ベアリングローラーは通常のプラローラーと違い、種類によって多種多様の特性、能力を持つ。
ただ「ベアリングだから」と付けるだけでは速くなるどころか、まともに完走すら出来なくなる事だってある。
それぞれの能力をしっかり覚え、見極めよう。

尚、ベアリングとは本来軸受け全般を指すが、ここで説明するのは「ボールベアリング(玉軸受け)」のみとする。


外周部の形状や材質による違い

ベアリングローラーの要素で、最もラップタイムに影響する要素。

  • エッジの鋭いローラー
<該当するローラーの例>
  • 9mmボールベアリング
  • 850ベアリング
  • 11mmアルミベアリングローラー パッシングタイプ(逆さに取り付けた場合)
  • 軽量2段アルミローラーセット(13-12mm)
等。

ローラーのカド(エッジ)が鋭いローラーは、フェンスに食いつきマシンを抑え込む力がある。
そのため高速でコーナーやレーンチェンジに侵入してもコースアウトを防いでくれる頼もしいローラー。
S字レーンチェンジ攻略の際はフロント、特に右前には必須といえる。

ただしコースに食いつくということは、ボールベアリングといえど少なからず抵抗が生じる。
6個全て噛むローラーにすると重たい走りになってしまう点には注意しよう。


  • エッジの鋭くないローラー
<該当するローラーの例>
  • 11mmボールベアリング
  • 13㎜ボールベアリング
  • 830ベアリング
  • 2段アルミローラー各種
  • 11mmアルミベアリングローラー パッシングタイプ(順向きに取り付けた場合)
  • 19mmオールアルミベアリングローラー
  • 13mmオールアルミベアリングローラー

エッジが鋭くないため、鋭いローラーとは逆にフェンスにはあまり食いつかず走行する。
安定しづらい反面抵抗も少ないので、エッジの鋭いローラー以上に高速でコースを走ることができる。
逆に言うとふんばりがないのでS字レーンチェンジ攻略などには向かないローラー。
レーンチェンジがバーニングブリッジタイプ(バンクカーブタイプ)のコースの場合、このタイプのローラーで攻めてみると良いかもしれない。
2段アルミローラーは、それほどエッジが鋭くないものの、逆吊り(上下逆、つまり直径の大きいほうを上にして設置する)にすると食いつきが強くなる、
オールアルミローラーは走り込むことでエッジが立ってくる等、使い方次第で特性が変わる物もある。


  • ゴムリング付きアルミベアリングローラー
<該当するローラーの例>
  • 19mmアルミベアリングローラー各種
  • 17mmアルミベアリングローラー

ゴムリング特有の食いつきの強さとボールベアリングの回転の良さ、両方を併せ持ったローラー。アルミなので軽量。
ローラー径が大きい物が多いのも特徴。スピードアップと安定化両方を得られるため、コースアウトに悩む初心者にはお勧め。

しかしボールベアリング搭載とはいえゴムリングはゴムリング。
他の部分でコースアウトを防げる腕を持つ中級者以上のレーサーは、最高速に達せないことを嫌ってあまり使用しない。
ウルトラダッシュ・プラズマダッシュ等の超ハイパワーモーターを使う時か、壁面の材質が堅く食いつきにくい公式コースでリヤに1つだけ取り付けるぐらいか。
アルミ+スポーク入り故の脆さがあるのも注意点。(ただし、ディッシュタイプは穴の無いただの円盤型なので従来の物よりも強度が高い。)
ちなみに、19mmローラーは3本スポークタイプより5本スポークタイプの方が強度は高い。これは、ただ単にスポーク数の問題だけではなく加工方法による違いもあるためである。
5本スポークタイプはシャーリング(打ち抜き)加工で作っているため加工硬化で幾分硬さが上がっているが、ワイヤー放電加工で作っている3本スポークではそれがほとんどないのである。

ちなみに、ゴムリングが標準の黒含めて5色ある(黒以外はGUP)。
他の色は現在生産停止中、というより2次ブーム時で生産が終了しているが、あちこちの店に残っているので探せば入手できる。劣化に強いのでお勧め
(黒は環境にもよるが1年もたたないうちにひび割れる。しかしカラー版は2次ブームから10年以上たった現在も劣化していない)
ゴムリングの表面に樹脂混入方接着剤を塗ってあげると抵抗を大幅に減らせる。
タイヤ表面の改質については禁止されているが、ローラーに関しては禁止されていないので有効な方法といえる、かも知れない。


  • プラリング付きアルミベアリングローラー
<該当するローラー>
  • 19mmプラリング付アルミベアリングローラー各種
  • 17mmプラリング付アルミベアリングローラー

プラリングとボールベアリングによりローラー中トップクラスの抵抗の少なさ。
ローラー径が大きいことも加わり、高速で走りぬけることができる。
が、アルミ+スポーク入りゆえ強度が低く、自身のスピードも手伝い一回クラッシュしただけでダメになってしまうことも。
またクラッシュせずとも衝撃には弱いため、ウェーブなど小刻みに振られるコースには向いていない。
よって、フロントよりリヤに二段でつけるのがお勧め(フロントより衝撃が少なく、二段にすることで力も分散されるから)

…が、しかしデジタルカーブで、走らせた2台が2台とも二段にしていた19mmプラリンの下段が片方歪んでいたと言う被害報告もあり、このセクションがある場合は注意(若しくは覚悟?)が必要。
これは上記のゴムリングタイプでも起こりうる。
特に17mmはスポークが細いので破損する可能性が高い。
上記のゴムリングタイプと同じく、19mmタイプは加工方法などの問題で3本スポークより5本スポークの方が強度が高い。


  • ハイブリッドタイプ
<該当するローラー>
  • ゴムリング付 2段アルミローラーセット(13-12mm)

13-12mmの2段アルミローラーの上段部がゴムリング付きになっているタイプ。
下段の13mm部分は通常のエッジのゆるいタイプのアルミローラーなので、通常は抵抗が少ない状態で走行できる。
車体が傾いたときのみ、従来の支えるだけの2段ローラーと違い強い減速効果がある。
また、逆釣りにした際も従来より高い制御効果が期待できる。


外径(直径)による違い

現在では、FRPプレートなどと組み合わせてローラーの幅を規定値の105mm近くまで広げるセッティングが主流で、そのようにしたい場合サイズによってバンパー上のセッティングを変化させる必要がある。
あわせてFRP&アルミプレート各種の項も読んでおくとわかりやすい。

  • 5mmサイズ
<該当するローラー>
  • 520ボールベアリング(MSギヤベアリング)
性能は高い(ただ当たりハズレが多いとも言われる)が直径が小さすぎるため、ローラーとして使う場合はアルミローラーの軸に使われる。
また、内径が5mmのボールベアリングと組み合わせて二重ベアリングにするユーザーも多い。

  • 6mmサイズ
<該当するローラー>
  • 620ボールベアリング
520と同じく、性能は高いが直径が小さすぎるため、ローラーとして使う場合は主に二段アルミローラーの軸に使われる。

  • 8mmサイズ
<該当するローラー>
  • 830ボールベアリング
  • 850ボールベアリング
  • 2段アルミローラー(9-8mm)(上段)
ワイドプレートとの相性はあまり良くない(一応、取り付け方次第ではかなり広げられる)が性能が高く、AOパーツで販売されているため手に入りやすいこともありよく使われる。
特にFRPプレートをネジ止めではなく接着して使う井桁では人気(自分で位置決めするため)
カウンターギヤに仕込まれることも多い。
余談になるが、850は主に金属シールタイプが出回っているが一時期ゴムシールタイプがAOで流通していた(現在のパッケージになる前のオレンジタグのころ)
2段アルミローラー(9-8mm)の上段もこのサイズとなるが、こちら側ベアリングローラーは通常のプラローラーと違い、種類によって多種多様の特性、能力を持つ。
ただ「ベアリングだから」とつけているだけでは速くなるどころか、まともに完走すら出来なくなることだってある。
それぞれの能力をしっかり覚え、見極めよう。

尚、ベアリングとは本来軸受け全般を指すが、ここで説明するのは「ボールベアリング(玉軸受け)」のみとする。


外周部の形状や材質による違い

ベアリングローラーの要素で、最もラップタイムに影響する要素。

  • エッジの鋭いローラー
<該当するローラーの例>
  • 9mmボールベアリング
  • 850ベアリング
  • 730ベアリング(限定)
  • 10mmボールベアリング(限定)
  • 11mmアルミベアリングローラー パッシングタイプ(裏向きに取り付けた場合)
  • 軽量2段アルミローラーセット(13-12mm)
等。

ローラーのカド(エッジ)が鋭いローラーは、フェンスに食いつきマシンを抑え込む力がある。
そのため高速でコーナーやレーンチェンジに侵入してもコースアウトを防いでくれる頼もしいローラー。
S字レーンチェンジ攻略の際はフロント、特に右前には必須といえる。

ただしコースに食いつくということは、ボールベアリングといえど少なからず抵抗が生じる。
6個全て噛むローラーにすると重たい走りになってしまう点には注意しよう。


  • エッジの鋭くないローラー
<該当するローラーの例>
  • 11mmボールベアリング
  • 13㎜ボールベアリング
  • 830ベアリング
  • 2段アルミローラー各種
  • 11mmアルミベアリングローラー パッシングタイプ(順向きに取り付けた場合)
  • 19mmオールアルミベアリングローラー
  • 13mmオールアルミベアリングローラー

エッジが鋭くないため、鋭いローラーとは逆にフェンスにはあまり食いつかず走行する。
安定しづらい反面抵抗も少ないので、エッジの鋭いローラー以上に高速でコースを走ることができる。
逆に言うとふんばりがないのでS字レーンチェンジ攻略などには向かないローラー。
レーンチェンジがバーニングブリッジタイプ(バンクカーブタイプ)のコースの場合、このタイプのローラーで攻めてみると良いかもしれない。
2段アルミローラーは、それほどエッジが鋭くないものの、上下逆、つまり直径の大きい方を上にして設置すると食いつきが強くなる、
オールアルミローラーは走り込むことでエッジが立ってくる等、使い方次第で特性が変わる物もある。


  • ゴムリング付きアルミベアリングローラー
<該当するローラーの例>
  • 19mmアルミベアリングローラー各種
  • 17mmアルミベアリングローラー

ゴムリング特有の食いつきの強さとボールベアリングの回転の良さ、両方を併せ持ったローラー。アルミなので軽量。
ローラー径が大きい物が多いのも特徴。スピードアップと安定化両方を得られるため、コースアウトに悩む初心者にはお勧め。

しかしボールベアリング搭載とはいえゴムリングはゴムリング。
他の部分でコースアウトを防げる腕を持つ中級者以上のレーサーは、最高速に達せないことを嫌ってあまり使用しない。
ウルトラダッシュ・プラズマダッシュ等の超ハイパワーモーターを使う時か、壁面の材質が堅く食いつきにくい公式コースでリヤに1つだけ取り付けるぐらいか。
アルミ+スポーク入り故の脆さがあるのも注意点。(ただし、ディッシュタイプは穴の無いただの円盤型なので従来の物よりも強度が高い。)
ちなみに、19mmローラーは3本スポークタイプより5本スポークタイプの方が強度は高い。これは、ただ単にスポーク数の問題だけではなく加工方法による違いもあるためである。
5本スポークタイプはシャーリング(打ち抜き)加工で作っているため加工硬化で幾分硬さが上がっているが、ワイヤー放電加工で作っている3本スポークではそれがほとんどないのである。

ちなみに、ゴムリングが標準の黒含めて5色ある(黒以外はGUP)。
他の色は現在生産停止中、というより2次ブーム時で生産が終了しているが、あちこちの店に残っているので探せば入手できる。劣化に強いのでお勧め
(黒は環境にもよるが1年もたたないうちにひび割れる。しかしカラー版は2次ブームから10年以上たった現在も劣化していない)
ゴムリングの表面に樹脂混入方接着剤を塗ってあげると抵抗を大幅に減らせる。
タイヤ表面の改質については禁止されているが、ローラーに関しては禁止されていないので有効な方法といえる、かも知れない。


  • プラリング付きアルミベアリングローラー
<該当するローラー>
  • 19mmプラリング付アルミベアリングローラー各種
  • 17mmプラリング付アルミベアリングローラー

プラリングとボールベアリングによりローラー中トップクラスの抵抗の少なさ。
ローラー径が大きいことも加わり、高速で走りぬけることができる。
が、アルミ+スポーク入りゆえ強度が低く、自身のスピードも手伝い一回クラッシュしただけでダメになってしまうことも。
またクラッシュせずとも衝撃には弱いため、ウェーブなど小刻みに振られるコースには向いていない。
よって、フロントよりリヤに二段でつけるのがお勧め(フロントより衝撃が少なく、二段にすることで力も分散されるから)

…が、しかしデジタルカーブで、走らせた2台が2台とも二段にしていた19mmプラリンの下段が片方歪んでいたと言う被害報告もあり、このセクションがある場合は注意(若しくは覚悟?)が必要。
これは上記のゴムリングタイプでも起こりうる。
特に17mmはスポークが細いので破損する可能性が高い。
上記のゴムリングタイプと同じく、19mmタイプは加工方法などの問題で3本スポークより5本スポークの方が強度が高い。


  • ハイブリッドタイプ
<該当するローラー>
  • ゴムリング付 2段アルミローラーセット(13-12mm)

13-12mmの2段アルミローラーの上段部がゴムリング付きになっているタイプ。
下段の13mm部分は通常のエッジのゆるいタイプのアルミローラーなので、通常は抵抗が少ない状態で走行できる。
車体が傾いたときのみ、従来の支えるだけの2段ローラーと違い強い減速効果がある。
また、逆釣りにした際も従来より高い制御効果が期待できる。


外径(直径)による違い

現在では、FRPプレートなどと組み合わせてローラーの幅を規定値の105mm近くまで広げるセッティングが主流で、そのようにしたい場合サイズによってバンパー上のセッティングを変化させる必要がある。
あわせてFRP&アルミプレート各種の項も読んでおくとわかりやすい。

  • 5mmサイズ
<該当するローラー>
  • 520ボールベアリング(MSギヤベアリング)
性能は高い(ただ当たりハズレが多いとも言われる)が直径が小さすぎるため、ローラーとして使う場合はアルミローラーの軸に使われる。
また、内径が5mmのボールベアリングと組み合わせて二重ベアリングにするユーザーも多い。

  • 6mmサイズ
<該当するローラー>
  • 620ボールベアリング
520と同じく、性能は高いが直径が小さすぎるため、ローラーとして使う場合は主に二段アルミローラーの軸に使われる。

  • 8mmサイズ
<該当するローラー>
  • 830ボールベアリング
  • 850ボールベアリング
  • 2段アルミローラー(9-8mm)(上段)
ワイドプレートとの相性はあまり良くない(一応、取り付け方次第ではかなり広げられる)が性能が高く、AOパーツで販売されているため手に入りやすいこともありよく使われる。
特にFRPプレートをネジ止めではなく接着して使う井桁では人気(自分で位置決めするため)
カウンターギヤに仕込まれることも多い。
余談になるが、850は主に金属シールタイプが出回っているが一時期ゴムシールタイプがAOで流通していた(現在のパッケージになる前のオレンジタグのころ)
2段アルミローラー(9-8mm)の上段もこのサイズとなるが、こちら側のサイズを前提にセッティングする事は無い。

  • 9mmサイズ
<該当するローラー>
  • 9mm(950)ボールベアリング
  • 2段アルミローラー(9-8mm)(下段)
ワイドプレートとの相性が非常によく(そもそもワイド化の改造はこのローラーを使った作例が始まり)性能も高い。
通常ラインナップで手に入りやすいこともあり、初心者からヘビーユーザーまで広く使われる。

  • 11mmサイズ
<該当するローラー>
  • 11mm(1150)ボールベアリング
  • 11mmアルミベアリングローラー パッシングタイプ
もともとラジ四駆の展開に合わせてミニ四駆に導入されたサイズのため、中途半端でワイドプレートとの相性はあまり良くなかったが、ARシャーシ登場以降は11mmに対応したワイドプレートが増えている。
ラジ四駆のバンパーに取り付ければラジ四駆規定の幅まで広げられる。
9mmよりも分厚く重いこともあり、あまり使っているユーザーもおらず、9mmや13mmが売り切れている横でぽつんと残っていることも多い。
ダンガン用の11mmアルミベアリングローラーは取り付ける向き(裏表)によって食いつきが変わるという特性がある。
また、表側はネジ頭が引っ込むようになっている。
ちなみに、1150ベアリングはラジ四駆用として発売される前に「ミニ四駆ローラー用ボールベアリングセット(中)」という名称で限定販売されたことがある。

  • 12mmサイズ
<該当するローラー>
  • 2段アルミローラー(13-12mm)各種(上段)
2段アルミローラーの上段がこのサイズとなるが、それしか存在しないため、基本的にこのサイズを前提にセッティングする事は無い。

  • 13mmサイズ
<該当するローラー>
  • ローラー用13mmボールベアリング
  • ローラー用13mmボールベアリングⅡ
  • 2段アルミローラー(13-12mm)各種(下段)
  • 13mmオールアルミベアリングローラー
ワイドプレートとの相性が非常にいい(こちらもワイドプレート発売の前にワイド化の改造作例があったため)

現在入手が容易なのは「ローラー用13mmボールベアリングⅡ」と「13mmオールアルミベアリングローラー」、次点で「2段アルミローラー(13-12mm)」と言える。
13mmベアリングはボールベアリングを直接ローラーとして利用しているパーツとしては最も直径が大きいため、公式用セッティングのフロントにはもってこいだろう(特にレーンチェンジがバーニングブリッジタイプの場合やデジタルカーブの時)

過去販売されていた旧13mmボールベアリングは生産時期によって厚みが2種類(透明シールと黒シール)あるが、黒シールは透明シールタイプに比べて1ミリほど分厚くなっているため、回転性能も劣る上に重たい。
そのため、二重ベアリングや玉減らしをやってようやく使えるような状態。
旧13mmボールベアリングを買う際には、透明シールタイプをおすすめする。

  • 17mmサイズ
<該当するローラー>
  • 17mmアルミベアリングローラー
  • 17mmプラリング付アルミベアリングローラー
サイズが中途半場でFRPプレートとの相性が悪い事が多いが、一部17mm向けの穴があるプレートも存在するので、装着位置の調整等で使える場合もある。

  • 19mmサイズ
<該当するローラー>
  • 19mmアルミベアリングローラー
  • 17mmプラリング付アルミベアリングローラー
  • 19mmオールアルミベアリングローラー
FRP強化マウントプレートやFRPマルチ補強プレート、SX用FRPプレートなど現在主流のFRPプレートとの相性がよく、特別な改造なしでそのまま取り付けるだけでかなり規定値に近づく。
プラリング付の物は若干サイズが大きい(ノギスで測ってみたところ19.20~19.25mm)。
ただし、摩耗によって経が少しずつ小さくなるので注意。


内径による違い

内側の穴のサイズによって、固定方法や利用方法が変わってくる。

  • 2mmサイズ
<該当するローラー>
  • 520ベアリングを使っているローラー
ビスで直接固定できるが、アルミベアリングローラー等に付属のスペーサーを一緒にセットしないと余計なところが接触し、うまく回らない。
ピン打ちを用いる際、直接モーターピンに装着できるサイズでもある。

  • 3mmサイズ
<該当するローラー>
  • 830ボールベアリング
キットに付属している段つきビスや、FRPプレートにセットされている3mmローラー用真鍮スペーサーが利用できるが、がたつきが大きくそのままでは使えない。
その場合、アルミ可変ダウンスラスト初期型に付属したM3ワッシャーか、モーターの中の3mm穴の絶縁ワッシャーを一緒にセットしてやるといい。
まぁアルミベアリングローラーなどに付属のスペーサーを使うのが一番速く、確実なのだが・・・

  • 5mmサイズ
<該当するローラー>
  • 850ボールベアリング
  • 9mmボールベアリング
  • 11mmボールベアリング・
  • ローラー用13mmボールベアリング
  • ローラー用13mmボールベアリングⅡ
850ボールベアリング以外は専用のスペーサーが付属しているので、それを使えば特に問題ない。
もしない場合は、850、9mm、13mmベアリングならMSシャーシに付属の520プラベアリングを中心に二枚の6mmワッシャーで挟むようにしてやれば固定できる。
11mmは厚みがあり、その所為で520プラベアリングでは長さが足りないので、小ワッシャーを一緒に挟むなど何らかの工夫がいる

520ボールベアリングの外径と合致するため、それを利用して二重ベアリングにすることが可能。



  • 読みづらかった部分の修正、今ではまず入手出来ない超限定品の記述の削除等 -- 名無しさん (2018-06-06 02:11:55)
名前:
コメント: