ミッドシップとは、動力機関を中央に配置する方式の事。
両シャーシとも、ダブルシャフトモーター(通称両軸モーター)という従来のものと異なる専用のモーターを採用し、センターにモーターを配置し前・後輪ともダイレクトに動力を伝えているのが特徴。
二次ブームを過ぎ、21世紀に入り最初に開発されたのが、初のミッドシップ構造を持つMSシャーシである。前部、中部、後部でシャーシをユニットで3分割するという画期的なシャーシだった。
2005年に発売されて以来、各ユニットのマイナーチェンジを繰り返し熟成されたMSシャーシだが、2013年にタミヤから新たなミッドシップシャーシであるMAシャーシが発表された。
こちらは駆動系をMSシャーシから更に洗練させたほか、ARシャーシのノウハウを取り入れた一体構造を備えているようだ。

MS
MA