※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2008年3月10日を機に、平和的であることが疑う余地のない、中国政府に対しての抗議デモがチベット高原を覆い尽くしました。

これらの一連の抗議活動は、中国当局の武力行使による激しい取り締まりによって鎮圧されました。2008年3月10日以前にもチベット地域における拷問、暴行についての報告はなされてきましたが、今回の資料の提出は、チベットの今を知るために、一般に『春の蜂起(註2)』と呼ばれている特に重要性の高い期間に絞り、2008年3月10日より後、チベットで何が起こっているかを委員会に報告することを目的とします。

チベット人たちは、この提出資料が余すことなく指摘するように、彼らの亡命中のリーダー ダライ・ラマこそが、彼らの関心を代表するものであり、中国政府ではないという明確なメッセージともに、北京(中国政府)の支配する政策に対し、特にここ6ヶ月間、自らの生命と安全の危険を犯して根本的な不満を訴え続けています。

中華人民共和国は公的に拷問の使用を禁止しているにも関わらず、その責任を果たしていません。2008年3月以降、何百人もの僧、尼僧、就学時の子供を含むチベット人たちが「蒸発」するか、または強制連行により収容、監禁され、拘留中に非常に残虐な行為の対象となっています。

武器を持たない平和的デモの参加者が銃で撃ち殺され、刑務所内では拷問によって死亡しています。また、執拗な当局の取り締まりや、ダライ・ラマを批判することを強要されたことで絶望に至った自殺者は、あとを絶ちません。

抗議運動の勃発後、新しい規律として、各僧院に対して僧・尼僧らを礼拝から追放することが言い渡されました。それらの規律は、明らかに僧院のある地域社会に対しては侮辱を、僧院内の僧・尼僧らの社会にとっては最大の精神的な苦悶をもたらすために特別に作り出された、宗教活動の自由を奪う圧力だと言えます。

それは、文化大革命当時の暴挙を彷彿とさせ、現中国共産党総書記・国家主席である胡錦濤によるチベット仏教に対する新たなる執拗な攻撃となりました。

委員会(国連拷問禁止委員会)に置いては、チベットにおける拷問、虐待の問題は組織的であり、PRC(中国共産党)による、国境内における「安定性」を重要視した政策による結果である点を念頭に置いて考慮されたい。

この報告書では、これらの当局による弾圧が、チベットをどのように恐れと絶望の緊迫した環境に陥れていったかについてと、悪化の一歩をたどるチベットの文化と宗教に対する弾圧的な政策の実施について述べていきます。

まず、この報告書を理解する上で大変重要なチベットの概要について説明します。

チベットとは伝統的に:アムド(北東部チベット)、カム(東部チベット)とウ・ツァン(中央および西チベット)といった3つの主な地方から構成されています。

チベット自治区(中国読みXizang zizhiqu)とは、1965年に中国政府によって制定され揚子江(チベット名:ディチュ)の西から、カム地方の一部を含む(現在、英語で「中央チベット」としばしば称されている)チベットの地域を指します。

残りのアムドとカム地方は中国行政区に吸収され、チベット人「居住区」がこれらの地域にあると認定されたため、これらの地域はチベット族自治州とチベット族自治県に指定され、その結果、大部分の青海省と甘粛省、四川省と雲南省の部分は、中国当局によって「チベット」とよばれ、このチベットと呼ばれる地域全体を指して中国は「自治地域」としています。

(註2:『春の蜂起』とそれ以降の取締についての詳細の報告は以下を参照。「チベットは分岐点に」 ICT 2008年8月5日 www.savetibet.org)