※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【作品名】歪んだ創世記
【ジャンル】小説
【名前】作者
【属性】創造主、狂言回し
【大きさ】小説家並み
【攻撃力】【防御力】特殊能力参照
【素早さ】時間を超越して行動できる。限りなく永遠に近い時間も極微の時間も手の中にある
【特殊能力】世界(単一宇宙)で全能
      時間も空間も、精神も物質も、善も悪も全てを意のままにできる。
      釈迦の掌の上で遊ばれた孫悟空のように、時間も空間も全てが手の中にある。
      本来なら物語の設定やルール(孤島で殺人が起きる推理小説に太古の怪獣や凶悪な宇宙人、
      西部劇のガンマンなど意味不明なものを出してはいけないとか)に縛られているため
      全能の力もある程度までしか使えないのだが作中でブチきれて設定やルールを無視したため
      全能の力に制限はなし
      孤島で殺人が起きる推理小説に太古の怪獣や凶悪な宇宙人、西部劇のガンマンなど
      意味不明なものを出したり、ルールを破って第一発見者を殺そうとした
【長所】ある意味主人公
【短所】書いた小説が章毎に逆の順序で掲載されたり、真犯人に殺されたりかなり悲惨



2スレ目

938 :格無しさん:2009/04/24(金) 18:08:06
作者考察 由比都や大王様と=