ホイール>形状による違い(大径)

大径ホイール:
レーサー時代から採用されてきた、基本とも言えるサイズ。
加速力と安定性に欠けるが最高速が伸びやすい。
また、直径が大きいことや車高が高くなるなどの理由でつなぎ目や芝生セクションなど路面の段差の影響を受けにくい。

二次ブーム時に中径と呼ばれていたサイズもついでに解説。


●ホットショット系
主にレーサーミニ四駆で採用されたタイプ。
レーサーミニ四駆以前の(コミカル)ミニ四駆のホイールに構造が似ており、現在主流のホイールには大抵ついているリブがなく、ゴムタイヤは専用のものを使わなければならない。
また、以下のアバンテJr.系より直径も小さい。
直径、オフセット位置はすべて同じである。

  • ホットショットタイプ(4本スポーク)
初の高速レース向けミニ四駆・ホットショットJr.で初採用され、以降初期のレーサーミニ四駆(主にTYPE1、3シャーシ)で使用されていた。
ぱっと見、分かりにくいが、裏から見ると珍しい4本スポークになっている。
色はホワイトが多いが、シルバー、ガンメタや限定品のレッドなどがある。

  • 超皇帝タイプ(3本スポーク)
スーパーエンペラーで初採用されたタイプ(小学館の「最新版」ミニ四駆全カタログではなぜかホットショットタイプになっている)
お握り型の穴が三つ開いており、3本スポークになっている。
あんまりかっこよくない・・・

  • 大帝タイプ(5本スポーク)
グレートエンペラーで初採用されたタイプ。
5本スポークとなっており、大帝と発売時期が近かったマンタレイJr.で初採用されたアバンテJr.系ホイールとデザインが似通っている。

  • エアロホイールセットタイプ
GUP。
現在のローハイトタイヤ&ホイールセット(ディッシュ)によく似たデザインだが、外周部のスポークパターンがタービン状になっている。
色はホワイト、金メッキ、銀メッキ。

  • スピードローラー・ホイールセットタイプ
GUP。
この頃のミニ四駆はまだローラーの技術が確立されておらず、そもそも初期はローラーという概念すらなく、そのため初期型TYPE-1はネジ穴すらなかった。
そこでホイールの中心を出っ張らせ、タイヤがコース壁に引っかからないようにしようというホイール。
・・・どうでもいいがスポークパターンがスクリームのマスクに見えるのは気のせいだろうか

  • 初代ワンウェイタイプ
最初に発売されたワンウェイ。
一見分かりにくいが直径はホットショットタイプと同じで、側面部のキャップ(ギヤカバー?)を外してホットショット系ホイール用タイヤをセットできる。
最初期のワンウェイの所為かタイヤがセットされていない。
黄色で派手。

  • 軽量ワンウェイタイプ
上記のものの改良型で、軽量化したとされるもの。
そのためかタイヤは付属せず、別途用意する必要があった。
からし色(初代超速ギヤに近い色)で地味になった。


●ワイドタイヤ系
大昔に発売されたワイドタイヤセットについていたタイプのホイールやそれと同じ直径・オフセット位置のもの。
現在のロープロタイヤ用ホイールより少し小さいという、中途半端な直径の上、ワイドタイプなのでコーナーでの減速も大きく、今では使い道が・・・
(小学館のダッシュ改造ミニ四駆BOOKの漫画でもネタにされていた)
ワイド設計になったため通常のローラーでは対応できなかったのか、全て専用のワイドバンパーがセットされている。これは後述するローハイトワンウェイにも付属する。
ちなみにどれもGUPである。

  • ワイドタイヤタイプ
その名の通りワイドタイヤセットについていたタイプのホイール。
幅がローハイトワンウェイ並みに広く、その分重い。
色はブラック、ブルー、レッドでホイールにカラーとサイズを合わせたスポンジタイヤがセットされていた。

  • ワイドワンウェイタイプ
ワイドタイヤセットのホイールをワンウェイ化したような感じ。
色はオレンジと、限定のブルーがある。
また、ホイールの色はノーマルと同じだが、スポンジタイヤをレッドに変更したものもあった。

  • ワイドエアロホイールセットタイプ
アバンテJr.系ホイールのGUPで大径エアロホイールというのがあるが、それのご先祖様といった感じ。
扇風機みたいなもので空力的な効果は疑問だが、冷却ファンとしての効果はあった  かもしれない。


●アバンテJr.系
ミニ四駆界で革命を起こしたアバンテJr.で初採用され、以降スタンダードなサイズになり、現在の大径ホイールの直径は大抵これと同じである。
また、オフセット位置が違ってもホイール幅も継承しているものが多く、いかにアバンテJr.が革新的な技術を詰め込んでいたのかが伺える。
(マイティ系など、細身のホイールもこの系統の前輪用ホイールと幅が同じ)
以降にいくつか直径・オフセット位置が同じでスポークパターンを変たものが出ている。

  • アバンテJr.タイプ(6本スポーク)
アバンテJr.にて初採用されたタイプ。
レーサーミニ四駆のアバンテはRSを除いて全てこのホイールになっている。
他にもグラスホッパーIIjr.やイグレスJr.で採用されている。
6本スポークで強度が高い。
色はホワイト、オレンジ、蛍光グリーン、蛍光イエローなど。

  • 大径ライトウエイトホイールタイプ(3本スポーク)
もともとはGUP(恐らく前マシンなどでアバンテJr.タイプのホイールを肉抜きしてさらに3本スポーク化したものを商品化したと思われる)だったが、ブーメランガンマ以前のスーパーミニ四駆では標準装備されている。
以降もちょくちょく限定パーツとして再販され、現在もPROタグ(黄色タグ)のものが残っている。
非常に軽量ではあるが、強度が致命的に低いのですぐに真円が崩れてしまう上、シャフト穴も壊れやすい。
殆ど一発勝負要員か・・・
かつてカーボン入りが存在し、精度、強度などは現在よく使われているSX用カーボンホイールを上回る。
かなり希少な品だが、価値に見合った性能がある。オレンジのレストンスポンジタイヤやロングシャフト、専用のワイドスペーサーが同封されていた。
(ちなみに正式な商品名は「ワイドトレッドパーツセット(カーボン入り強化ホイール)」)

その他、色はホワイト、ブラック、イエロー、蛍光イエロー(限定GUPで青いスーパーハイトタイヤとセット)など。
ちなみに青のスーパーハイトタイヤとセットになった通常イエローのセットもある。

  • FMタイプ(6本スポーク)
旧FMシャーシのみに採用されていたもの。
最近RS系キットにて採用される。

  • マンタレイJr.タイプ(6本スポーク)
マンタレイJr.にて初採用されたタイプ。
主にレーサーミニ四駆で採用され、一部のS1SFMのスーパーシリーズなどにも採用されているホイールである。
6本スポークとはいってもメインは3本で、他はダミー(若しくは補助)である。
強度は高いが、精度はあまり良くないらしい。
カラーは黄、白、赤などがある。

  • 大径メッキスポークホイールタイプ
よく一発で抜けたなぁ、というほど複雑なスポークパターンのホイール。
なんとなく、当時のタミヤの本気が垣間見える。
元はGUPだったが、スーパーアスチュートJr.ADVANCEやレーサーミニ四駆のRSシリーズなどでは標準装備になっている。
色は銀メッキのみ。

  • 大径エアロホイールタイプ
GUP。
扇風機みたいなもので空力的な効果は疑問だが、冷却ファンとしての効果はあった。かもしれない。

  • ムーンフェイスホイールタイプ
VSマイティ・TZ-Xレーサーシリーズに採用されているタイプ。
3本スポークだが、前面部が非常にシンプルな・・・というよりつるんてんの殆ど何もないような形状をしていて、エアロ効果(疑問符)と強度が高い。

  • 大径ワンウェイホイールタイプ
アバンテJr.系ホイールと同じ直径のワンウェイとしては初の商品。
紫色で、限定パーツだったスーパーハイトタイヤがセット(ただし色は黒に変更)

  • フルカウルTZ大径タイプ
ビートマグナム、同TRF、バスターソニック、レーサーミニ四駆のRSシリーズなどで採用。
フルカウル末期になって登場した5本スポークの大径ホイール。
新規デザインだが、直径やオフセットはアバンテJr.系と変わらない。
5本スポークのため大径ライトウェイトホイールよりも強度が高い。
カラーは蛍光緑、蛍光黄、白、銀メッキなどがある。銀メッキは限定パーツとして単品でも販売されていた。

  • ナット止め大径ホイール・ショートシャフトセットタイプ
ナット止め大径ホイールはこれ以前にSXシャーシ用のものがあったが、VSシャーシの商品展開にあわせてSX以外でも使えるものを発売した形。
オフセット位置はアバンテJr.系ノーマルホイールとほぼ同じ。
ホイール自体の強度や精度はいいのだが、シャフトに問題があり、夢パーツ扱いされている。
また、ホイールのシャフト穴も丸型で多少ながら遊びのある設計のため、下手な取り付けだとぶれてしまう。
カラーはグレイ。


●TZスーパー系
  • TZスーパータイプ
ブラックストーカー、レイホークガンマなど、TZシャーシのスーパーシリーズに採用されているホイールである。
エアロホイールに似たような形をしているが、特にそういう効果はない。
アバンテJr.系ホイールよりもオフセット位置が広く、ワイドトレッドになる。
カラーはイエロー、レッド、ガンメタ、金メッキ(限定GUP)など。

  • 大径ワンウェイホイールセット(ワイドトレッド)タイプ
直径・オフセット位置はTZスーパータイプとほぼ同じ。
最初に発売されたものは色がブルーで、スーパーハイトスポンジタイヤとセットだった。
最近発売されたものは色がシルバーで、オフセットトレッドタイヤがセット。


●Xマイティタイプ
マイティシリーズで主に採用されたホイールと、その規格を元にしたと思われるナット止めホイール。
  • Xマイティタイプ
(ダイナホーク、レイザーギルなど)
Xシャーシのマイティミニ四駆に採用されている大径ホイール。
前後とも前輪用の細いタイヤを使う幅で、そのため販売されているものはキット、GUP共に大抵バレルタイプのタイヤとセットになっている。
オフセットは限りなくゼロに近いが、X系以外にも使える(ただしオフセットの関係でボディに干渉する場合が多い)
また、3本スポークで非常に軽量なため最高速は伸びるが、スポークの形状の都合、強度がかなり低く、非円に変形しがちなのが難点。
TTでこれを走らせると簡単にスポークが折れてしまうことも。
このホイールが採用されているキットは生産停止になっているが、ミニ四駆ステーションなどでこのホイールが単独で売られている場合がある。
また、いくつかのGUPでカーボン入りがセットされている。
こちらはかなり強度が高く、愛用者も多いが現在は入手困難(2010年3月にダイナホークGX XXスペシャルに採用されたため、手に入りやすくなった)
2010年6月、ついに通常ラインナップに加わり、現在では手軽に入手できる。
X大径のみならず、その他のシャーシでも重宝するホイールなので、いくつか持っておきたいパーツのひとつではある。
カラーは黄色、白、赤、蛍光グリーンのほか、カーボン入りのブラックがある。

実はシャイニングスコーピオンにもフロントカウルを外すだけで適合する。
  • スーパーX・ナット止め大径ナローホイール・シャフトセットタイプ
GUP。
サイズ・オフセット位置はマイティ系ノーマルホイールとほぼ同じ。
ホイール自体の強度や精度はいいのだが、シャフトに問題があり、夢パーツ扱いされている。
また、ホイールのシャフト穴も丸型で多少ながら遊びのある設計のため、下手な取り付けだとぶれてしまう。
基本カラーは濃いブルーだが、メッキタイプがいくつか出ている。


●マックスブレイカーTRFタイプ
マックスブレイカーTRFにて初採用。色はイエロー。
のちに限定販売された、サンダーショット オープントップにも通常ナイロン樹脂製のものが同梱されている。色は艶ありブラック。
スポークの構造はフルカウルTZ大径タイプとよく似ている(中央の形状が若干変更されている)が、オフセットが前輪はほぼゼロ、後輪はマイナスになっている。
そのため後輪用はSX系以外に使うには工夫が必要。
前輪のオフセット位置はマイティタイプとよく似ているが、実を言うと若干狭くなっている。
フルカウルTZ大径タイプに良く似た5本スポークのため強度が高く、精度もかなり良い。
入手しやすいので、前輪は無加工でマイティタイプホイールの代用品(どころか、強度が高いうえにオフセットもさらに狭いという上位互換)として使える。
強度、精度、オフセット位置、重量などの性能、さらに入手しやすさなど、総合的に現在のホイールの中ではマイティ型カーボンホイールと並んで最強ではないだろうか。
また、井桁ユーザーにも好まれるホイールである。

マックスブレイカーCX09に同梱のものは同形状でカーボン入り。まさに最強。
こちらは2011年6月初旬、GUPとしてPRO用カーボン入ホイール2種とのセット販売もされた。税込価格 588円。
カーボン非混入のメッキ版セットも同時販売。税込価格 567円。



●スーパーXシャーシ・大径ワンウェイホイール
サイズ・オフセット位置がマックスブレイカーTRFタイプに近い(やや広め)
2次ブーム末期に発売されたパーツのため、ワンウェイとしては精度が高いほう(それでもまだ不足気味)で、オフセット位置が狭いため、ワンウェイとしてはよく使われる方・・・
ノーマルのからし色のほかにお楽しみ抽選会で無料配布されたり2009年ニューイヤーミーティングで販売された福袋に同梱されていたホワイトや、2010年に開かれた大会の抽選会の景品だったブラックがある。
2012年にブラックが通常ラインナップ化(スーパーX・XXシャーシ 大径ワンウェイホイール(オフセットタイヤ付き)ITEM.15444)からし色の評判が良くなかったのだろうか?

●PRO標準系
  • PRO標準タイプ(初期型)
ミニ四駆PROの初期の大径車種に採用されたもの。
幅の広いMSシャーシ(のセンターユニット)にあわせるため、大径ホイールの中ではオフセット位置が最も広い。
3本スポークだが比較的強度は高く、三本スポークの欠点であった強度・精度の問題もかなり解消されていて、さらにシャフト穴もかなり頑丈になっている。
GUPでカーボン入りがある。

  • PRO標準タイプ(後期型)
ミニ四駆PROの後期(「ナイトレージJr.(ITEM.18619)」から現在)の大径車種に採用されたもの
サイズ・オフセット位置は初期型と変わらないが、スポークパターンが変更になっていて、こちらは4本スポークになっている。


●大径ナローライトウェイトホイールタイプ
もともとはGUPだが、限定キットやREVシリーズには標準で装備されているものがある。
マイティ系ホイールと同じく、前後ともホイール幅が細身のため、販売されているものはキット、GUP共にバレルタイプのタイヤとセットになっている。
直径やオフセット位置はPRO標準系ホイールの前輪用とほぼ同じ。
限定GUPでカーボン入り(ブラック)とグラスファイバー入り(ホワイト)がある。
そのほかノーマルはゴールドカラーで、スペシャル系限定キットでは専用カラーが装備されている場合がく、また大会限定でメッキ仕様などもあるため、ミニ四駆のホイールの中ではカラーバリエーションが多いモノの一つである。


●大径アルミホイール系
金属の中でも軽いアルミ製で、頑丈で精度が高いことが特徴。
しかし軽金属とはいえ金属は金属。プラ製に比べるとどうしても重たくなっている。
しかし、その重さがフライホイール効果があるのではないかと言われ、一部で再評価の動きもある。

  • 軽量アルミホイールタイプ
昔(多分2次ブームが来る少し前くらい)に限定販売されたもの。
ブルー、レッド、ゴールドメッキの3種があったらしいが・・・詳細不明、ごめんなさい詳しい人誰か頼む
Vマグナム・Vソニック ミニ四駆BOOKの作例の一つに、これと思しきホイール(ゴールド)が使われている。
写真を見る限り、素でかなりワイドトレッド(下手したらPRO標準ホイールより広いんじゃぁ・・・?)

  • HG 大径ナローアルミホイール
2009年9月に発売の最新型アルミホイール。
以前の小径アルミホイールに比べ、車軸取り付け用のプラスチックパーツが予備を含め8個(ホイールは4つ入っているので2セット分あることになる)入っていて、問題の一つはある程度解消されている。
サイズやオフセット位置は、MSシャーシに合わせた為かおおむね大径ナローライトウェイトホイールと同じで、かなりワイドになっている。
しかしプラ製アタッチメント取り付け用の穴が反対側まで貫通しているため、それを逆に取り付ければ簡単に逆挿しホイールに出来る。
HGシリーズだけあって1260円と、カーボンプレート並みに高額だが、以前の小径タイプが2個1セットで500円や550円だったことを考えると、軸穴パーツがかなり大目に付いてくることなどからもそれほど見当ハズレな値段ではなさそう。

2010年4月にブルーバージョンが発売。
ホイールそのものは言うに及ばず、取り付け用のプラスチックパーツまでブルーになった特別バージョンになっている。


●大径ローハイトホイールタイプ
初の大径LPタイプのホイール。
小径ローハイトタイプと同じく、タイヤの直径はそのままに、ホイールの系を大きくすることでタイヤを薄くしている。
タイヤが薄くなったことで、軽量化と転がり抵抗の軽減が期待できる。
どちらも、(マグナムセイバープレミアム以外の)小径のLPホイールと同じように、前後とも同じホイール・タイヤを使う。
そのため、同じランナーが二枚入っている。
また、このホイールの特長として、シャフト穴の外周部が面取りされ、取り付けた際にボールベアリングの外周部に接触しないよう設計されている。
そのため、ボールベアリングの使用に際して絶縁ワッシャーなどの追加部品の必要性が低くなった(ただしクリアランス調整などでは有効である)
裏技として、このホイールに他の大径ホイール用のゴムタイヤ(アバンテタイプ・大径オフセットタイヤの前輪用や大径バレルタイヤなど)を履かせることで、手軽に直径を通常より大きく出来る。

  • 大径ローハイトタイヤ&ホイールセット
ZERO系やTZ系などの、60mmシャフトを使うシャーシ向けのタイプ。
オフセットはMSシャーシへの使用を考慮したためかかなり広い。
カラーはGUP版が白で、トップフォース エボリューション オープントップ付属の物が蛍光グリーン、コンカラー オープントップに付属の物が蛍光イエロー。
限定GUPでカーボン入りがある。青のハードタイヤとセット。

  • スーパーX・XX大径ローハイトタイヤ&ホイールセット
X系シャーシなどの、72mmシャフトを使うシャーシ向けのタイプ。
オフセットはマイティタイプに近い。なのでミッドシップ系およびARシャーシを除き、60mmシャフトのシャーシにも流用可能で、トレッドを狭くしたい場合に有効である。
カラーはノーマル版が黒。
限定GUPでカーボン入りがある。赤のハードタイヤとセット。