春日 縁


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


「この地の悪魔は、全て討滅する。」

陣営 人間
名前 春日 縁 性別 年齢 17
他プレイヤー操作は? OK ただし重傷・死亡等応相談


【外見】
黒髪 鋭い眼つきの少年 身長は平均より少し高い程度だが、大柄というほどではない
学校のある日は制服 それ以外は家の近くならジャージ、出かける際はそれなりにきちんとした格好


【能力】
〝春日式封魔札戦陣〟による結界術を柱とした近接戦闘。
身体能力は同年代でも上位。戦闘時は強化符によって防御力を高めるが、一撃死はしないという程度。

  • 春日式封魔札戦陣
札による戦闘を得意とする春日家の戦闘法の総称。
付呪・封印・結界・強化等、一般の符術のみならず、春日家において特徴的なのは「逆説符」の存在。
例えば「硬化」の性質を持つ符に逆説符を組み合わせることで、「脆化」の符としての効果を得ることができる。
逆説符は戦闘における応用性が高いものの、通常符に比べて若干効果が減衰する点が弱点である。

  • 縁個人について
「結界術」
即時発動ならバリア。弱い攻撃ならある程度凌げるが、強い攻撃なら一発で貫通される可能性もある。
時間をかければ一定エリアの悪魔を弱体化させる結界等も可能。強い悪魔には大して効かない。
縁は特に結界術に秀でており、防御のみならず「逆説結界」によって攻撃にもそれを使用する。
結界の「逆説」を如何に意味づけるかは個人によって異なるが、縁は基本的に「保護の逆説としての排斥」と位置づけている。
具体的には札を貼った所の周りに結界を張り、触れた物に一定のダメージを与えたり、削り取ることができる(メタ的に言うと、悪魔にも効く強いパンチを打てたりする感じです)。
逆説結界は高度な技術であり、自らの身体以外に貼り付けることは出来ない。

「封印術」
縁ができるのは扉や箱に貼って鍵をする程度 一般人はそうそう破れないが、悪魔等なら足止めになるかどうか、というレベル。

「付呪術」
いわゆるエンチャント。縁に関しては殆ど使えず、使ったとしても一撃でなくなる程度。

「強化術」
付呪術の中でも、特に物や身体の強化をするもの。
近接戦闘の際には必ず使用する。


【来歴】
守護四家が一、春日家の嗣子。APOHでは新人。
12の頃、幼なじみを悪魔に殺され、その時から悪魔に対して憎悪を持つ。
退魔師としての技能の練達とは裏腹に、悪魔と見れば一切の容赦をしない柔軟性のなさを危惧されてきた。
四家の会合によって、「とりあえずAPOHに入れた上で、D級の海馬市に送って様子を見てみよう」との方針が決まり、同地を訪れる。

黄泉の前との戦闘で辛くも勝利を収めるが、「同類」との言葉に動揺を見せ、彼女を殺すことが出来なかった。


『守護四家』
朱御門(あけみかど)・春日・櫛灘・木花(このはな)の四家を指す。古来より帝の下で京を守り、主に畿内の退魔師に対して影響力を持っていた。
天皇東幸に伴い後ろ楯を失って一時没落するが、APOH誕生に際して召し出され、影響力を取り戻した。
四家同士の関係は良好だが、朱御門が対悪魔に関して急進的、春日・木花はAPOHとの協調路線、櫛灘は中立的と方針には違いがある。


【目的】
悪魔の殲滅、自己の研鑽


【性格】
頑固で融通の効かない性格だが、話せば分かるし、その分後腐れなくさっぱりしている。一言で言うと、一本気な性格。
口調は少し堅苦しい。一人称は「俺」「自分」、二人称は苗字を呼び捨て、目上と女性に対してはさん付け。敵対者には「貴様」。

まっすぐで無闇に人を疑うことはなく、その反面、悪魔は絶対悪として見做す。
悪魔を見つけた場合は即戦闘。悪辣非道の悪魔共とは話し合いの余地なし。

声が大きい。

+ 参考までに-ロール内台詞集


【備考】
封魔師としての立場に対する責任感が強く、人を守るべきと考えている反面、悪魔に対しては一切容赦はしません。
その辺りの二面性を上手く使ってもらえると嬉しいなあ、と思います。普通に命令違反で突っ込んだりします。
幼なじみを殺された上でも道には外れておらず、メンタルは強いので、ちょっとした事で闇堕ちとかはしないと思います。
守護四家に関する設定や動きもフリーですので、血縁者や他の家のキャラで既知設定等も問題ありません。

+ 参考までに-関係性

【中の人情報】
他のPC:佐倉 斎
連絡はしたらばの方でお願いします