リアルミニ四駆シリーズ

1996年から1999年まで発売されたディスプレイタイプのミニ四駆。主に「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」シリーズのマシンである。走らせる事は出来ないが、ボディだけレース用のシャーシに付けておけば走らせることができる。なお、ボディは最初からクリアタイプになっている。

(ITEMNo.19301) スピンコブラ

記念すべきリアルミニ四駆第一弾。三国藤吉の2代目マシン。

(ITEMNo.19302) プロトセイバーエボリューション

リアルミニ四駆第二弾。Jの2代目マシンで、プロトセイバーJBの後継機。後にフルカウルミニ四駆として販売された。

(ITEMNo.19303) バックブレーダー

WGP編よりアメリカのチーム「NAアストロレンジャーズ」のマシン。
GUPでクリヤーボディ(ポリカーボネイトボディ)がある。こちらの冷却部分は空冷ファン仕様。
旧製品版と2015年2月に発売された再販版があり、後者はS2シャーシやARシャーシに載せられるよう、ボディキャッチ部の部品の改修やボディ本体に保護フィルムがコーティングされていてステッカーも専用のビニール素材に変更されている。

(ITEMNo.19304) スピンバイパー

三国藤吉の3代目マシン。後にフルカウルミニ四駆として販売されていた。

(ITEMNo.19305) バイスイントルーダー

MAX編の敵キャラクター草薙陣のマシン。バトルモードとワイドモードに変形可能。アニメではファントムブレードと合体して「ファントムバイス」となるが、キットではそうする事はできない。

(ITEMNo.19306) ディオマース・ネロ

アニメのMAX編並びにシリーズのラスボスであるネロ・ステラ・ボルゾイのマシン。リアルミニ四駆最後の商品。アニメでは大神博士が開発し、さらには量産型も作り上げた。スピンバイパーと同様、後にフルカウルミニ四駆として販売されていた。