●PP系素材
正式名称はポリプロピレンだが、いかんせん長いので大抵PPと略される。
ミニ四駆のホイールとしてはもっともスタンダードな素材で、キット付属のものにしろGUPのものにしろ大半のホイールはこれである。
特徴として、

  • 粘りがあり、衝撃に強い。
  • 耐薬品性に優れる。
  • 上記の理由のためか、殆ど接着剤や塗料を受け付けない。
  • いろいろな形状・カラーがある。

など。
衝撃に強い素材、と言っても強度・剛性に関しては形状によってかなり差が出る。
また、強度のあるホイールでも経年劣化によってシャフト穴が割れてしまうため、どれでも一定時期が来ると交換する必要がある。

●メッキホイール用素材
上記の通り、通常ホイールは塗料が乗らないため、当然メッキも出来ない。
そのため、素材が変更されている。
通常素材よりも硬くなっていて、メッキを剥がせば塗装が可能になる。

●ABS
一部のナット止めホイールに採用されている。
ABSの為、塗装が容易。接着剤も良く効く。シャフトさえ何とかなればなぁ・・・

●アルミ
金属の中でも軽いアルミ製。
とは言うものの、軽金属とはいえ金属は金属。
プラスチックと比べると、どうしても少々重いうえ、以前はサイズが中途半端なものが多く使いにくかった。
最近、HGパーツとして大径サイズとロープロサイズが商品化されたため、サイズの問題は解消されている。
最近はその重さゆえ、フライホイール効果が期待できるのではないかと言われている。
ホイール中央に使うプラ製パーツはリアルミニ四駆のホイールをモーターライズシャーシ(ディスプレイシャーシに対してこう呼ぶ)に装着するアタッチメントとして使える。

●カーボン入り
通常素材にカーボンを混入し、強度を大幅に向上させたもの。
強度の低い形状のホイールもこの素材に変更することで生まれ変わり、見違えるようになる。
経年劣化によるシャフト穴の破損も殆どない(正しつけ外しを繰り返せば流石に緩む)
色は黒ばかり。

●グラスファイバー入り
TRFワークスJr.リミテッドに付属のローハイトタイヤ用ホイール(ディッシュタイプ)はグラスファイバー入りになっている。
割れやすいと悪評高きグラスファイバー入りであるが、ことこのホイールに関してはマトリクス(母材)の関係なのか性能はカーボン入りホイールを超えている。
精度、強度に関しても、「抜けにくい」と言うことに関してもカーボン入りホイール以上。
特に抜けにくさに関しては、チタンシャフトなどの太いシャフトに差し込むと全く抜けなくなる。
というか抜きたくても抜けない。ホイール抜きの専用工具が必要になるほど。
だとすればグラスファイバー混入素材の数少ない成功例と言えよう。