※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


観光地の復興
「レーダーと一緒さ。何度街が壊されようと、何度だって直してやるさ!」
                復興作業に従事する藩民の言葉              




ようこそ!

湯けむりの郷 イワヤト温泉へ!!



観光地

【イワヤト温泉 田園地帯をのぞむ露天風呂】 【イワヤト温泉 ガイドさん】
〜越前藩国観光案内ガイドブックより抜粋〜

要点

  • アイドレス名称:要点:周辺環境
  • 観光地:観光地:おみやげ物屋・ガイド

定義

L:観光地={
 t:名称=観光地(施設)
 t:要点=観光地
 t:周辺環境=おみやげ物屋,ガイド
 t:評価=なし
 t:特殊={
  *観光地の施設カテゴリ = 藩国施設として扱う。
  *毎ターン資金は+15億される。
 }
→次のアイドレス:・お祭り(イベント)・遊園地(施設)・大観光地(施設)

【イワヤト温泉 宣伝用バナー】



設定文書

越前の恵みの源「理鉱石」とは

 越前藩国では「理鉱石」と呼ばれる、特殊な鉱石が採掘されます。この鉱石の特殊性は二つの性質からなります。
 一つ目は理力の伝導性が驚くほど高いこと。
 伝導率はその純度により変わり、これまで確認された最高純度のものでは、無精製の状態で加圧理力の増幅すら確認された事もあります。また、その理力への影響性からか、粉末状の鉱石を摂取した場合、服用者の精神に影響をもたらすことも知られています。
 二つ目は融和性の高さ。
 この鉱石を精錬したものは他の金属と混合しやすく、合金に加工するのが容易であり、様々な用途に用いられています。
 用途例としては、サイボーグ化の際これを用いる事で通常金属よりも容易に加工部と人体部が馴染み、武器に用いてその威力を高めたり、逆の防具に用いる事で理力を介した攻撃を受けた際、理力をアースのように拡散することで敵攻撃の威力を減じたりします。また、ドラッガーたちが使う薬品の材料の一つともなっています。

 この鉱石は理力の凝る(こごる)場所でしか採掘されず、現在のところ、特殊な理力の流れを有する、越前藩国のイワヤト山脈近辺でしか確認されておりません。
 一部の研究者からは、その性質と採掘場所の条件から、この鉱石が理力の結晶体ではないかとの仮説も挙げられています。

越前藩国の観光地「理鉱温泉」

 そして、近年判明した事なのですが、稀に理力の流れが変わったさい、この鉱石の採掘現場も理力流の正常な地域になり、それに伴い採掘現場から温泉が噴出してきて、まもなく水没する事が確認されています。
 この現象の原因はまだはっきりとは分かっておりませんが、温泉自体の性質についてはある程度のことがわかっています。

 理鉱温泉では心身の理力流整調が行われるようで、下記のような効能が見られます。
●腰痛・神経痛・リウマチの改善
●やけど・外傷の治癒促進
●皮膚病・アトピー・痔病の解消
●シミ・ソバカスに効果を発揮する、美肌効果
●打ち身・骨折・交通事故等の後遺症の改善
●ストレス解消・病後の回復
●胃腸病(飲用により一層の効果が見込めます)の緩和
●その他、肝臓病・糖尿病・胆石・痛風・動脈硬化・高血圧などの高齢化に伴う体調不全の良化
●精神作用(基本的にやたらとハイテンションになる)

 これらの効能は通常の温泉の数倍から数百倍にも及び(骨折が一日で治ったという報告まで有ります)、しかも、驚くべきことに、サイボーグの機械部分やI=Dにも治療効果を及ぼす事が確認されています。

 この調査結果をもとに、越前藩国では観光資源としての理鉱温泉の開発に取り組む事になりました。

 急ピッチで整備された山道の両脇には、越前藩国の歴史有る武器「鬼斬り」及びその派生品…をかたどった食品「おにぎり」や、理鉱石(の模造品)をあしらった木刀やペナント、越前藩王の人形(ちなみに全然売れていません……でしたが、しばらく前に某藩王のファンが大挙してお買い上げにこられました。なお、それからしばらく藩王は原因不明の病で伏せられたようです)などの お土産ものを売る店 が立ち並び、温泉に訪れる観光客の方々が懐の重みでくじけないように、手ぐすねひいて待ち構え(ゴホン!)……手助けしようとお待ちしております。

 心も体も不必要なまでにポカポカして、日々の疲れを宇宙の果てまで吹き飛ばしてくれる、理鉱温泉。
 人も犬妖精も(こっそり猫妖精も)、動物やI=Dも、皆大好き、理鉱温泉。
 激務に疲れたデスクワークの方々や、激闘連戦に傷ついた前線の方々、特に何もしてないけど温泉好きな方々まで、皆々様に広くオススメできる越前理鉱温泉に、ぜひ一度ご来訪下さいませ。

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 越前藩国観光案内ガイドブック~驚異の治癒力!探検隊は灼熱の泉の中に神々の奇跡を見た~より抜粋

(書:不破陽多 編:セントラル越前 ネタ出し:藩民有志一同)
(達成要点:観光地・おみやげ物屋)




越前湯煙顛末記ーイワヤト温泉を訪れたある旅人の手記ー

其の壱 ~お宿までへの道すがら~


越前藩国。今回の目的地はここ。
最近よく越前藩国の温泉街の話が聞こえてくるんで、どれほどのものか見てやろうってわけ。
越前藩国の噂自体はあんまり多くないんだけどねえ。
藩王が妙な姿してるとか摂政がわんわん帝国随一の不幸体質だとかそれくらいで。

あ、のぼりが見えてきた。あのあたりから温泉街なのね。

ああ、温泉宿の道すがらにお土産屋さんが並んでるんだ。
温泉地のお土産といえば温泉饅頭よねえ。あら、ここのお店はうさぎまんじゅうなの?
何、このうさぎまんじゅう? マスクしてるし。
え? 試食? いいの?

【越前名物 マスクうさぎ饅頭】

へえ、マスクと目と耳はあられなんだ。そういえば越前藩国のお米も変わってるんだっけ。
あ、中身は普通のあんこなのね。
ん、こりゃなかなか。
あれ? こっちのうさぎまんじゅうは顔の下半分を隠すマスクじゃなくて上半分を隠す仮面なんだね。
え? ひと箱にひとつだけとうがらしあんが入ってるの? 何の罰ゲームよそれ。でも面白そう。
マスクうさぎはばら売りしてくれるのか。んじゃ、二つちょうだい。
仮面のほうは帰りに寄ったときにでも。

 /*/

うん、そう。イワヤト温泉。新館のほう。あとどのくらい歩くかな?
ガイドさんいるの? へえ、そうなんだ、ありがと。
なんか最近よく越前藩国の温泉の話聞くからさ。
へえ、月代わりでいろんな催しやってるんだ。
でも今時期って何か季節のお風呂あったっけ? それに温泉なのにわざわざっていう気もするし。

なに? 越前藩国を甘く見ないほうがいい…って。そりゃ変な国だけどさ。まさか温泉まで変わってるとか?
ああ、温泉自体はわりかし普通なのね。それじゃ一体なにが…。
あ、あとは自分で確かめることにするから。
ちょうどよくガイドさんも来たし。
じゃあ帰りにまた寄らせてもらうね。
ガイドさん、イワヤト温泉・新館まで案内お願い。

http://kurosakik.s263.xrea.com/cgi-bin/image/632.gif
【イワヤト温泉 ガイドさん】

 /*/

へえ、お饅頭以外にも結構いろんなお土産売ってるのねえ。
稲作藩国だけあってお土産もお煎餅とかお酒とか、お米が原料のものが多いのね。
温泉エキスの化粧水もあるんだ。まあこれは実際に温泉の効果を確かめてみてからね。

温泉街に銭湯があるの? ほらあそこ、「越の湯」って。
あれ、公共温泉なんだ。
へえ、大衆浴場が温泉って、越前って変なところで贅沢ねえ。
でも、帝国随一の貧乏藩国なのよね?

……ごめん、ガイドさん。そんなにさめざめと泣かないで。
ホントだから余計辛いって……
ごめんってば。

あ、ねえねえ、あの男の子なーに?
あそこの犬耳の男の子。持ってるのは…湯桶?
お出迎えって、イワヤト新館からの?
特定の旅館からじゃないってどういうこと?

  遠いところ、わざわざ越前までお越しくださってありがとうございますですよ~。

あら、この子近くで見るとますますカワイー。
ここのベンチにあたしが座るの?

  今、お茶もご用意しますね~。

ああ、ウエルカムドリンクってやつね。
って、このかわいいボーヤはあたしの足元にかがんで何をするのかな?

  失礼しますですよ~。

あー、マッサージ。ああ、湯桶に入ってたのは温泉のお湯なのか。
うわー、きもちいーーーっ。
この子マッサージめちゃめちゃ上手だわ。
かなり歩いて足が疲れてるからホント気持ちいいわあ。
これはなかなか気の利いたお出迎えねえ。

  お茶持ってきたよー。

ん、今度は犬耳の女の子だ。
あらー、普通に番茶あたり出てくると思ったんだけど大ハズレねえ。
ウエルカムドリンクにハーブティーってのは時々あるけど麦茶に烏龍茶に茉莉花茶にっていうのは珍しいわね。
せっかくだから茉莉花茶もらおうか。
ドリンクはいつもホットばかりなの? それとも夏になったらアイスティーとかも出るのかしら?

  夏になったら熱いのと冷たいのと両方になるんだよー。

それはありがたいねえ。
夏だからって必ずしも冷たいものが飲みたいわけじゃないもんね。

  お疲れ様でございました~。

マッサージが終わったら手ぬぐいで丁寧に拭きあげてくれるのね。
さすがマッサージが気持ちいいだけあって拭き方も丁寧で気持ちいいわ。
お茶もご馳走様。
さて、目的の温泉宿に向かいましょうか。
あら、ガイドさんほかのお客さんにつかまってる。
じゃあ、ここからはキミたちが案内してくれる?
イワヤト温泉・新館。お願いね。
ガイドさーん、ありがとねー。

  女将さーん、お客様ご案内ですよ~。
  ですよー。

おちびちゃんたち、ありがとねー。

  越前の温泉ゆっくり楽しんでいってくださいね、お姉さま~。

くぅっ、お姉さま。なんて素敵な響きかしら…
それもこんなカワイイボウヤに…


(妄想中につき自主規制)


…ああいけない、トリップしてたわ。

あら、中居さんたちもトリップしてる人たちがいる。
あのボウヤ、越前のアイドルなのか。

おっとっと、まずはチェックインしなきゃね。


其の弐 ~浴衣とお風呂と放送と~


中居さんが部屋まで案内してくれるのは普通ね。ん、浴衣に着替えるの? まあ、温泉宿のお約束ね。たいていは旅館の名前とか入ったダサい…、なにこれ? すごいきれい。しかも3種類も。何の花だろう?

もしかして季節の花? この花ってみんな今時期のものなの?

そろそろ終わりの花と盛りの花とこれから咲く花の柄? へえ、花の時期にあわせてだいたい3種類程度の柄を選べるようにしてあるんだ。これは完全に意表つかれたわー。

じゃあ、その白地のやつ。こりゃ、友達何人か誘ってくればよかったなあ。そしたらみんなで色も模様も違うの選んで楽しかったのに。
浴衣の着付け? 浴衣くらいは一人で着られるから大丈夫よ。うん、ありがと。
夕食まで時間あるし、早速お風呂といきますか。

ええと大浴場は…と。あったあった案内板。あはは男湯が殿で女湯が姫になってる。でもそれぞれの隣にくっついてる侍と腰元ってなんだろう?
あ、ちょうど侍のほうから人が出てきた。あれ、あの人って…サイボーグ? はあなるほど、サイボーグ化してる人も温泉に入れるように工夫してるのか。さすがは超アナログと超ハイテクの混在する越前藩国。
もしかしてさっき見た越の湯って、サイボーグの人は入れないのかな。だとしたらちょっとかわいそうかも。

さてさて、肝心のお風呂は…と。
お、脱衣場はごく普通。ロッカーはアナログに木でできたやつね。…ってこれ、檜じゃん。はあ、ほんと変なところで贅沢な国ねえ。でもいい香り。

おお、浴場の壁がそのまま大きな窓になってる。覗かれないの、これ? ああ、いわゆるマジックミラーなのか。そりゃそうか。

…わあ。これ、浴衣の模様になってる花だ。
なるほど、季節ごとの花が浴室から楽しめるようになってるのね。んー、季節ごとに風景変わるとしたら、ちょくちょく来る価値ありねえ。

あー、いいお湯。このお湯から作った化粧水なら確かに効果ありそうだわあ。
あ、あそこのドアから露天風呂にも行かれるのね。

  ♪ぽ~ん

ん? 館内放送?

  湯揉みの時間ですよーーー。

え? 湯揉み?

  温泉宿のお楽しみ、湯揉みの時間こと、越前お館ラジオの時間です。
  藩王セントラル越前と、不幸のカタマリ黒埼摂政がお送りします。
  カタマリっていうなーーーー!
  じゃあ不幸のカマタリ…
  誰がカマタリかーーー!
  っていうかまず不幸につっこめ黒埼。

【越前藩国名物(?) 首脳漫才 (越前ぐるぐる絵日記より)】

なにこれ、おもしろーい。
藩王様と摂政様の漫才ラジオ?

  バウウ! バウ!
  あ、ちょっと誰、スットコさまこの部屋入れたの? 今ラジオやってるんだってば。
  おーい、誰かなるとでスットコさま部屋の外までおびき出せ。

スットコ?

  スットコさま、こっちこっちー。
  スットコさま、なるとですよー、おいしいですよー。

あら、これさっき足湯をしてくれた男の子と、ドリンク持ってきてくれた女の子の声? あの子たちも藩士だったのか。

  えー、特別ゲストの王犬スットコドッコイさまでした。

ぶはははははっ。あれ王犬さまだったんだ。
これ露天風呂のほうでも聞こえるの? じゃあそっちでのんびりお湯につかりながら聞こうっと。

http://kurosakik.s263.xrea.com/cgi-bin/image/145.gif            
【イワヤト温泉 田園地帯をのぞむ露天風呂】


其の参 ~食事とお酒とお土産と~


いやー、ラジオ笑った笑った。
おかげで湯船に出たり入ったりとはいえ長湯しちゃったわ。
お、でもちょうど夕食のお膳が来たところだ。

おお、さすがはお米の国。炊き立てのご飯おいしそーー♪
え、お酒? 選べるの? 一合だけサービスでつくんだ。
じゃあ…、これ。そうねえ、初めて飲むお酒だから、冷やで。

【越前特産 えちぜんころし】

はふぅ~。
ホントに越前って貧乏藩国?
水とお米がいいって、実はとてつもない贅沢よねえ。
あ、お酒もきた~。くうぅっ、こりゃたまらん。ちょっと辛いけどおいしい~。
このお膳、ご飯のおかずっていうより、お酒のつまみによさそうなもののほうが多いような。
こう、湯船に浮かべて月でも見ながらきゅーっと。
ああ、収穫期の少し前に黄金の稲穂を見ながらってのもいいかも。
え、いや、収穫期ジャストは危ないって聞いたからさ。んー、でもまあ、ちょっと興味はあったりして。

はあ~、おいしかったー。

あ…。ちょっとウトウトしてたかな?
お布団敷きに来てくれる時間になっちゃったのか。

ん、中居さん、それは何?
化粧水? あの温泉エキスっていうやつ?
へー、お試し用の小瓶なんだ。ちゃんと肌に合うか試してみてから買えるのか。これってすごい親切ね。確かに温泉のお湯が何ともなくてもそれから作った化粧水が必ず合うとは限らないもん。
ん? 小瓶の後ろに何か文字が…。
ああ、製品のご案内。変なとこちゃっかりしてるなあ。

あ、下の売店ってまだ開いてる?
食事のときに出たお酒、置いてるかな?
四合瓶だけ? お土産に買ってきたいのよ。一升瓶はないの?
お土産屋さん? うん、通ってきたわよ。ああ、そうか。お酒のお土産屋さんもあったっけ。
この時間から? まだあいてるの? へえ、飲ませてもらえるんだ。
でもやめとく。今から行ったら際限なくなっちゃいそうだもん。

あ、そうだ。来る途中でマスクのうさぎまんじゅう買ったんだ。
ねえ中居さん。こういう食べ物系でオススメのお土産ってある?
オニギリレプリカ? なにそれ?
うん、鬼切りは知ってる。ていうかそっちの産地として越前が知られてるような。
ふうん。それじゃ、帰りにそこのお土産屋さんも見てみるわ。

うん、ありがとー。


終章 ~帰り道には思い出を~


ん~。
朝から温泉に漬かれる贅沢。その上、お湯の効能と例の化粧水のおかげでお肌のコンディションサイコー。
もう一泊しちゃおうかしら。でもそんなに急にお休み取れないしなあ。
そうだ、温泉エキスの化粧水買って帰ろう。これがなくなる頃にまた来ればいいよね。越前に来る口実にもなるし。

朝のお膳は夕べに較べて質素な感じね。でもたんぱく質中心で一日の活力源って感じだわあ。

お宿で買えるものは…と。お酒は四合瓶しかないから別のお土産屋さんで買うことにして、まずは自分用の化粧水。あとは…あ、湯ノ花がある。これもお土産に買っていこう。

【越前特産 湯の花】

さて、と。そろそろチェックアウトの時間かな。
あ、女将さん、お世話さまでしたー。
なに? お土産?
わあ、押し花の栞だあ。あ、これ、確かそろそろ終わりになるって言ってた花。こういうのって、なんかいいなあ。うまくいえないけど、記念になるって言うか思い出に残るっていうか。
ありがとー。きっとまた来るよー。

さて、まずはお酒のお土産を…と。おや、あの子たちは。今日も湯桶とドリンク持って、お客様のお迎えかあ。えらいなあ。

  あ、お姉ちゃん、帰るの?
  我らが越前藩国は楽しんでいただけましたか?

うん。一泊だけだけど満喫しわたよー。
あとはお土産買って帰るだけ。歩いてきた道がそのままお土産屋さんの並びだから、案内なくても大丈夫だから。

  またお越しくださいませですよ~。
  ばいばーい。

なんだかいい気分だわあ。

あ、お酒中心のお土産屋さん発見。すいませーん。ええと、エチゼンゴロシってお酒、一升瓶であります? 二本欲しいんですけど。ええ、お宿で食事のときに。あたしにはちょっと辛いけど、お土産にちょうどいいと思って。
え? こっちのお酒、味見していいの?
はふぅ~。口当たりまろやかでほわーっとした甘味がひろがって。
今度はこっちのお酒? ああ、まず水を飲んで口の中の味を流すのね。
んー、さっきのより鋭い感じね。あ、でも後味がすっとしていいな。
えー、このお酒小瓶があるの? うん、それちょうだい。全部でいくら?

っと、一升瓶二本はさすがにちょっと重いわね。
え? あのサイボーグの人? なにか牽いてるけど…あれってもしかして人力車?
へえ、越前ってそんなのもあるんだ。え、車牽いてるサイボーグの人も藩士?
人手が足りないから藩士たちが進んでお手伝いに来てるんだ。いいねー、そういうの。
えー、お店の修理も藩士の大工さんがやってくれるの? まさしく公僕ねえ。

  お、お姉ちゃん、荷物大変そうだな。ほら乗んな。急ぎかい?

ううん、時間はまだあるから大丈夫よ。

  景色のいいところ通ろうか? それともオススメの土産物屋に直行するかい?

オススメのお土産屋さん!

  よしきた!

あ、来るとき寄ったお饅頭のお店だ。サイボーグのお兄さん、そこも寄って…って、ここがお兄さんのオススメのお土産屋さんだったのか。

  荷物は置いときな。買い物が済んだらまた乗ってくれるだろ?

もち! じゃあちょっとお買い物してくるね。
ごめんくださーい。マスクうさぎ24個入りひとつと、仮面うさぎ10個入りふたつください。
あと鬼切りレプリカ。

あれ、このコルクボードに貼ってあるマスクの人と仮面の人は…?
藩王様と藩士の人? あー、その人たちがモデルだったんだ。ブロマイドまで売ってるの? いや、それは遠慮しとく。どうせならあのマッサージしてくれた犬耳の男の子のが…。え? あの子はブロマイドじゃなくて隠し撮りの生写真? う…、いや、なんかヤバイ方向行きそうだからやめとくわ。はい、お代。

【生写真(クレージュ@越前藩国)】

サイボーグのお兄さん、またお願いねー。

  あいよ。あと寄るところはあるかい?

ううん、大丈夫。あとは帰るだけ。

越前藩国って変な国よね。

  お姉ちゃん、着いたぜ。

ありがと。



また、……来たいな。


 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 越前藩国観光案内ガイドブック~イワヤト温泉手記~より抜粋

(文責:椚木閑羽 イラスト:鴻屋 心太)
(達成要点:観光地・ガイド・おみやげ物屋)