主に白色不透明のものと無色透明なものがあるが、ご多分に漏れず、やはり透明なものは強度が低い。


●白色タイプ
加工性が非常によく、強度もそこそこある。ただし耐熱性が低い。

  • タミヤ製
0.3、0.5、1.0、1.2、1.5mm厚のものがある。
また、プラボードという、プラ板と発泡スチロールの中間的な素材(いわば超低発泡スチロール)もあり、こちらは2mmと3mmがある。但し材質に癖があるので、扱うには慣れが必要。
サイズ(面積)はどれもB4。
比較的手に入りやすい。

最初に買うなら
「ITEM70003 プラバンセット(サイズ300×120mm。0.3mm厚2枚、0.5mm厚2枚、1.2mm厚1枚の合計5枚をセット)」が、「適度な量」「持ち帰りやすい大きさ」「3種類の厚みの使いどころ」でオススメ。

  • エバーグリーン製
タミヤのものより種類が豊富で、ただの1枚板だけではなく溝入りなどの多様な形がある。
材質的にはタミヤのものより若干軟らかい。
輸入品のため、タミヤのものより少々お高い。
また、取り扱い店舗が限られる。


●透明タイプ
  • タミヤ製
0.2、0.4、1.7mmなど白色素材にない厚みがあるのが特徴。
しかし各種強度や耐衝撃性に劣り、割れやすく、その所為で加工が難しいという欠点を持つ(しかも熱を加えても軟化しにくい)
正直強い力のかかるミニ四駆には向いていない素材。
部分的にならともかく、大きい面でこれを使うなら透明塩ビ板を加工したほうがマシ。