アリッサ

(俺の嫁クエスト突破時)

【キャラクター】
属性:水属性
レアリティ:☆☆☆☆☆(悶絶レア)
入手手段:常設プレミアムガチャより、一定確率で排出(初期キャラ)
種族:スノークイーン(雪の女王)
CV:三上 枝織
限定版:ナース アリッサ(16年3月ホワイトデーガチャ)/ お月見 アリッサ(16年9月十五夜ガチャ:風属性)
    氷上の宝石 アリッサ(17年3月氷精たちの輪舞ガチャ)/ お祝い アリッサ(17年8月2周年記念キャンペーンログイン報酬)
    バレンタイン アリッサ(バレンタイン2017ガチャ)

来歴:
雪や氷を操るモンスターの中でも、最高位に属するモンスターと言われるスノークイーン(雪の女王)の一人。
クロゥリアとは幼少時代のころからつきあいがある親友同士で、プライベートな場ではお互いに「アーちゃん」「クロちゃん」と呼び合う仲。
常に女王として礼儀正しく他者に優しい気品ある態度をとるようにしている。

が、いかんせんバリバリの氷属性なために暑さが大の苦手で、「部屋の冷房は常時マイナス20度」「お茶会の食べ物は全部冷凍品」など、
彼女とのコミュニケーションには常に文字通りの「温度差」が高い壁となって立ちはだかる。
好物はかき氷で、よくパルシーと一緒に食べているらしい。

関連イベント:
メインクエスト
魔法都市魔界スーパーハード…ボスとして登場。当人はこちらに全く敵意も戦意もなかったのだが、あることがきっかけて大慌てしたクロゥリアにせっつかれて強引にバトルするはめに。なお、この寸劇は下記ののUMA登場!よりもかなり後に実装されたものだが、ここではリネアとアリッサが初めて顔合わせしたような体になっている。
二章 魔法都市魔界ノーマル…
スペシャルクエスト
UMA登場!」…機嫌を損ねて脱退してしまったリネアに代わり、ゆーま捜索の助っ人としてクロゥリアに招請された。しかし、ある発言がきっかけでクロゥリアの必殺技「ローズガーデン」を叩き込まれてしまい\あんまりですわー!/
大魔界の聖夜!」…現代魔界から帰ってきた大魔王一行のもとに、クリスマスのお祝いに駆けつけてくれた。
大魔界感謝祭!」…(→お祝い アリッサ
モン娘クリスマス2017」…クリスマスパーティに参加。

【スキル】
☆5
スロット スキル名 スキル効果と最短リキャスト
L 水の絆 水属性のモン娘の攻撃力が増加(特大) --
S1 氷の世界 水属性ランダム4回物理攻撃 7
S2 大人しくしてください 水属性単体物理攻撃(小) + 沈黙 5
S3 フリーズストライク 敵単体に水属性/物理攻撃(中)を与える 5
☆6
スロット スキル名 スキル効果と最短リキャスト
L 水の絆 水属性のモン娘の攻撃力が増加(特大) --
S1 極氷の世界 水属性ランダム5回物理攻撃 7
S2 大人しくしてください 水属性単体物理攻撃(小) + 沈黙 5
S3 フリーズストライク 敵単体に水属性/物理攻撃(中)を与える 5
☆6(俺の嫁クエスト突破時)17年10月27日実装
スロット スキル名 スキル効果と最短リキャスト
L 水の絆 水属性のモン娘の攻撃力が増加(特大) --
S1 極氷の世界 水属性ランダム5回物理攻撃 7
S2 大人しくしてください 水属性単体物理攻撃(小) + 沈黙 5
S3 フリーズストライク+ 敵単体に水属性/物理攻撃(大)を与える 5

【寸評】
s1がランダムの連擊、s3が単体中、リダスキが属性攻撃特大アップという構成の初期型純5物理の1人。
s2は沈黙の追加効果を持つ小威力攻撃で、効果時間も長く道中で厄介なスキル持ちを封殺出来るのは便利。
リキャストも短く燃費が良いが、ボスで有効な相手が少ないことが難点。
リダスキも純5に物理キャラが多い水属性では、風や土に比べて使えると言える。

17年10月から配信開始された俺の嫁クエストを突破することによって、HP・攻撃・速度が強化され、
さらにs3が大威力に強化される。
一見地味な強化ではあるが、そこそこの威力で燃費が良いサブウェポンとなるので意外と侮れない強化。
特に片っ端からスキルを使うオート戦闘で大きな効果を発揮できる。

実装初期の頃は攻撃ステ2536と他の初期型純5物理組に比べて攻撃ステが600~800(20%~27%)ほど低かったが、
16年2月の大型アップデートの際に攻撃力に+400の上方修正が入り、現在のステータスになった経緯を持っている。
(ちなみに、同時期にマーチも上方修正が行われている。詳細は個別項目を参照)

立ち絵:
立ち絵

関連:
リダスキ絆シリーズ
なつき(火属性)/ヨモギ(風属性)/ノワール(土属性)

クロゥリア(幼馴染)
パルシー(お友達)

ルリエ(2周年記念で同時限定化・嫁クエスト・バレンタイン2017限定でもペアに)

【コメントフォーム】
名前:
コメント: