「八」に関する慣用語


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 八九不离十(bā jiǔ bù lí shí) :あまり違わない。当たらずといえども遠からず。
[例] 你猜得虽然不能说完全对,但也八九不离十了。(あなたの推測は完全に当たっているとは言えないが,近からずとも遠からずというところだ.)

  • 八字(还)没一撇(bā zì méi yì piě):目鼻がついていない。 
[补充说明] ”八”字,由一撇和一捺组成。”八字没一撇”,就是事情还没有眉目。
[例] 我当部长的事八字还没一撇呢,你别跟别人说!(部長になるのはまだ目鼻がついていないから、他の人に言わないで!)

  • 八杆子打不着(ba1 gan1zi0 da3bu4zhao2):非常に遠い関係、無関係。
[补充说明] ここで、「八」は具体的な数字「八」ではなく、「多い」の意味です。「杆子」は細長い棒や柱を意味し、細長い棒で打っても届かない。関係が遠いまたは事実上無関係のたとえにも使います。
[例] 八杆子打不着的亲戚(血縁の非常に遠い親戚)
[例] 八杆子打不着的事儿(関係ない事)



練習 
这个设计师在大学里学的是一个与设计(    ?    )的专业。
这事儿(    ?    )呢,先不要告诉他。
你不说我也能猜个(    ?    )。