役職の心得

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

役職名をクリックすると専用ページに飛んで読めます。詳細をそちらを参照のこと。
概論はあくまでもそれとは別に深いところまで個人が突っ込んだページであることに注意。

村人側

占い師

夜の間に誰か一人を選んで占い、翌朝にその人が「村人」か「人狼」かを知ることができます。
その人の能力までは分かりません。また狂人は人間なので「村人」と表示されます。
妖狐を占うと妖狐を呪い殺すことができます。その場合の占い結果は「村人」と出ます。

村人側の切り札となる能力ですが、その分襲撃されたり騙られたりする可能性の多い能力です。

霊能者

毎晩の処刑で吊るされた人の正体が人狼であったか村人であったかを翌日に知ることができます。
また表示される霊能結果は「村人」と「人狼」のどちらかなので、能力者や、村人・狂人・狐の区別はつきません。

あらかじめ占い対象を決めておく占い師とは違い、完全に受け身の能力です。
ですが、確実に村人の推理に貢献でき、占いの真偽判定や、対抗する人外と両吊りされて狼を確実に減らすなど、地味ながらも欠かすことのできない役職です。

狩人

2日目以降の夜に、指定した人物ひとりを人狼の襲撃から守ることができます。指定した人物の護衛に成功した場合、翌日にその旨が表示されます。
狩人は自分自身を守ることはできません。

極力目立つ言動を避け、人狼の襲撃を受けないようにしながら能力者や白確定の人物などのキーパーソンを守り続けるのが狩人の役目です。

共有者

共有者は2名1組の能力者で、もうひとりの共有者と夜に会話することが出来ます。「お互いが村人だと確実に知っている2人」として、ゲーム進行に大きな影響を与えます。人狼が味方2人を表に出して共有者を騙るのは極めて危険なので、序盤で共有者がCOしたときには、他の村人は「2人は本物の人間だ」とほぼ確信できるからです。

COせずに潜伏して、偽占いの黒出し抑制をしたり、共有への黒出しから偽占いを確定させるなどといった攻めの戦術も取りやすく、村勝ちに大きく貢献できる役職です。

埋毒者

埋毒者は自分が吊られたときは生存者からランダムで1人、自分が襲撃された場合は噛んできた人狼を道連れにします。
身代わり君は埋毒者になることはないため、埋毒者が出現する村では必ず生存者の中に埋毒者が居ます。
埋毒者が死亡した時には死体が通常より一つ多く発見されるため、ほぼ確実に全ての参加者が埋毒者の生存死亡を知ることが出来ます。

村人

特に何の能力も無い存在。

人狼側

人狼

人の数を狼の数以下にすることを目的とする。
夜ごとに、狼以外の1名を対象として襲撃する。

狂人

人でありながら、人狼側の勝利を目的とする。

妖狐側

妖狐

村人側の敵でもあり人狼側の敵でも有る特殊な存在です。
人狼に襲撃されても死亡しない代わりに占い師に占われると死亡してしまいます。

最後まで生存していることが妖狐の勝利条件となります。
村人側のように数が多いわけでもなく人狼側のように相談しあえる仲間が居るわけでもありません。
そのため勝率は高くは有りませんがその分勝ったときの喜びは一際大きいものとなります。

その他

決定者(サブ役職)

昼の投票で最多得票者が複数いた時は、決定者が投票した方が優先的に処刑される。
本人には自分が決定者であることを通知されない。

権力者(サブ役職)

昼の投票が2票分の効力を持つ。2票は同一の対象にしか投票できない。
本人には自分が権力者であることを通知される。

  • とりあえずいじってみる。このページは能力紹介にとどめ、個別の戦略&心得は別ページに飛ばすとかどうでしょう。 -- 名無しさん (2008-12-11 23:06:00)
  • 書かれていなかった能力を追加。 -- 名無しさん (2008-12-13 00:52:02)
  • 少し追加しました。訂正・加筆あればじゃんじゃんよろしくお願いします。 -- 名無しさん (2008-12-14 19:05:16)
  • 毒と狐を追加。 差しさわりのない程度の記述。 -- 名無しさん (2009-07-26 21:09:08)
  • 各種役職ページへの誘導文を書いてみた。後概論は心得読んでから読むべきものだと思うのでここからのリンクは外してみた。 -- 名無しさん (2010-01-13 23:24:45)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。