1次電池

アルカリ電池
正式名称はアルカリ・マンガン乾電池
公称電圧:1.5V(円筒形)
初期電圧:1.6V(円筒形)
終止電圧:約0.8-1.0V(円筒形)

現在、電池と言ったらアルカリ電池を指すといっても過言ではないほどメジャーな物。
コンビニでも買えるのでレースに出かけ現地で「しまった電池忘れた!」となってもすぐに調達出来る。
しかし電池ならどれでも良いという訳でなく、また「高い=速くて長持ち」という訳でもない。
(とはいえ、現在までに安くて長持ちする電池は見つかっていない)
現在生産されている物には使用推奨期限が記載されており、そこから推奨期限である5年(EVOLTAは10年)を引くと、生産された時期を知ることが出来る。


●メリット
  • 電圧がニッカド電池より高い
  • マンガン電池より寿命が長い
  • 入手が容易

●デメリット
  • 内部抵抗が大きい(そのため暖めて使用される場合が多い)
  • 新品未開封でも電解液と触媒の化学反応と自己放電が同時に進行し、性能が低下する。
  • ダッシュ系モーターなどの消費電力が大きいモーターには不向き。(ハイパーダッシュ系辺りまでなら対応可能)
  • 一次電池のため、コストパフォーマンスが悪い


●パワーチャンプシリーズ
ご存知タミヤの単3電池。今まで何度か代変えしてきている。
2次ブーム世代にはパワーチャンプゴールドが印象に残っている人が多いのでは?

  • パワーチャンプゴールド
全体が金ぴかピンなデザインが特徴。
両端子までゴールドターミナルのように金メッキされている。

  • パワーチャンプGR
ゴールドの後継品。
端子は金メッキされていない普通のもの。

  • パワーチャンプGR2
↑のパッケージを変えただけ(オレンジを主体にウイングバルカンのイラスト入れただけ)の代物。

  • パワーチャンプGX
↑の後継品。
パワー・スタミナが強化されているらしい。

  • パワーチャンプGXゴールド
GXの両端子を金メッキしたもの。

  • パワーチャンプFD
↑の後継品。
2本入りと4本入りがある。

  • パワーチャンプRC
その名の通りRCカー向けの単3電池。
重負荷パルス放電性能を強化したタイプで、プロポや受信機電源に最適らしい。
8本パック。

  • パワーチャンプGT


パワーチャンプFDの後継品、現行型。
ジャパンカップでは富士通支給品のアルカリ電池が強力でコースアウトが続出。
おそらく富士通のOEMであるこれも能力的にはお墨付き。


●ダイソー GigaMax
100均電池の中では高性能なほう。
特に瞬発力はかなりの物。持久力も100均にしてはそこそこにあり、HD2、HDPもラクラク回せる頼もしさ。
ただしサイズは微妙に長め(本体がやや長く+電極が短い)。
ダイソーにはたくさんの種類の電池が陳列されている為、店舗によっては置いてない場合も。
タイムアタック等にボルテージの代用品として使える、かもしれない。
最近少々品薄気味だったが、マイナーチェンジされて再登場。
旧製品が金ぴかだったのに対し、新ロットでは金と黒のツートンに変更されている。
また、パッケージもかなりデザインが変更されているため、見分けは付きやすい。
何故か旧製品も再版されたりしていて、両方並んでいる店舗も見受けられる。ただ単に製造元が違うだけか?


●キャンドゥ 単三アルカリ乾電池 10本パック
IKEA ALKALISKをはるかに上回る、アルカリ10本百円と言う驚異の低価格。
コストパフォーマンスでは間違いなく最強である。
キャンドゥ傘下のオレンジなどでも扱っている場合がある。
ただキャンドゥ創業祭などのイベント時にしか出回らないのが欠点。
ミニ四駆には使えないが、単四10本パックもある。


●IKEA ALKALISK
家具が安いと評判のIKEA(イケア)のプライベートブランド。
性能的には可もなく不可もなく(というかジャストミートで中の中)、といったところだが、何しろ安い。
10本199円と、並の100均なら無条件で腰を抜かすかケツをまくって一目散に逃げ出すような価格設定である。
各種テストやブレークインにはもってこいだろう。
欠点としてはIKEAが日本全国で数えるほどしかないこと、そしてデザインがなぜかニカドによくある真っ黄色なので見間違え安いと言うところか。
近くにIKEAかIKEAの無料シャトルバス乗り場がある人、IKEAに行く機会がある人は買ってみてもいいだろう。


●カインズホーム CAINZアルカリ乾電池
大手ホームセンターのカインズホームで売られているアルカリ乾電池。銀色とクリーム色のデザインが目印。
供給元がFDK株式会社ということもあり、性能はそこそこ。
上記のIKEA ALKALISKほどではないにしろ、8本198円で売られている。
こちらもテスト走行やブレークインにもってこいの電池だろう。


●BESTPRICE by TOPVALE アルカリ乾電池
4本88円とベストプライスな電池。以前から出ていたトップバリューアルカリ(4本298円)とは別物。
白、灰色、黄色の三色でこれまでのトップバリュー品とは色彩が異なる。
海外大量発注(シンガポール製)、時計・リモコンに最適等、不安な単語が並ぶが、意外に高い瞬発力を持つ。
安電池の宿命として持久力はあまり無いが、その安さからテスト走行や一発勝負のタイムアタックに向いているだろう。
サイズはやや大きめなので、シャーシによっては入れづらい。


●パナソニック アルカリ乾電池 LR6X


ご存知パナソニック製の赤いアルカリ電池。通称赤パナ。
家電量販店・スーパー・ホムセン等売っている店が圧倒的に多く、見つかりやすい。
性能もなかなか。
実は回復力が結構強いので、少し使ったくらいならしばらく休ませればほぼ元通り。
電池交換不可のレースでも頑張れる。


●パナソニック エボルタ乾電池 LR6EJ


パナソニック製の新しい電池。
持久力に優れ、更にパワーも十分に出るのでレースでもよく使われる。
また、赤パナと同じく回復力が結構強いので、少し使ったくらいならしばらく休ませればほぼ元通り。
寒さに強いとも言われている。
赤パナのおいてある店舗では大抵おいてあるので入手は容易だが、価格がやや高価。
通常のアルカリよりもやや大きいが、それほど極端でもないので大抵のシャーシではそのまま使える。
電池交換不可のレースでは頼もしい存在。


●日立マクセル ダイナミック LR6(W)
マクセルの廉価版電池。
性能は赤パナとほぼ同程度。
見た目がボルテージと殆ど一緒で非常に見分けづらい。
※現在、マクセル公式HPで確認出来ません。


●日立マクセル ボルテージ LR6(T)
開封直後の瞬発力は他の追随を許さない。値段も14本900円位で高価な訳でもない。
しかし持久力が低いので、ここぞという時のリーサルウェポンか。


●富士通 アルカリR-SPEC
いわゆる廉価モデル。以前は殆ど見かけなかったが、最近では量販店でもよく見かけるようになった。
標準的は売値は4本300円程度だが、特売でかなり安く買える場合も。
高い瞬発力があるが、持久力はやや低め。


●富士通 アルカリG-PLUS
ボルテージと引けを取らないぐらいの性能差。
公式大会の優勝決定戦にはこの電池が支給されるので、練習には最適と言える。
同じく富士通のD-RANGEもあるが、それに比べるとG-PLUSは長寿命タイプであるといえる。


●富士通 アルカリD-RANGE
瞬発力ではG-PLUSを凌ぐ電池。
それでも持久力はそれなりにあり、総合力ではトップクラスの電池である。
ただ、売られているお店が非常に限られていることと、少々お値段が張ること、少々サイズが大きい(エボルタよりも少し大きい)というのが難点である。
なぜかホームセンターでよく見かける気がする。

●富士通 PremiumG
新たに開発された高性能電池。
G-PLUSやD-RANGEを超える性能を持っていて(G-PLUSから30%性能アップ)ジャパンカップ2012の決勝支給電池になった。
パワーチャンプGTの中身がこれとの噂なので練習用、レース用としては最適。
入手も回転サイクルが早い店だと入手がしやすい(ヨドバシなどでよく見かける)ので比較的簡単である。


●上海問屋オリジナル アルカリ電池
ドスパラというパソコンを扱っているお店かもしくはそこの通販でしか買えないので入手しやすいとは言えないものの、100円で8本というコストパフォーマンスの高さと、そこそこのパンチ力があるためぎりぎり実用的かなと。
近所や通勤・通学路にお店があるなら試して損はないと思われる。