各形状

レース用のシャーシのターミナルのみ紹介する。

A型

TYPE-1シャーシ用ターミナル。
フロント側のターミナルが、TYPE-1以後のシャーシのものに比べると極端なまでに小さい。
リヤ用(モーター側)のターミナルはTYPE-3用のC型に流用されている。

B型

もともとはTYPE-2シャーシ用のターミナルだったが、比較的優秀で汎用性が高かったためか、TYPE-2の後継であるTYPE-4以降TYPE-5FM系TZ系と長く、かつ多く採用されている。さらにX型もこれの改良型と言え、そこからも優秀さがうかがえる。
フロント用ターミナルはC型、及びS2用ターミナルに流用されている。

C型

TYPE-3用ターミナル。
フロント用はB型、リヤ用はA型からの流用。

ZERO型

ZEROシャーシ用に新規設計されたターミナル。
他のものに比べて複雑な形状をしている。
特にフロント用がそうなのだが、その所為で変形しやすくそれに起因する接触不良が続発、そのためか、以降ZEROの後継であるS1以外でこのZERO型を採用するシャーシはなかった *1
複雑な形状の所為で製造も手間がかかったのかもしれない *2

X型

STZの後に出たスーパーXシャーシ用に新規開発されたターミナル。
以降、VSシャーシ及びXシャーシの改良型であるスーパーXXや、ARでも採用されている。
B型の改良型で、B型の形状をベースにフロントターミナルにはスイッチを引っ掛けるための窪みを設け、リヤ用にはターミナルを確実に固定するためにモーターホルダーに設けられた突起に対応した切り欠きが両方に設けられている。
フロント用ターミナルはTR-1に、リヤ用ターミナルはS2型に流用されている。

TR-1型

ラジ四駆用シャーシであるTR-1専用に設定されたターミナル。
フロント(スイッチ)はX型からの流用だが、リヤ用が完全新規設計になっている。
従来のミニ四駆シャーシでは2枚だったリヤターミナルだが、TR-1では受信機を電池とモーターの間に装着しなければならない関係から、電池側2枚モーター側2枚の計4枚になっている。
ちなみに、この部分が(というか送信機の装着が)原因でTR-1の全長はベースとなったSXよりも大幅に伸びている。

MS型

ミニ四駆PROで採用されている、ミッドシップ系シャーシ用のターミナル。
初めて採用されたMSシャーシは、それまでのシャフトドライブシャーシと全く設計が異なっていたため、もちろんターミナルも新規設計。
MSシャーシのセンターシャーシは通常版と軽量版の二種類存在し、スイッチ周りなどの形状が大きく変更されているが使用されるターミナルは変わらない。
MAもMSと基本構造は同じであるため、このターミナルを使用する。
ミニ四駆用シャフトドライブシャーシと違い、スイッチ側金具も左右で分かれているため、1枚多い計4枚となっている。
なお、MS用とS2用のゴールドターミナルにはスポンジが付属していない。

S2型

スーパー1の後継であるスーパー2シャーシ用ターミナル。
複雑で変形しやすく、汎用性も低かったZERO型を廃し、フロントはB型からの流用、リヤはX型からの流用に変更されている。



素材による特性

現在のミニ四駆には、キット付属の金具が、スイッチ側とギヤカバー側共に銅製であるターミナル(X系VSARなどのXシャーシ用ターミナルとMS用ターミナル、SUPER 2用ターミナル)と、スイッチ側が銅製、ギヤカバー側が真鍮 *3 製であるターミナル(TYPE-1用のA型、TYPE-2TYPE-4TYPE-5FM系TZ系に使うB型、TYPE-3に使うC型、ZEROSUPER 1に使うZERO型)、そしてG.U.Pに金具の表面に金メッキを施したゴールドターミナルが存在する *4
これらは電気伝導率(電気抵抗率)の関係で、人やシャーシによって使うか使わないか異なってくる。

まず、X系、VS、AR、MS、S2シャーシ用ターミナルについて解説。
X系、VS、AR、MS、S2シャーシ(のキット)では、標準では銅製ターミナルが付属している。
地球上の金属で、電気伝導率の高いものを上げていくと、

Ag(銀) 61.4(20℃時) 66.7(0℃時)
Cu(銅) 59.0(20℃時) 64.5(0℃時)
Au(金) 45.5(20℃時) 49.0(0℃時)
Al(アルミ) 37.4(20℃時) 40(0℃時)

となる(Wikipediaより 単位は× 10^6ジーメンス/m)
つまり、この数値が大きいほど電気を流しやすいことになり、見ての通り銅は金よりも電気を流しやすい。
逆に、電気抵抗率の低さで比較すると

Ag(銀) 1.59 × 10^-8Ωm
Cu(銅) 1.68 × 10^-8Ωm
Au(金) 2.21 × 10^-8Ωm
Al(アルミ) 2.65 × 10^-8Ωm

となる(同じくWikipediaより)
この値が小さいほど、電気を無駄なく伝えられるということになる。
こちらも、銅のほうが抵抗が少ないことがわかる。
ただし、これは純粋な金属単体状態での値なので、酸化状態ではこれらよりもぐっと数値が変化する。
銀や銅は表面が酸化しやすく、そうなると大幅に効率が落ち(抵抗が増え)るため、メンテナンスが面倒くさい人や、何らかの事情によりこまめなメンテナンスができない人はゴールドターミナルのほうがいいだろう。
逆に言えば、しっかりメンテナンス出来、さらに研磨布や目の細かい研磨剤で鏡面加工ができる人なら銅ターミナルのほうが有利になるといえる。
またゴールドターミナルは表面だけを金で覆っている *5 ため、何度も使っているうちに電池との接点部が摩擦ではげてしまう。
そうなると効率が大幅に低下してしまうので、交換(買い替え)の必要が出てくる。
そのため、銅ターミナルを使いこなせる人は経済的にも有利に働くといえる。

TYPE系、ZERO、S1、FM系、TZ系は、スイッチ側が銅、モーター側が真鍮になっているが、こちらはゴールドターミナルに変えたほうが無難。
というのも、真鍮はどんなに磨いても金(Au)より電流を流しにくい。
特に64(ロクヨン)黄銅はその名の通り銅と亜鉛を6:4で混ぜ合わせたものであり、一般的に出回っているもうひとつの真鍮73(ナナサン)黄銅よりも銅含有率が低く、そのため電気伝導率はかなり下がっている。
とは言うものの、電動リューター+フェルトバフビットと青棒 *6 できれいに研磨すればかなり効率が上がるので、ノーマルターミナル遊ばせておくのはもったいない、という人はそちらでもいいだろう。
ゴールドターミナルは上記の通り、しばらく使ってると接点の金がハゲる消耗品なので、定期的に交換が必要であるため、経済的には不利と言える。特に、多く走らせるユーザーにとっては消費が早く、負担になる場合がある。
なお第一次ブーム時代に、TYPE系用として出回っていたゴールドターミナルの方が、金の品質が現行のゴールドターミナルより格段によく、少々使い込んだ程度ではほとんどハゲないほど耐久性も高い。金価格の高騰のあおりを受けているのか、現在のゴールドターミナルは品質・性能とも以前より落ちているようで、金が禿げやすくなってしまっていて、経済性は悪化している。