※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【ダイ・ハード2】の支給品


ベレッタM92

ノーマン・スタンスフィールドに支給。
イタリアのベレッタ社が同社M1951をベースに、1975年に開発した自動拳銃。
ダイハード2-3においてマクレーンが使っていた拳銃。
なお、慣例的に名称の頭につけられる"M"は、実際の製品名には使われない。
"Model 92"の表記はあっても、"M92"は略称としても使われず、ナンバーのみの"92"が正しい名称表記である。

グロック17

春麗に支給。
グロック社が開発した自動拳銃。装弾数は17発。テロリストたちが使用。
この出典の「ダイ・ハード2」の作中では、「強化プラスチック製である為、X線に映らない」などと言われているが、実際にはこれは誤った情報。しかし、この作品によってこの銃もまた大きく知名度を上げた。
また、警察署長がマクレーンに「アンタの給料全部投げ出しても買えない」と言われているシーンなどから、高価だと誤解される事もあったりするらしい。