ストーリー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここは、O県・海馬市……
海に面した、一見穏やかに見えるこの都市は――すでに【悪魔】に浸食されていた!!

人間の欲望を糧とする悪魔たちが、魔界から門を開き闇に紛れて跋扈する。
しかし【悪魔】の力は、陽光のある日中では発揮できない。
そのため悪魔たちは日中は人間に擬態(あるいは乗っ取り)し、夜、真の力を発揮する。

悪魔の目的は――この世界から陽光をかき消し、闇の世界を作り出すこと!

その第一歩として、悪魔たちは都市をひとつ乗っ取り、都市全体を闇の魔法陣を生成することに。
魔法陣生成には、次の新月の夜までに「100人の処女」を生贄に捧げる必要があるという……
処女の生贄を求めて、悪魔たちは夜、可憐な娘の前に姿を現す!

しかしその動きに気づいた人間たちが、少数だが存在した。
防衛省直轄の機関"異常現象監査本部・APOH(アポ)Abnormal phenomena observed
Headquarters"の異能対策メンバーたち
彼らは日本から悪魔による異変を裏で防いでいた特殊精鋭部隊だったのだ!

悪魔の圧倒的能力の前に、人間たちはどう立ち向かうのか!?
知恵と勇気と太陽光で、悪魔たちからこの街を守るのだ!