[基本データ]

TYPE2の後継シャーシ。
TYPE1に対するTYPE3の関係に近い・・・が、肉抜きの形状が変わったせいで強度が低下したといわれ、実際TYPE2と比べてあまり利点が無かったのかたったの2車種(バリエーション含めても4種。しかも2つあるバリエは両方イグレス・・・)しか発売されない有様だった。
さらに言うと、もう一台のセイントドラゴンリッキー仕様はセイントドラゴンの色変えである。
これほど扱いのひどいシャーシも珍しい。・・・しかし後にTZ-Xが同じような運命を辿るとは
TYPE2との違いは

  • 上記の通り肉抜き形状や一部ディティールが変わった(半分改悪)
  • バッテリーホルダーとボディキャッチの形状も変わった
  • バッテリー位置が2mm低くなった
  • 付属ローラーの角が丸くなった(TYPE2ではエッジが立っていた)

など。
その他は大体TYPE2と同じ。
後継シャーシなので、駆動形は多少精度が上がっているかもしれないが、正直どっこいだろう。ぶっちゃけあまり変わらない・・・
リヤローラーをつけたい場合やっぱりリヤローラースタビセット、リヤースキッドローラーセットのどちらかが必要になる。

前者はミニ四駆グレードアップパーツセット クラシックVol.2
後者はミニ四駆グレードアップパーツセット クラシックVol.3

で入手可能。
以下、その他カラーバリエーション

  • グレー
基本的な色。通常ラインナップ二台(とニッセイGENKI号も?)は両方この色。

  • スモークブラック
イグレスJr. BSに採用されたシャーシ。