※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

共通特性論

共通特性論というのは、人に関わらずみな持ってる特性を考える立場のことをいう。

5因子モデル

ゴードン・オールポートが辞書中の性格用語を抽出したことに端を発し,現在のところ,5つの特性によって人間の性格をおおまかに記述することが可能であるという説が最も有力であるとされる。

5つの特性は以下の通り
  • Neuroticism(神経症傾向,情緒不安定性)
  • Extraversion(外向性)
  • Openness to Experience(開放性,知性)
  • Agreeableness(調和性)
  • Conscentiousness(勤勉性)


霧生ヶ谷における、特性論の解釈。
不思議追求性
キムチ嗜好性
モロモロ愛好性

が地域差異によって生み出された環境適応的気質とされている。
いわゆる霧生ヶ谷っ子である。