※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【作品名】たるとミックス!
【ジャンル】4コマ漫画
【名前】月読
【属性】式神
【大きさ】小学校低学年の女児相当
【攻撃力】御鬼鰤斬り(刃先に止まったゴキブリが触れただけで
     真っ二つになったという言い伝えのある呪われた包丁で
     作中ではポーチの中に入れていて、いつの間にか底を切り裂いた)
     を持った大きさ相当の紙人形並か
【防御力】紙なので火、水、衝撃に弱い
     作中で起こったエピソードとしては
     ・火
     焚き火で完全に燃える
     焼き芋を作ると完全に燃える

     ・水
     夕立で完全に溶ける
     青インクを頭から浴びて完全に溶ける
     滝の水しぶきを浴びて一部溶ける
     水に手を入れると溶けるため、米が磨げない
     (式用の紙を大量消費すれば磨げなくもない)
     水糊で溶ける
     包丁を洗うと溶ける
     水溜りにはまって完全に溶ける
     犬に舐められて溶ける
     涙で溶ける
     どこかから飛んできた花瓶の水を浴びて溶ける

     ・衝撃
     ネズミに頭を齧られる
     飛んできた本が後頭部にぶつかり、腕が折れる
     (しかし、紙のため折れても行動可能)
     石に躓いて破ける
     自分で自分の頬をつねって頭が裂ける
     どこかから飛んできた植木鉢が頭に当たって頭にひびが入る
     ベッドから落ちて頭が裂ける

     なお、冬場は水分が凍るため耐久力がアップする(氷相当か)が、暖かくなると水になるため溶ける

【素早さ】素手でゴキブリを捕まえられる反応速度
     移動速度は一般的な女子高生並みか
【特殊能力】悪魔が好物
      呪い耐性がある
      紙で出来ているためか、四階建ての校舎の屋上から落ちても無傷
      (通常は顔の半分ほどの大きさの石を丸呑みし、重石代わりにしている)
【長所】呪い無効
    御鬼鰤斬り
【短所】文字通りの紙防御
【戦法】御鬼鰤斬りを振り回しながら歩き回る



2スレ目

389 :格無しさん:2009/03/24(火) 21:54:09
月読考察

○○○トンネルおじさん~嶋本 斬殺勝ち
×こうじ 簡単には斬り殺せない 紙防御なので殴られたら死ぬ
○デンデ 願いを言い終わる前に斬り殺す
×町民 相手の拳に包丁が当たったら壊される 後はもうどうしようもない
×古泉一樹 バットが当たって死ぬ

デンデ=こうじ=月読>嶋本