※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このログは、5月23日に行われた小笠原ゲームのログになります。


旅行記改め徒然生活模様 『ケーキ屋にて』



こんこ :こんばんは。23時になりましたので、生活ゲームにまいりました。

芝村 :記事どうぞ

 【予約者の名前】2600510:こんこ:たけきの藩国
 【実施予定日時】2008年5月23日/23:00~24:00
 【ゲームの種別】生活ゲーム
 【ゲーム時間:消費マイル】
  ・1時間:20マイル×1時間
 【予約の有無】今回は不要
 【召喚ACE】
  ・茨城雷蔵:藩国滞在:0
 【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
 【合計消費マイル】計23マイル
 【参加者:負担するマイル】
  ・2600510:こんこ:たけきの藩国:入学済:23

こんこ :こちらになります

芝村 :イベントは?

こんこ :前に聨合通信で連絡いただいたので

芝村 :ええ

こんこ :そのケーキ屋にいってみようかと

こんこ :#なんかいっつも食べてばっかりな気もしますが

芝村 :いいですよ

芝村 :2分まってね

こんこ :はい、よろしくお願いいたします。

 芝村 :/*/

芝村 :貴方は地図を貰ってる

こんこ :Q:ケーキ屋までの地図ですか?

芝村 :A:ええ

芝村 :かなり大雑把だ

芝村 :よくわからない・・・

こんこ :では、地図を見ながら向かいます・・・・・・あぁ・・・

こんこ :Q:ここは今どこですか?

芝村 :A:宰相府、居住区

こんこ :では、地図と周りを見比べて目印になりそうなものを探します

芝村 :はい。

芝村 :貴方の幸運は?

こんこ :4です

芝村 :60%だね

芝村 :ダイスロール

こんこ :1d100 でしたっけ?

芝村 :ええ

こんこ :1d100

芝村 のアドイン "mihaDice" :[mihaDice] こんこ : 1d100 -> 19 = 19

こんこ :#よぉぉぉし

芝村 :成功した。

芝村 :店の前に来た。

こんこ :「ここ・・・・・かな?」

こんこ :r:雷蔵を探します

芝村 :小さい、民家に囲まれた店だ。

芝村 :店に入った。

良狼:「おひとりですか?」

こんこ :「えぇっと、茨城雷蔵という人と待ち合わせしてるはずですが・・・・・」
#思いっきり待ち合わせの約束してるもんだと思い込んでました。

こんこ :#良狼だーーーー
初めて見ました。

こんこ :Q:そいえば、待ち合わせでよかったんでしょうか?

芝村 :A:いいえ?

こんこ :#うぉう・・・・・

良狼:「茨城、客だ」

芝村 :雷蔵がおくから来たよ。

芝村 :笑顔だ。

こんこ :「あ、こんちわー」(こちらも笑顔です

こんこ :「久しぶり。前にケーキ屋見つけたって話聞いたから、きちゃったよ」

芝村 :雷蔵は白い服を着てる。

雷蔵:「似合う?」

こんこ :「うん」

こんこ :Q:どのような服ですか?パティシエみたいな感じなんでしょうか?
ここはログのままです。確認する前に答えてます。ほぼ反射ですよ。

芝村 :A:そうだね。調理人の格好だ。

芝村 :良狼はウエイターだね

こんこ :「ここ、雷蔵が作ってるの?」

雷蔵:「ま、まだ未来だけどね」

芝村 :雷蔵はへへっと笑った。

良狼:「見習いだ」

雷蔵:「うるさい!」

こんこ :「あぁなるほど。んじゃ、未来の大パティシエのケーキをいただこうかな」

雷蔵:「うん。きっと、おいしいよ」

こんこ :「ところで、彼が良狼さん?」(雷蔵だけに聞こえるような小声で

良狼:「期待しないほうがいい」

雷蔵:「・・・うん」

こんこ :「ほむほむ・・・・」

こんこ :「なに言ってんのさ。好きな子の手作りが食べれるのに期待しないわけがないじゃん」>良狼

芝村 :良狼は何もいわなかった

芝村 :奥へ下がった

芝村 :雷蔵も下がっていった。

こんこ :#しまった、先に挨拶するべきだった・・・・・・

こんこ :じゃあ、適当な席に座って出てくるのを待ちます

芝村 :ケーキが着たよ。

芝村 :マロンのケーキだ。

芝村 :ホールで来た。

芝村 :雷蔵が持ってきた。

こんこ :「おぉ~、うまそー・・・・・・でかぁ!」

こんこ :「・・・・これ、食べていいの?」

雷蔵:「はじめてだから、お客にはだせないけど」

雷蔵:「友達なら、いいかなって」

こんこ :「そっか。よしじゃあ、ありがたく。いただきまーす」

こんこ :「あ、あと何か紅茶いただけますか?」

芝村 :良狼がアールグレイを持ってきた。

こんこ :「ありがとうございます」>良狼

こんこ :r:とりあえず、一切れ切り取って食べ始めます

芝村 :うまい。

芝村 :文句ない

こんこ :「おぉー、おいしー。すっげぇおいしいよっ」>雷蔵

こんこ :「これならお店で出してもいいんじゃないかなぁ」

芝村 :雷蔵は恥ずかしそうに笑った。

芝村 :あ、客が来た

雷蔵:「あとで」

芝村 :接客にいった

こんこ :「うん。またあとでー」

こんこ :r:残りの分も食べます

芝村 :食べ終わった。さすがにくいすぎの予感

こんこ :#ですよねー。むしろよく1ホールも食べたもんだ・・・・・

こんこ :「う~・・・・・さすがに食べすぎたかな。でも、おいしかったしなぁ・・・・・」

芝村 :ははは

こんこ :Q:お店の混雑具合はどんな感じでしょう?

芝村 :A:いまは少ないね

こんこ :r:紅茶のお代わりを頼みます

芝村 :良狼が注いだ。

良狼:「……」

こんこ :「ありがとうございます。えぇっと挨拶が遅れました」

芝村 :良狼は貴方の肩を叩いていった。

芝村 :健闘を讃えたらしい

こんこ :「たけきの藩国のこんこと申します。初めまして・・・・・?」

こんこ :「あぁいやまぁ、量は多かったですけど、おいしいですよ?」

芝村 :良狼は苦笑してる

こんこ :「?どうしました?」

芝村 :雷蔵が戻ってきたよ。

雷蔵:「どうだった?」

こんこ :「あ、お疲れサマー。おいしかったよ」

こんこ :「今まで食べた中で一番かも!」

雷蔵:「うん」

こんこ :「この店は、二人でやってるの?」

良狼:「いや?店長がいる」

こんこ :「へぇ~。雷蔵、今は時間あるの?」

雷蔵:「うん」

こんこ :「じゃあせっかくだし少し話さない?」

雷蔵:「いいよ?」

芝村 :良狼はひっこんでいった

こんこ :#ありがとうと言うべきか・・・・・
このあたりで、実はサポートキャラだったのか?と思いました。

こんこ :「ん~、まぁどれくらいぶりだろなぁ、元気してた?」

雷蔵:「そうだね。4年ぶりかなあ・・・」

芝村 :雷蔵は遠い目をした。

こんこ :Q:えぇっと、前にあってからどれくらいですか?
ちょービビリました。慌てふためいてましたよ。

良狼:「3ヶ月だ」

こんこ :「え?あれ?え?」

雷蔵:「今のはギャグ!」

こんこ :「あぁ・・・・・・びっくりした!」

雷蔵:「もー」

芝村 :雷蔵は頬を膨らませた。

こんこ :「やーもー、4年とかあってなかったら、俺抜け殻になってるとこだったわっ!」

こんこ :(頬膨らませた雷蔵を微笑ましく見てます)

こんこ :「そいえば、雷蔵に手作りのケーキ食べさせてもらう約束してたっけ。これで約束達成だね」
こちらの話です。だいぶ前になりますけどね。

雷蔵:「知らない」

芝村 :雷蔵は去っていった。サービス券のこして

こんこ :「膨れないでや・・・・・って、えー・・・・・」

こんこ :「ちょーーー」r:サービス券を手にとって見ます

芝村 :スタンプ押してあるよ。ちゃんと

芝村 :10個たまったら1回ただらしい

こんこ :「むぅ、怒らせちゃったか?」

芝村 :さてねえ

こんこ :(奥に向かって)「ごめんねー。でもケーキおいしかったのはホントだよ。お店に出せそうってのもー」

こんこ :「また、食べに来るからー」

こんこ :「大好きだぜー」

芝村 :雷蔵は顔出した。

雷蔵:「ほんと甘いもの大好きだなあ・・・」
なんというか・・・・・さすがだぜっ!

こんこ :「あ、ご馳走様でした」

芝村 :良狼が笑ってる

こんこ :「えー・・・・・・。ケーキも好きだけど、大好きなのは雷蔵だよ?」

こんこ :「ふっふっふ。まぁまた遊びにくるよ」

芝村 :雷蔵は店長に呼ばれて言葉をきいていなかった
いやもぅほんと、さすがだぜっ!

 芝村 :/*/

芝村 :はい。おつかれさまでした。

芝村 :あははは

こんこ :お疲れ様でした。ありがとうございました。

こんこ :肝心なとこ聞いてないのなっ!ちくしょうめーーー

芝村 :ははは

こんこ :なんか久々に一対一で空回されてる感じでした

芝村 :ははは。

こんこ :しかも、家買うの相談しようかと思ったのに いの字も出なかったし・・・・・・

芝村 :評価は+1+1でトータルで3・2になりました

こんこ :もしかして、開始時点で下がってましたか?

芝村 :ええ

こんこ :なるほど。それで、現在が3・2と。まだまだ先は遠いなぁ・・・・・・

芝村 :ははは。

芝村 :秘宝館には1、1で頼めます

こんこ :はい

芝村 :では解散しましょう。お疲れ様でした。

こんこ :はい、お疲れ様でした。本日はありがとうございました。

こんこ :それでは失礼いたします。