プラローラー

安っぽさからあまり使えない印象があるが、実は結構使えるパーツ。
チューン系モーターなら十分だし、ダッシュ系でも低摩擦タイプをリアに使用している人が多い。
回転しないように固定してスタビヘッドの代わりにもなる。
ゴムリング装着型はゴムを外せば1mm下のサイズとして使用可能。(場所によってはゴムを外す事が認められない場合もあるので注意)

プラローラーって大きさと形以外基本性能は一緒でしょ?と思う人もいるだろうが、
実はおおかまに2つ(+1)に分けることができる。

通常プラローラー
キット付属物、セットアップローラーズ、赤いステーについてくるローラーなど。
基本プラローラーは9mmベアリング等のようにマシンを押さえつける効果は薄いが
摩擦抵抗があるため素組みや2000円レギュ程度ならフロントにも使える。
そう大量に必要という場面は少ないだろうが、セットアップローラーズセットは生産停止品のため
通常のプラローラーを手に入れるには、なんらかの商品に付属という微妙な入手難易度が難点。
プラは混ぜ物によってその特性が変わる為、もしかしたらそれによる性能差があるのかもしれない。

低摩擦プラローラー
低摩擦プラローラーセットに付属してるローラーが該当。(最近の限定キットには標準装備されている物もある)
通常のプラローラーよりも摩擦抵抗が少ない素材でできているため、スピードアップを計れる。
ただしその分、通常のプラローラーと比べ低速でも飛びやすくなっている。

ハイブリッド
上記二種類とは別になるのが、GUPとして発売されていたベアリングローラーセットとなる。生産停止品ではあるがかなりの数売れ残っているので入手は容易だろう。
これはベアリングローラーセットという名前ではあるが、ボールベアリングは使用されていない。非常にまぎらわしい。
ローラー軸にシャフトのハトメを使っただけのものなのだが、実は(とはいっても説明書にも書いてあるが)丸穴ボールベアリングをハトメの代わりに使用できる。丸穴ベアリングが使えると言う事は、620ベアリングも勿論使用可能である。
ベアリングに変更して利用する時に注意しなければいけない事としては、説明書に書いてある通りに組むとワッシャーが干渉して全く回らないので、内径3mmのベアリング用の皿スペーサーなどを使おう。
丸穴はともかく620ベアリングを使えばかなり回転性能も高く、14mmの(10mmの方はゴムリング付き)方は軽量な事もあって使えそうなのだが、無駄な肉抜き穴があって強度が低い。
消耗品と割り切って使えば…と言いたいが既に生産停止品なのでそれも難しいか。


最近よく使われるサイズの物は、以下の商品から入手する事が出来る。

  • 8㎜(白いプラベアリング)
FRPワイドプレートセット
ハイトアジャストローラー&FRPプレートセット
ミニ四駆PRO アルミワイドプレートセット
  • 9㎜
MSシャーシ リヤダブルローラーステー
  • 11㎜
カーボン強化リヤダブルローラー(3点固定タイプ)
  • 13㎜
スーパーXシャーシ各種
スーパーXXシャーシ各種
ARシャーシ各種(低摩擦が付属)
MAシャーシ各種(低摩擦が付属)
ロングスタビ低摩擦プラローラー (13mm) セット
ファーストトライ パーツセット
ARシャーシ ファーストトライパーツセット(低摩擦が付属)
MAシャーシ ファーストトライパーツセット(低摩擦が付属)

  • 13㎜-12mm 2段ローラー
2段低摩擦プラローラーセット(赤・青13-12mm)
  • 14㎜
VSシャーシ各種
マグナムセイバー
ソニックセイバー
ビートマグナム
ビートマグナムTRF
  • 16㎜
低摩擦プラローラーセット
  • 17㎜
カーボン強化リヤダブルローラー(3点固定タイプ)
  • 19㎜
ファーストトライ パーツセット
リヤダブルローラー・FRP&強化ステーセット
低摩擦プラローラーセット
MSシャーシ T-03 ダブルアルミリヤステ―セット(低摩擦が付属)
大径スタビヘッドセット(低摩擦が付属)


サイズが近い為間違えやすいが、スーパー1付属の物は10㎜、VS付属のは14㎜なので9㎜や13㎜のつもりで付けるとギリギリすぎて車幅オーバーしてしまう場合もあるので注意。
スーパーFMやスーパーTZに付属する物は12㎜なので、やや狭くなるが13㎜の代わりにも使える。
スーパーXXシャーシ付属のノーズガードに14㎜ローラーを付けると規定の105㎜まで広げられる(ジュニアニュースvol112より)