※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【作品名】キノの旅
【ジャンル】ライトノベル
【名前】迷惑な国
【属性】国
【大きさ】歩いて楽に横断できるほどの小型の国。 最上階層は巨大な公園になっていて、
 芝生や樹齢百年は越えている樹木もある森や人口の川、小さな湖がある。恐らく2、3kmの規模。
【攻撃力】レーザー:タメ無し。高出力で石の城壁を紙のように焼ききれる。射程は恐らく数百m。
          国が動いている状態で四輪駆動車に当てられる精度を持ち、当てた状態から
          動かして城壁を切っている。レーザー砲は前方・側面に対し撃てる。(真後ろは不明)
          レーザーを撃つ反応は軍人並みと思われる。
【防御力】周りは城壁で囲まれ、上部は戦闘時ではドーム状に装甲版で覆われている。
城壁に並べられた大砲(威力不明)からの攻撃をくらいまくっても城壁がこげる程度で無傷。
小型の対戦車ミサイルで撃たれて無傷。

【素早さ】通常時は人間が歩く早さ。 常人が動かしているので反応は人並み。
     最大速度は遠く離れてうっすらと見えるところまで半日で移動。
【特殊能力】球体のカメラから送られる周囲の映像を本部でモニターし命令を出す。
【長所】でかい。
【短所】通られた国や自然の被害を仕方ないで済ませてしまう。
    内部に侵入されたり、上に登られたりすると
    攻撃手段は中の警察とかが出て行って戦うしかない。
【戦法】レーザー撃ちつつ踏み潰し。

【備考】キャタピラで常に移動をしている国。 家の幅くらいのキャタピラが沢山付いている。
燃料は一度入れれば数百年は持つ。予備の燃料も国のなかにある。
警察は公務員がその他いろいろな仕事と兼任。
恐らくパースエイダー(銃)くらいは持っていると思われる。
城壁の上からパースエイダー(銃)でミサイルの発射装置だけを撃てるような人はいない。



2スレ目

320 格無しさん [sage]  2009/02/26(木) 11:07:12
迷惑な国考察
攻防速的に島破壊以上は無理なので、アンブロシウスから下がる

×アンブロシウス 島破壊負け
○バードマン 細胞変換銃効かない。レーザー勝ち
×名古屋 大きさ負け
×シド 山脈>2、3km 自爆負け
○八咬 よく分からんが多分破壊はされないだろう。レーザー勝ち
△ジャイアン 攻撃あたらないが倒されない
○マックス レーザー勝ち
○ルギア レーザー勝ち

シド>迷惑な国>八咬誠志郎