※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

3月の抗議活動に続いて行われた取り締まりについて特筆すべき特徴として「失踪問題」が挙げられます。
チベット人が自宅もしくは僧院や修道院から連れ去られる時、そのほとんどは真夜中です。

これは、4月14日以来、チベット高原地帯全域で大規模に起きました。文化大革命以来、もしくはそれ以前から、連れ去られることによる失踪が、どの程度の規模なのかはっきりと知られていません。
わかる限り最も確かなことは、中国の刑事訴訟法においても求められている通知手続きを無視する形で、今日においても続けられているということです。

3月14日以降、ラサに於いては、ほとんどのチベット人の家庭で、誰かしらが失踪しています。あるチベット人情報提供者によれば、これは言わば「第二次文化大革命」のような状況であるとのことです。