• 大阪市大正区
店名 常設コース 最終設置確認日 コース利用料
八島模型店 3レーン 2016年 無料
ミニ四駆ステーション 営業時間 定休 備考
AM9:00~PM7:00 不定休 老舗店舗の1つ。おじさんとおばさんがいて、おじさんは商品説明や大会運営云々、おばさんは会計処理をしている。
常設コースは窮屈ながらも約70mあり、利用料に有料が多い昨今、無料を貫いているのは評価に値する。
ピットは一応用意されているが、スペースがせまく電源供給もない。大会は月2回開催されている。
特徴と言えるのは品揃えで、キット・パーツ・AOはもちろん、絶版になったキットやパーツが販売されている事もある。
場所はやや離れているが、タミヤ主催公式大会の会場として提供されている、京セラドーム大阪の帰りに利用してみてはいかがだろうか。

  • 大阪市浪速区
店名 常設コース 最終設置確認日 コース利用料
ジョーシンスーパーキッズランド本店 3レーン×2~3 2017/3/1 無料(入会費・年会費無料の会員カードが必要)
ミニ四駆ステーション 営業時間 定休 備考
平日:
10:15~20:00
土日祝:
10:00~20:00
無し
(ただし、備考欄にある通りイベント等でコースが撤去されている場合あり)
コースは時たまレイアウトが変わり難易度の差も結構ある。
コースの周りにピット作業用の長机とパイプ椅子約20脚が設置されている。
コース設置場所はイベントスペースを兼ねるため、ホビーショウ後の展示イベントなどの期間中は撤去されているので注意。そういった場合は木曜日の夕方に封鎖される。
3階が丸ごとタミヤ模型のスペースとなっているので、タミヤ製品なら絶版品でない限り一般流通、AO、宮沢限定問わず大抵手に入る。パーツ・キットとも関西随一の品ぞろえ。
AOなど一部を除いて2割引きなのもいうれしい。
全てのキットではないが、シャーシやボディやホイール・タイヤなどのバラ売りあり。
たまに在庫が出てくるのか珍しいものが並んでいる事もある。

店名 常設コース 最終設置確認日 コース利用料
ヤマダ電機 LABI1なんば 3レーン×2程度 2017/3/1 無料
ミニ四駆ステーション 営業時間 定休 備考
店自体人が少ない。
ゲキドライヴのコースと隣接し、共有の丸テーブルが2つある。
3m×3mほどの正方形のスペースにコースを設置しているためコース変更は望み薄。
品揃えはAO含め多く値段はメーカー希望小売価格の1.5割引ぐらい。

店名 常設コース 最終設置確認日 コース利用料
面白デジモノの店(ぽんばしサーキット) 3レーン×5以上 2016/2/8 500円
ミニ四駆ステーション 営業時間 定休 備考
2階(実質3階)に狭いながらも立体的なので距離は長いコースを設置。
自家製ジャンプ台など難易度はかなり高め。(店員に言えば見学可能)
1階は限定品や塗装済みのクリアボディ、独特なデザインに仕上げたFRPプレートなど他とは違うミニ四駆商品を売っている。
値段は高いがこだわったマシンに仕上げたいなら一見の価値有り。

店名 常設コース 最終設置確認日 コース利用料
DRIBARLABO 5レーン/3レーン 2017/5月中頃 有料
(曜日やオプションによって異なる為HP参照)
ミニ四駆ステーション 営業時間 定休 備考
曜日によって異なる為HP参照 年中無休 当初は箕面市で2016年9月にオープンしたが、12月に日本橋に移転しリニューアルした。
関西圏では唯一5レーンコースが常設。もちろん3レーンのJCJCコースもある。
テーブル・電源供給完備。飲食物は持ち込み可能(店内に自販機が設置されている。100円から120円程度)。
店舗はビルで4階にある。下記に記しているスーパーラジコン大阪日本橋店は階段だが、DRIBARLABOはエレベーター完備なので、キャリアケースなどの大きな荷物を運ぶのは苦労しない。
5レーン・3レーンともレイアウトは不定期的に変更。大会は積極的に開催されていてコースは主に5レーンを使う。3レーンは主にタイムアタック用途で使われている。
利用価格は他の常設店より高めだが、たまにキャンペーンとして割引する場合がある。
大会の他にクリアボディを使った塗装講座有。
また工具スペースがあり、こちらは有料オプション扱いとなる。
品揃えは上記のスーパーキッズランド日本橋店より劣るが優秀。

  • 大阪市中央区
店名 常設コース 最終設置確認日 コース利用料
スーパーラジコン大阪日本橋店 3レーン 2017/5月中頃 中学生以上1日500円
ラジコンサーキットをご利用の場合は走行無料
ミニ四駆ステーション 営業時間 定休 備考
月曜日~土曜日
AM11:00~PM20:30
日曜日・祝日
AM10:00~PM19:30
年中無休
年末年始を除く
テレビ東京系特別番組、ミニ四駆選手権2016で紹介された常設店。
店名は大阪日本橋と記されているが、住所は大阪市中央区高津3丁目にある。
コースはフラットコースと立体コースの2つが分かれていて、どちらもコースの規模は大きく、特に立体コースが占めている。
ピットも完備されていて電源供給もある。ピットは冷暖房を設備されているが、コースは別仕切りになっていて窓を開けて夏場は扇風機を回しているだけなので、特に猛暑の時期には要注意。
また売り場が2階でコースは3階にあるが、エレベーターは完備されておらず、階段で利用せざるを得ないので、キャリアケースなどの大きな荷物を運ぶ際には苦労するのが難点。
品揃えは優秀で、AOパーツのみならず宮沢や海外限定キットが販売されている。

  • 門真市
店名 常設コース 利用料 ミニ四駆ステーション 営業時間 備考
ジョーシン門真店 3レーン 無料・要ジョーシンカード - 10:00~20:00 JCJC40m級の立体コース。
レイアウトは、毎月ではないがちょくちょく変わる。
利用時は、レジ係りに声をかけて利用者証をもらって首にかけて遊ぶ。充電不可。ケミカル使用不可。
ピット・テーブルは無く、コース内空きスペースに座り込み。
帰りに利用者証返却を忘れないこと。他イベント時撤去有。パーツの品揃えはAOを含めてキッズランドとしては豊富な方。価格もキッズランドは基本2割引。

  • 高槻市
店名 常設コース 利用料 ミニ四駆ステーション 営業時間 備考
マンガ倉庫高槻店 3レーン 無料 9:00~26:00 JCJC140m級のフラットもどきコース。2015/2~コース設置スペースが拡張された。2015/5にレイアウト変更されて以降、2015/7現在変更されていない。
コースの管理は、お世辞を言うこともできないくらいの放置状態。使用側が好意でお店から養生テープを借りて補修しているが、部品タグやテープ多重張りで隙間を埋め、これが原因でコースアウト、減速するなど鬼畜な状態となっている。
マシンを走らせる前には十分にコースメンテをすることをオススメする。充電は店員に問い合わせると良い返事がもらえることもある。
ピット・テーブル有り。パーツの品揃えはAOを含めて豊富だが、良く使う消耗部品は欠品していることが多い。
プレミア品など高額なものもたまにある。毎月2回土曜日に小さい大会(20人規模)が開催される。以前はミニ四駆ステーション認定されていたが、2015/4現在認定解除されている。

閉店&常設終了

店名 常設コース 利用料 備考
お宝家大東店 3レーン 無料
(会員カードが必要)
大阪府大東市に存在していた店舗。
元々ミニ四駆は取り扱っていなかったが、2015/7/4~コースが設置・開放された。
JCJC80m級の立体コース。当初は酷いコースセッティングだったらしいが、閉店するまでそれなりに楽しめられるようになっていた。
充電電源は用意。ピット・テーブル有り。パーツの品揃えはAOを含めて豊富。
プレミア付き商品大量。受付でメンバーズカード(ポイントカード)を提示要。
ほぼ毎週金曜日にナイトレース(18:00~)、日曜日にお宝家カップ(12:00~)が開催されていた。
お宝家カップはレジ横で販売されているアルカリ電池(100円+税)のみ使用可。
2017年5月閉店。

店名 常設コース 利用料 備考
文具とプラモの店 タギミ 3レーン 無料 大阪府高槻市に存在。コースは毎週日曜日のみ設置していた。
コースは基本外だが、悪天候の場合は休業している店舗のそばを利用していた。
しかし、周辺はマンションが密集している場所である為、近辺住民から騒音の苦情が出ていた。
2012年3月を以て常設コースの設置は終了し、ミニ四駆の販売を撤退したが、お店自体は現在も営業は続けている。