※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

月光ほろほろ : こんばんは。生活ゲームにまいりました。宜しくお願いします。

芝村 : 記事どうぞ

月光ほろほろ : はい

【予約者の名前】26-00500-01:月光ほろほろ:たけきの藩国
【実施予定日時】2月17日/21:00~22:00
【ゲーム実施時間】20マイル×1時間
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】
 ・月華陽子:個人ACE:0
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計33マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・26-00500-01:月光ほろほろ:-0マイル:入学済

デートチケットを1枚消費いたします。

芝村 : イベントは?

月光ほろほろ : はい。イベント選択前に質問を3点よろしいでしょうか?

芝村 : ええ

月光ほろほろ : ありがとうございます。
Q1:以前の質疑http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=6948にて

Q:
クーリンガンから頂いた「銀髑髏」ですが、こちらはどのようなアイテムでしょうか?

手にくっついて離れなくなる

との回答をいただきました。
今現在も手には「銀髑髏」が付いている状況でしょうか?

Q2:銀髑髏の大きさ、並びにどちらの手に離れないかを教えていただけますか?

Q3:本日は先日の「のろけ大会」の入賞マイルの使い方をヨーコに相談したいと思います。
ヨーコさんが不快に思う等、問題はありますでしょうか?

芝村 : A1:ええ
A2:30cm 右手
A3:大丈夫だろう

月光ほろほろ : ありがとうございます。イベントは久しぶりなのでゆっくり話せればと思います

芝村 : OK 2ふんまってね

月光ほろほろ : 宜しくお願いいたします


 /*/


芝村 :ここは貴方の家だ。
貴方はなさけなさそうに、手を見た

月光ほろほろ : 「うむむ…」

芝村 : ヨーコはのぞき込んでいる

月光ほろほろ : 「ヨーコさん!大丈夫?痛いとこない?」

ヨーコ:「はィ?」

ヨーコ:「あ。手、ですか?」

月光ほろほろ : 「ううん、ヨーコさんと会えない期間があったから。どこも痛くしてなきゃ、良いんだ」
r:微笑みます

芝村 : ヨーコはほほえみ返した後、手を見た

ヨーコ:「とれませんね・・・」

月光ほろほろ : 「ははは…なんとも格好の付かない手だね。こう、正に手が離せないというか…」
r:苦笑いします

芝村 : ヨーコも苦笑した。
優しく抱きつかれた

月光ほろほろ : r:抱きしめます
月光ほろほろ :「両手でしっかり抱きしめられないのが…残念かな」

芝村 : だきしめた。髑髏が笑ってる

月光ほろほろ : r:離れます

月光ほろほろ :「離れてッ!ヨーコさん!」

ヨーコ:「はぃ・・・?」

ヨーコは素直に離れているぞ

月光ほろほろ : 「ご、ごめん。なんか、この髑髏が笑ったみたいに見えて。ヨーコさんに危害を及ぼしたらどうしようかって、思ったんだ」
Q:今は銀髑髏はどのような状況でしょうか?

ヨーコ:「・・・そこまで、すごいものには・・・」

芝村 :えーと。 ヨーコは、苦笑してる。

A: 七色に点灯している

月光ほろほろ : 「…え?」
r:呆然と髑髏を眺めます

芝村 : LEDライトぽいな
ちゃちな光だ
ヨーコは苦笑している

月光ほろほろ : 「あ、れ…?もしかして、人に危害を加えるような危険な道具では無いの…?」

ヨーコ:「たぶん」

ヨーコ:「いやがらせです」

月光ほろほろ : 「そうなんだ…はぁ、良かった。ヨーコさんに危険があったらどうしようかと…はぁ」
r:安堵のため息をつきます

ヨーコ:「うーん」
ヨーコ:「困り、ましたね」

月光ほろほろ : 「困った…こっちの手ではヨーコさんと手も繋げないし」

ヨーコ:「そうですね・・・」

ヨーコ:「お祓い、してみますか?」

月光ほろほろ : 「お祓い、出来るんだ。凄い、努力してきたんだね。良ければ、お願い」

ヨーコ:「あ、私ではなくテ・・・」

芝村 :ヨーコは照れている

月光ほろほろ : 「早とちり、ごめん」

ヨーコ:「その、そう言う場所に、デス」

月光ほろほろ : r:照れ笑いします
「そうだね。いつまでも右手をヨーコさんと繋げないのは嫌だし、お祓いできる場所があるなら行きたい」

ヨーコ:「はい」

月光ほろほろ : 「ヨーコさん、お祓いできる場所知ってる?たけきのにそういう場所あるのかな…?」

芝村 : ヨーコはとてとて歩いて電話帳をもってきた。
開いてみている
神社を探しているようだ

月光ほろほろ : r:てきぱきするヨーコに見とれています

芝村 : ヨーコは電話をしている。

月光ほろほろ : r:(素敵だ…)と思いながら見つめています

ヨーコ:「お祓いの出前をお願いできますデスか?」

芝村 : ヨーコは貴方に向かってうなずいたぞ
ヨーコは住所いってる。

ヨーコ:「きてくれるそうでス」

月光ほろほろ : 「おぉ!!出前出来るんだ!ありがとう、ヨーコさん」
r:赤い顔で笑います

芝村 : ヨーコは楽しそうだ。

しばらくすると、ピンポーンと。音がした

月光ほろほろ : 「はーい」
r:玄関に向かいます

芝村 : 巫女さんだ。

月光ほろほろ : 「お世話になっております。これが、その取れなくなった道具です」
r:右手を巫女に差し出します

巫女:「・・・はい。これは・・・」

芝村 :巫女はつんつんした

月光ほろほろ : r:つばを飲みます

巫女:「外国の妖術ですね。うちでは・・・」

ヨーコ:「えー」

月光ほろほろ : 「外国…なんですね…。わざわざ来ていただいたのに。ご足労をおかけしました」
r:巫女に頭を下げます

ヨーコ:「外国・・・って」

巫女は去っていった。

月光ほろほろ : 「他の藩国ってことなのかな…?」

芝村 : ヨーコはかぶりをふった。
決意のおももちだ

ヨーコ:「私がやります」

月光ほろほろ : 「やる?やるって何を」

芝村 : ヨーコはキッチンで猛烈になにかつくりはじめたぞ

月光ほろほろ : 「おぉ…!いつもよりも激しいような…」
r:邪魔しないように部屋で待ってます。

芝村 : チョコを持ってきたぞ。
ホットだ。

ヨーコ:「あの。ヴァレンタインの・・・おまけ・・・でス」

月光ほろほろ : 「お、美味しそう…」
「オマケなんてとんでもない!すげぇ嬉しい」
r:満面の笑みです

芝村 : ヨーコは凝視している

月光ほろほろ : r:左手で受け取って、ホットチョコを飲みます

ヨーコ:「両手で、ささえて見て」

月光ほろほろ : 「両手で?分かった」
r:両手でチョコをささえてみます

芝村 : ぽろりとおちた。髑髏が
ヨーコの顔が輝くようだ。嬉しそう

月光ほろほろ : 「やったぁ!ヨーコさんッ!」
r:ヨーコさんに抱きつきます

ヨーコ:「はいでス」

芝村 :ヨーコと二人でとびあがった


/*/


芝村 :だが、脚に今度はくっついた。
はい。お疲れ様でした

月光ほろほろ : おぉー!?
ありがとうございました
Q:どちらの足かお聞きしてもよろしいでしょうか?

芝村 : A:オチなんで、そのうちオチるよ
と言うことで、評価は+1+1でした。秘宝館には1,1で依頼できます。

月光ほろほろ : ありがとうございましたー!
#なんて見事なオチ(笑)

芝村 : ははは。
では解散しましょう。おつかれさまでしたー

月光ほろほろ : お疲れ様です。ありがとうございました