転職の利点はプリザーブスキルを設定できる点。
引き継ぐ予定のスキルレベルがある程度に(序盤の目標なら中級か上級まで)達した時点で転職可能ならすぐに転職すればいい。

  • 生産職への転職は?
生産職への転職は戦闘用のスキルとその対応する武器が限られているので、最初から生産を考えている人でもできるだけ戦闘用スキルをプリザーブ(引き継ぎ)する形にしたい。生産の素材集めに戦闘力や購入でもイデアが必要になるため初期から手を出すとすぐに詰むので余裕が出来るまであまりオススメできない。

詳しくは、各職の詳細ページを見ていただきたい。


  • 転職試験
一回目はリール野営地のマシューを通じて行う
試験内容
職 内容 難易度
ソードマン 会場内の敵をすべて倒す。
アーチャー 会場内の敵(固定型)を5分以内にすべて倒す。 難
ローグ 宝箱の中から「宝」の入った宝箱を当てる。チャンスは3回
(選択後のメッセージがヒント) 運次第
ウィザード 会場内の敵(1体)を5分以内に魔法攻撃で倒す 普通
プリースト 「聖職者としての心得」を問う質問3つに全て正解する 楽
武士 会場内の敵を5分内ですべて倒す。 普通

生産職はトローン街道に出現mobが落とすアイテムを納品する。

二回目以降は冒険者協会長を通じて、
許可証クエストと各職別の試験を受ける。
※転職のレベル制限
 基本職への転職:「BaseLv30以上で、かつJobLv25以上」
 上位職への転職:「BaseLv50以上で、かつJobLv40以上」


  • プリースト試験内容
※回答は選択式、質問総数は不明
?目の前に怪我をしている人がいます。
 ブリーストのあなたはどうしますか
 Ans:話しかけて回復が必要か聞く
?列に並んでいる時、列の真ん中に割り込んでいた人が!
 ブリーストのあなたはどうしますか
 Ans:優しく注意する
?お金を落として困っている人がいます
 ブリーストのあなたはどうしますか
 Ans:一緒に探してあげる
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。