FMX chassis

FMXシャーシとは、SXシャーシをFM化したシャーシの事である。
元は、とあるレーサーが制作したシャーシで、これをインターネットに公開し、FMXユーザーは広まっていく。
当然、タミヤからは市販化されておらず、改造する必要がある。
SXの特徴がそのまま受け継がれ、SFMシャーシの弱点だった駆動性・強度・重心が改善される。

基本的な作り方は、SXシャーシを2つ用意して、不要シャーシの方のフロントバンパーとリヤボディキャッチを切る。
使う方のシャーシを加工して、切り取ったフロントバンパーとボディーキャッチを接着剤などを使って取り付け。
最後に電池を逆にする必要があるので、シャーシ側のスイッチ部分の一部と、ギアカバー側のスイッチ部分の一部、そしてボディキャッチを短く加工して完成する。

文章では簡単そうに見えるが、特にフロントバンパーの接着する箇所がかなり難しく失敗しやすい。
もし不安があるなら、MSシャーシのノーズ部分を切断加工して、SX側のリアステーに装着する方法もある。
ただそれだけでは、リアステーが壊れる可能性があるので、+αで強化しておくこと。

ボディはお好みだが、ほとんどの形状は加工する必要があるのをお忘れなく。

より詳しい制作方法は、googleで検索すること。