まとめ管理人から出資者様へ

管理人から出資された皆様へ

今から15年ほど前に起こった MorphyOne事件をご存知でしょうか?今回の事件もほぼ同じ軌跡をたどってます。
MorphyOne(*wiki参照:詳細HP http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ryunosuke/6906/)当時はネット接続が始まったばかりで、まとめることができなかったので、破産まで3年を要した上に 出資金の回収はほぼ不可能になりました。 部品の使い方、出納状況など、今回の事件と酷似しており、
破綻については、ほぼ確定かと思われます。


出資とは 事業の成功や成長を期待して資金を提供することです。
「投資」と「出資」は同じ意味合いになります。

今回の出資名目は、技適したCB無線機を作るということで 一人\45000の出資をしたはずです。
ところが、その本当のところは、約束の1年半の期日も守られず、2年近くたって手付けのチップ基板ができただけです。

ラジックスからは、無線機を作る以外の勘定が公開されたことから 出資金額が、無線機を作以外の
会社を運営する資金に転用されているのが露呈しました。
 みなさんが、知らないうちに、出資目的が変更されてしまっています。

当初の目的外に利用されてしまっていますので、出資を継続できないとみなしても
おかしくはありません。

 しかし、会社的には、出資は返還請求が難しいものなので、返還を受けるには、いくつか手順が必要です。

怒鳴り込むのは、オツムが足らない人のすることです。正規な手続きで出資金の返還を求めてください


方法

円満解決のために、まずラジックスへ 出資金の返還請求を内容証明にて行ってください。
内容証明の中には、出資が目的外に使用されているので、全額返金 を要望するという内容、
および返金の期限を明記してください。内容証明は、送達が行われたことの証拠になります。
なぜ、目的外の勘定が行われたのかは、このまとめサイトをコピーしてお使いいただいても結構です。
これで返金されればあなたは、出資者でなくなりますので、安心です。

返事がない。返金がない という場合は、すぐにお近くの簡易裁判所にいきましょう

MorphyOne事件の時は {もっと早く第3者による調停が行われればここまで大事件にならなくて
すんだはず}です。
裁判所を介してあなたとラジックス(法人)の間ではいり
円満に解決に導く方法です 23区を管理するのは 東京簡易裁判所です。
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_04_02_10/

手続きはかんたんで。

形式上では、契約の不履行で、出資金を社長に時価で買い取ってもらうということになるかと思います。

裁判は本来は個人で行うことです
弁護士に頼む必要はありません。

現在のところ登記上 会社は存続しており、資本金が留保されているはずですので、あなたの払った
45000円は全額返金されるはずですが、
会社の資本金が300万+出資金残り60万しかありませんので80人が請求したら
全額底をつきます。 
裁判所が入れば出資者319人に均等に分けるようにしてくれるはずなので、
一人あたり1万円弱までは返金可能性があります。
会社代表として、もし会社を存続させるなら、個人財産を担保に入れてでも全額返済をするでしょうが 
法律的には、資本金までしか、請求できません。
訴出は出資者の方々(弁護士:代理人)しかできません。

訴出先
東京簡易裁判所
www.courts.go.jp/tokyo-s/about/syozai/tokyokani/
受付は 1階 簡裁民事手続案内

紛争の要点
1)無線機製造に関する委託および開発に関する手続きにおいて
  1年6ヶ月の完成予定が履行されない
2)内容証明により返金を即したが 返事がない(返金されない)