SuperTZ chassis

[基本データ]



フルカウル・スーパーの中期~後期に登場。
サイクロンマグナムやハリケーンソニック、ビートマグナムやバスターソニックなど、フルカウルのフラッグシップ的な車種に二代にわたって採用され、二次ブームの中核を担ったシャーシと言っていい。

TZの意味だが、
T→田宮?
Z→XYZのZ、つまりアルファベットの最後で、登場当時の田宮ミニ四駆シャーシの集大成の意味?
とか、タイプ系の特長を受け継いでいる面があるので
T→タイプ?
Z→XYZの(ry、つまりタイプ系の最終型?
などいくつか説があるが、明記された資料がないので詳しい事は不明である。

S1SFM未満のホイールベース、重心は両シャーシよりも低くなっているなど直進性を主体とながらもバランスの優れた設計となっている。
駆動伝達もZEROやS1と同じピンククラウン+1.4mmプロペラシャフトの組み合わせで潜在ポテンシャルは高い。
しかし駆動系の精度に関しては、スーパー1などのZERO系の方が上とされる。
ただ、上記ミニ四駆グレードアップパーツマッチングリスト(ギヤ比)によると水色カウンター+黄色スパーの超速ギヤと、スパーを共有しているハイスピードEXギヤに対応しているという嬉しい利点がある。

フロントバンパーがS1から大幅に強化され、深いリブをつけることで未だスリットはあるものの、S1やそれ以前のシャーシの弱点であったバンパーの強度は改善され、高い強度を誇る。
また、SFMと同じくリヤステーが標準で装備されている。
標準的なものは強度・剛性共に低く(特に剛性)実戦で使うには心もとないが、ビートマグナムや同TRF、バスターソニックなどに装備されている専用のリヤステーは欠点が大幅に改善され、さらにネジ穴が追加されたことで汎用性も高くなっており、少しの補強で実戦投入が可能なほどのものになっている。
ちなみに、登場当時はワイドトレッドといわれていたが、TZキットの多くが ワイドトレッドタイプのホイールを装備しているだけ で、シャーシ自体はS1やVSと同じ60mm長のシャフトを使う幅である。
なので当然、S1と同じホイールを装着すればS1と同じトレッドになり、逆にMS用のホイールを装着すればさらに広がる。

サイドガードがS1では着脱式だったのに対し、TZでは固定式に戻し強度を高めている。ただし、今日におけるマスダンパ―などの重量物を乗せるには少々心もとない。

2012年に再販がかかったレイホークガンマ・ブラックストーカー・サンダーブーメランW10の3車種には、何故か13mmベアリングが標準装備されている(しかもベアリングローラーは単価換算で2割引)。

主な材質はABS樹脂だが、グラスファイバー入りのスペシャルキットが販売された。
以下のスペシャルキットに入っているTZシャーシは、グラスファイバー混入ABS樹脂製。

  • サイクロンマグナム スペシャルキット
  • ビートマグナム スペシャルキット

その他カラーバリエーションなど。ほとんどの物はシャーシとギヤケースが同色になっている。

  • ブラック
最も標準的な色。
基本的に大抵の車種はこの色。
ビートマグナムの先行販売版と初回版には、シャーシ裏にジャパンカップ記念の刻印が刻まれたものがあった。

  • ホワイト
限定GUP。シャーシの色変えでは定番の色。
あまり出回らなかったので知らないユーザーも多い。
2010年、ホワイトSFMとともに再販。

  • パープル
限定GUP。青S1、スモークSFMと同時発売。
二次ブーム時に発売され、青S1、スモークSFMと一緒にかなりの量が出回ったので知名度が高い。
たまに残っているところがある。
2010年、青S1とともに再販。

  • レッド
「ペンションりんごじゃむ」で限定販売されたもの。かなりの希少品。
同時に同じ色のVSシャーシが販売された所為か影が薄い。
本当にTZシャーシが好きな人しか持っていない為、見かけることは皆無。
ある意味りんごじゃむVSよりも希少なシャーシなのに、需要が殆ど無い不遇なシャーシである。

  • スモーク(スモークブラウン)
サイクロンマグナム・同TRF・ハリケーンソニック・ビートマグナム
上記4種のリミテッドスペシャルに同梱された色。クリアパープルじゃないよ?
ちなみに付属するギヤカバー、リヤステーは白色である。TZでシャーシ本体とギヤケースの色が異なっているのはこれのみである。

  • クリアー
ブラックストーカー フルクリスタルモデルのみ同梱された色。
ミニ四駆必勝改造プロジェクトビデオのプレゼント品として、400台の当選であった為、かなり貴重なシャーシ。


後継となるSUPER TZ-Xシャーシは別項目にて。
また、TZ系シャーシの実質的な後釜としてARがある。