ミニ四駆で用いられる直径(φ)一覧(単位はミリメートル)
追記、訂正募集!


0.8

ノーマルモーター内のマグネットを固定する針金の直径。
可変ダウンスラストローラーのスプリングの直径。
細い針金が必要なときに使われる。

1.4

ゼロシャーシ以降のほとんどの片軸シャーシのプロペラシャフトの直径。

1.7

スタビライザーポールの直径。
ネジ穴の下穴として、このサイズのピンバイスが用いられることがある(キツ目)。

1.8

φ1.7に同じく、ネジ穴の下穴としてこのサイズの穴を空けることがある。
ポリカABSは最低でもこれくらいで空けないと割れることがあるとか。

1.9

同じくネジ穴の下穴として(以下略)

2.0

外径
ミニ四駆で用いられるビス類の直径のスタンダード。
とりあえずφ2.0の穴を開ければ、ネジはするすると通り抜ける。
ただし、段付きビスの段はφ3.0。

他にも、六角シャフトの最も太い所がだいたい2.0mmになっている。
厳密には1.95寄りで、ブラック強化シャフトは塗膜のせいか2.0mmを超える場合がある。

また、φ1.4でない古いプロペラシャフトはφ2.0。
2.0mm中空ペラシャは精度が高く加工しやすいφ2.0の円柱として使われることもある。

モーターピンは2.0より若干太く、2.05とも読み取れる。
そのため、プラスチック素材のφ2.0にはがっちりと嵌まり、
金属のφ2.0には圧入する必要がある。

内径
もちろん、520や620の内径でもある。

2.5

ハトメの外径がこの付近である。
つまり、ハトメを受けるキット付属のパーツの内径も2.5。

2.6

スタビライザーポールの根本の真鍮部分。

3.0

外径
真鍮製スペーサー二種の外径がこれ(段部分はφ4.0)。
また、段付きビスの段部分もこれである。
また、モーター内部の白い樹脂にこの太さの部分があり、改造に使われる。
細かいところでは、520ベアリング内蔵ローラーに付属する段付きワッシャーの段の外径も。

内径
真鍮製スペーサーで支えるローラーの内径はこれである。キット付属のローラーや、GUPの低摩擦プラローラーが当てはまる。
また、830ローラーの内径であり、上記のモーター内部パーツと共に使われることがある。

4.0

アルミスペーサーの外径。
また、段付き真鍮スペーサーの太い部分。
また、ノーマルナットの対辺。

5.0

外径
その名の通り、520ベアリングの外径。
その代わりになるMSシャーシやMAシャーシのプラベアの直径でもある。

内径
520ベアリングが入る、アルミベアリングローラーや両軸シャーシのカウンターギヤの軸受け部分。
また、MSシャーシの交換部品であるN-4、T-4の軸受けとして520ベアリングが使えるパーツが選択できる。

6.0

外径
その名の通り、620ベアリングの外径。
その代わりになるキット付属の軸受けの直径でもある。

内径
620ベアリングが入る、ドライブシャフト受けや片軸シャーシのカウンターギヤの軸受け部分。

7.0

7mmベアリングローラーの外径。製品名に「ローラー用」と付いたベアリングでは最も小さい。
第二次・第三次ブームで1回ずつ限定品として出た。(どちらも青シール)
小さすぎるしワイドプレートとの相性も良くなく、何より830で事足りるため、
今となっては忘れられた存在。

8.0

830,850の二種類のベアリングローラーの外径。

9.0

9mmベアリングローラーの外径。

11.0

11mmベアリングローラーの外径。

13.0

13mmベアリングローラー、13mmオールアルミベアリングローラーの外径。

16.0

GUPや一部のキット付属のプラローラーの外径。

17.0

17mmアルミベアリングローラーの外径。
ワイドスライドダンパー付属のテーパーローラーの外径。

17.5

小径ホイールのリブを除いた部分の外径がこのへん。
個体差や素材の差がある模様。

19.0

19mmアルミベアリングローラーの外径。19mmオールアルミベアリングローラーの外径。

20.0

ローハイトホイールのリブを除いた部分の外径がこのへん。

21.0

スライドダンパー付属の超大経プラローラーの外径。

22.0

ミニ四駆公式レギュレーションで用いることが出来る、タイヤの最小径。
小径ホイール+スーパーローハイトスポンジタイヤがこれに近いらしい。

23.5

大径ホイールのリブを除いた部分の外径がこのへん。

24.0

小径ホイール+タイヤがこのへん。

24.5

大径ローハイトホイールのリブを除いた部分の外径がこのへん。

26.0

ローハイトホイール+ローハイトタイヤがこのへん。

28.0

大径ホイール+ローハイトタイヤがこのへん。

31.0

大径ホイール+大径タイヤ及び
大径ローハイトホイール+大径ローハイトタイヤがこのへん。

35.0

ミニ四駆公式レギュレーションで用いることが出来る、タイヤの最大径。
大径ホイール+スーパーハイトスポンジタイヤの直径がこれに近い。