※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

STEP2:案件調査

調査すべきことをリストアップできたら、実際の調査を行います。
調査結果を元に救済判断が行われます。
また再裁定依頼時には、根拠として調査結果詳細が必要となることがあります。



作業2:案件の調査(複数名募集/級不問:難易度低〜中)

作業リーダーは、要調査項目まとめに基づき、人員を募集して案件の調査依頼を行います。
要調査項目件数や難易度によって募集人数を調整してください。
案件調査に携わった方は、調査結果に対する所見を書いていただくことで、救済判断の材料となることがあります。


ここでは「案件の調査」としていますが、案件によっては各所との調整など、厳密には「調査」と言えないものが含まれたり、調査よりも行動を優先させるべき時があると思います。
ここにあげているのはあくまでも例として、案件に合わせた柔軟な対応をお願いいたします。
また、ここで調査依頼されている情報以外にも、有用な情報を持っている方がおられた場合は、ご提供いただけると助かります。

調査内容がメッセなどでの聞き取りの場合、相手の方にプライバシーポリシーに基づいた確認をとっていただくようお願いいたします。


作業2の案件調査結果まとめ(作業リーダー)

作業2(案件調査)の調査結果に間違いが無いか確認の上、結果をまとめてください。
後で再裁定依頼や報告書に埋め込みますので、簡潔でわかりやすいまとめを心がけてください。


#この作業につきまして、作業依頼を出して他の方にお願いしても構いません。
#他の方に依頼する場合、調査結果の確認とまとめを分離していただいても構いません。(「確認依頼」「まとめ依頼」のように)

調査結果まとめが出来たら、それを基に次のステップ(救済判断)へ移行してください。