SuperTZ chassis

フルカウル・スーパーの中期~後期に登場。
サイクロンマグナムやハリケーンソニック、ビートマグナムやバスターソニックなど、
フルカウルのフラッグシップ的な車種に二代にわたって採用され、二次ブームの中核を担ったシャーシと言っていい。

S1以上SFM以下のホイールベース、車高は両シャーシよりも低くなっているなど
直進性を主体とながらもバランスの優れた出来となっている。
駆動伝達もZEROやS1と同じピンククラウン+1.4mmプロペラシャフトの組み合わせでポテンシャルが高い。
またフロントバンパーに深いリブをつけることで未だスリットはあるものの、
S1やそれ以前のシャーシの弱点であったバンパーの強度は改善されている。
また、SFMと同じくリヤステーが標準で装備されている。
標準的なものは強度・剛性共に低く(特に剛性)実戦で使うには心もとないが、
ビートマグナムや同TRF、バスターソニックなどに装備されている専用のリヤステーは欠点が大幅に改善され、
さらにネジ穴が追加されたことで汎用性も高くなっており、少しの補強で実戦投入が可能なほどのものだった。
材質はABS樹脂とグラスファイバー入りが販売された。



以下、スペシャルキットに入っているTZシャーシは、グラスファイバー混入ABS樹脂製。

  • サイクロンマグナム スペシャルキット
  • ビートマグナム スペシャルキット

以下、その他カラーバリエーションなど

  • ブラック
最も標準的な色。
基本的に大抵の車種はこの色。

  • ホワイト
限定GUP。シャーシの色変えでは定番の色。
あまり出回らなかったので知らないユーザーも多い。

  • パープル
限定GUP。青S1、スモークSFMと同時発売。
二次ブーム時に発売され、青S1、スモークSFMと一緒にかなりの量が出回ったので知名度が高い。
たまに残っているところがある。

  • レッド
「ペンションりんごじゃむ」で限定販売されたもの。かなりの希少品。
同時に同じ色のVSシャーシが販売された所為か影が薄い。
本当にTZシャーシが好きな人しか持っていない為、見かけることは皆無。
ある意味りんごじゃむVSよりも希少なシャーシなのに、需要が殆ど無い不遇なシャーシである。

  • スモーク
限定キットで採用された色。
ギヤケースは色が違った模様。

  • クリアパープル
サイクロンマグナム・同TRF・ハリケーンソニック・ビートマグナム
上記4種のリミテッドスペシャルに同梱された色。
ちなみに付属するギヤカバー、リヤステーは白色である。

後継となるTZ-Xシャーシは別項目にて。