プラ材は、パテなどに比べて軽量で、高い強度に仕上がるという利点がある。
接合部なども真ちゅう線等金属線で補強してやれば強度の低下を防げる。
ミニ四駆においてはボディに対しての使用は大体認められている感がある。
シャーシにも、ギヤのクリアランス調整やちょっとした補修程度なら認められている模様。