「塗装手順」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

塗装手順」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+塗装の中でもっとも一般的なスプレー塗装について説明します。
+ちなみにボディはプラボディを想定してます。
 
+使用する道具
+・中性洗剤(台所用洗剤ね)
+・サーフェイサー
+・スプレー塗料
+・仕上げ材(クリアー)
+
+手順
+1.塗装するボディを中性洗剤で洗います。
+ 中性洗剤で洗う理由はボディについた皮脂等を洗い落とし
+ 塗料の定着をよくするためです。
+ 面倒でもこのくらいはやりましょう。
+
+2.乾燥
+ 洗ったボディを乾かします。
+ タオルやティッシュで拭くのはホコリがつくからNG
+ 蓋でもして自然乾燥させましょう。
+
+3.サーフェイサーを吹く
+ 塗装前の下地作りです。
+ 塗料の定着が格段に良くなるのでなるべくやりましょう。
+ 下地がうっすら見えるくらいでOK
+
+4.乾燥
+ サーフェイサーを乾燥させます。
+ 最低でも1日、できれば2日は待ちましょう。
+ 完全に乾かさないと、塗料にサフが溶けて悲惨なことになります。
+
+5.スプレー塗料を吹く
+ いよいよ本塗装です。
+ 厚くならないように気をつけながら吹きましょう。
+
+6.乾燥
+ 塗料を乾燥させます。
+ あせらずしっかり待ちましょう。
+ 理想は2,3日。
+
+7.シールを貼る
+ シールを貼りたい人はこのタイミングで貼ります。
+
+8.仕上げ材を吹く
+ 仕上げのクリアーを吹きます。
+ シールを貼った人は、最初はごく薄く。
+ 徐々に厚くしていきましょう。
+ 一度に厚く吹くと白くなってしまうので注意。
+
+9.乾燥
+ クリアーは塗料よりも完全乾燥に時間がかかります。
+ しっかり3日は待ちましょう。
+
+10.完成
+ おめでとうございます!
+
+以上が一般的な塗装手順です。
+
+面倒な人には、洗う→スプレー→完成という簡易な方法もあります。
+でも時間があるならば上記の手順をオススメします。
+そのほうがしっかり作れるからね。